伊豆稲取温泉 つるし端午の福まつり(2011.4.7〜6.30)
 静岡県加茂郡東伊豆町: 稲取温泉文化公園雛の館 つるし飾り (2011.6.26)

つるし端午の福まつり会場の文化公園入口の冠木門
ダブルクリックで拡大図(62kB)へ
つるし端午の福まつり会場の
文化公園入口の冠木門
文化公園入口そばにある土佐藩が残した稲取の「築城石」
文化公園入口そばにある
土佐藩が残した稲取の「築城石」

 伊豆河津町のバガテル公園でいろんなバラを見た後、約30mにも吹き上がる峰温泉の大墳湯を見て、そのお湯で温泉玉子をつくり食べ、公園内の足湯処につかってきました。

 その後、伊豆稲取に向かい、文化公園端午の館で「つるし端午の福まつり」中のつるし飾りを見て、金目鯛のお造りと煮付けを食べてきました。
 そして、早めに稲取赤尾ホテルにチェックインし、露天風呂めぐりをして、湯上りの生ビールを頂き、その夜は飲み放題付バイキングを堪能してきました。

 江戸時代より伝わる日本三大つるし飾りには、静岡県東伊豆町稲取の「雛のつるし飾り」、山形県酒田市の「港町酒田の傘福」、福岡県柳川市の「さげもん」があり、その「つるし飾り」には、ひとつひとつに意味のある細工物を一針づつ愛情こめて作り、吊るして飾る風習がありました。
鎧兜の武者人形と端午のつるし飾り
ダブルクリックで拡大図(131kB)へ
鎧兜の武者人形と
端午のつるし飾り
文化公園の西側にある「雛の足湯」
ダブルクリックで拡大図(65kB)へ
文化公園の西側にある
「雛の足湯」
 地域により意味合いは少し異なりますが、いつの時代も変わらぬ、母が子を思う気持ち、女性達の切なる願いをつるし飾りに託しました。

 伊豆・稲取温泉の「雛のつるし飾り」は、毎年1月〜3月の間、町内5会場で見事な飾りつけが行われ、間近にみれば手作りならではの愛らしさが、一歩ひいて全体を見れば優美で幻想的な雛飾りを見て楽しむことができます。

 また、男の子の節句である「端午のつるし飾り」が毎年4月〜6月に「つるし端午の福まつり」として館内に展示されます。
top へ > < down へ >
日本三大つるし飾り
福岡県柳川市「さげもん」
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
福福岡県柳川市
「さげもん」
静岡県東伊豆町稲取「雛のつるし飾り」
クリックで拡大図(101kB)にいきます。
静岡県東伊豆町稲取
「雛のつるし飾り」
山形県酒田市「港町酒田の傘福」
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
山形県酒田市の
「港町酒田の傘福」
up へ > < down へ >
「端午の館」内の各種武者人形、鎧兜、端午のつるし飾り
 五月晴れの空に悠々と泳ぐ鯉のぼりのように健やかに、のびのびと育ってほしい。そんな願いをこめたつるし飾りで、端午の節句の男の子をお祝いする稲取温泉に伝わるつるし飾りの新しい形です。
端午のつるし飾りを展示の雛の館内部
クリックで拡大図(100kB)にいきます。
端午のつるし飾りを
展示の雛の館内部
鎧兜の武者人形と端午のつるし飾り
クリックで拡大図(104kB)にいきます。
鎧兜の武者人形と
端午のつるし飾り
若武者の人形と端午のつるし飾り
クリックで拡大図(100kB)にいきます。
若武者の人形と
端午のつるし飾り
変わり雛のあるつるし飾り
クリックで拡大図(113kB)にいきます。
変わり雛のあるつるし飾り
菅原道真公の掛け軸
クリックで拡大図(99kB)にいきます。
菅原道真公の掛け軸
赤い飾りを纏った鞍掛けの白駒
赤い飾りを纏った鞍掛けの白駒
up へ > < down へ >
稲取龍宮岬公園と稲取岬灯台
 稲取岬灯台は、昭和47年3月25日に設置点灯されました。
 伊豆半島東海岸の岬に建設されたこの白亜の灯台は、地上〜頂部の高さ:19m、水面〜灯火間での高さ:56.6mあり、海上交通の難所である伊豆半島沖を航行し、相模湾に出入する船舶の安全を確保するため、石廊埼、爪木埼の主要灯台と並んで海行く人達の道しるべとして大きな役割を果たしています。    ※ 現地にあった「稲取岬灯台」周知板より

※ 現地の「稲取岬灯台」前にあった「稲取龍宮岬公園 案内図」 へ (71kB)
市街地や港の見下ろせる赤尾ホテル屋上の露天風呂
クリックで拡大図(68kB)にいきます。
市街地や港の見下ろせる
赤尾ホテル屋上の露天風呂
ホテルの客室から見た稲取港
ホテルの客室から見た稲取港
「愛恋岬」歌碑前からのどんつく神社(東面)
クリックで拡大図(59kB)にいきます。
「愛恋岬」歌碑前からの
どんつく神社(東面)
白亜の稲取岬灯台(東面)
クリックで拡大図(37kB)にいきます。
白亜の稲取岬灯台(東面)
白亜の稲取岬灯台(北面)
クリックで拡大図(54kB)にいきます。
白亜の稲取岬灯台(北面)
公園北側の高所に建つ龍宮神社(東面)
公園北側の高所に建つ
龍宮神社(東面)
温泉場通りを下りた展望所から見た稲取岬への海岸線(東方面)
温泉場通りを下りた展望所から見た稲取岬への海岸線(東方面)
up へ > < top へ >

  文化公園 雛の館                                  平成23年6月26日時点  
◇所在地 ・静岡県賀茂郡東伊豆町稲取
◇交通 ・伊豆急 『伊豆稲取駅』から、300m程港方面に向かい、県道141号線を右に出て、
   稲取温泉街をそのまま600mほど進み、左側の海岸へ降りる道路に入り、
   100m程で文化公園前に出る、徒歩約15分(約1.1km)
・熱海方面より国道135号線(東伊豆道路)を南下し、稲取南口を左折して稲取市街に入り、
   マックスバリュー伊豆稲取店を目指し進むと、左側下に文化公園が見える
   (国道135号線稲取南口から約500m)
◇開館時間・午前9時〜午後5時(4時30分受付終了)
◇入館料・300円
◇駐車場・文化公園の無料駐車場を利用
◇問い合わせ ・稲取温泉観光協会     TEL:0557-95-1157
・東伊豆町観光協会     TEL:0557-95-0700
稲取温泉旅館共同組合  TEL:0557-95-2901

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、解説板
・『稲取温泉観光協会』ホームページの「観光名所を教えて」ページ

go to home page  旅アラカルトのトップページへ  © 2011 kみむ