日本三大稲荷の一つ
 愛知県豊川市: 豊川稲荷 (2011.6.11)

総欅造り、銅板コケラ葺きの総門(表側)
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ
総欅造り、銅板コケラ葺き
総門(表側)
高さ百尺余り御祈祷根本道場の本殿
ダブルクリックで拡大図(65kB)へ
高さ百尺余り
御祈祷根本道場の本殿
 6/19で休日高速上限1000円が終わるとのことなので、梅雨の合間をねらって6/11に東名を飛ばして、かみさんとgusto豊川中央通店で朝ガストを食べた後、豊川稲荷にお参りしてきました。

 豊川稲荷は、京都伏見稲荷、佐賀祐徳稲荷と並ぶ日本三大稲荷の一つで、商売繁盛、福徳開運・家内安全の神として全国的にも有名です。
 お稲荷さんといえば神社のような気がしていましたが、大きな伽藍に入るとお寺さんで、鈴を振って手をたたいてお参りするする様な雰囲気ではなく、つい手を合わ、「ナンマイダ」と口すさんでしまいました。

 その後、のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)にてのんびりと動植物を見て、そこから三河湾 蒲郡の形原温泉 あじさい祭りに行ってきました。あじさいの花にはいろんな種類があるのに感心しました。
top へ > < down へ >
豊川稲荷
 豐川稲荷は、正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺」と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。
 一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は「狐を祀った神社」を想像される方が多数であると思われますが、当寺でお祀りしておりますのは鎮守・(とよかわだきにしんてん)ですが、稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。
   ※ 『東海の霊場 豊川いなり』のホームページの「豊川稲荷略縁起」より

※ 現地の伽藍内 鐘楼堂前にあった「境内参拝案内図」 へ (66kB)
総門前からの門前町「いなり表参道」(南東方面)
クリックで拡大図(63kB)にいきます。
総門前からの門前町
「いなり表参道」(南東方面)
門扉及び両袖の扉が樹齢一千年余の欅一枚板でなる総門(内側)
クリックで拡大図(54kB)にいきます。
門扉及び両袖の扉が樹齢一千年余の
欅一枚板でなる総門(内側)
総門を入ってすぐ北側(右手)にある鎮守堂(南面)
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
総門を入ってすぐ北側(右手)
にある鎮守堂(南面)
現在立顧所(ご祈祷受付)となっている内部が四百畳敷きの大広間となっている書院(最祥殿) 立顧所(ご祈祷受付)
クリックで拡大図(43kB)にいきます。 立顧所(ご祈祷受付)
クリックで拡大図(47kB)にいきます。
現在立顧所(ご祈祷受付)となっている内部が四百畳敷きの大広間となっている書院(最祥殿)
今川義元が寄進したと伝えられる寺建物で現存最古の山門
クリックで拡大図(69kB)にいきます。
今川義元が寄進したと伝えられる
寺建物で現存最古の山門
瓦葺二重屋根、十一間四面の大きさの法堂(本堂)
クリックで拡大図(56kB)にいきます。
瓦葺二重屋根、十一間四面の
大きさの法堂(本堂)
本殿への石階段左側にあるみこし殿
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
本殿への石階段左側にある
みこし殿
本殿への石階段
本殿への石階段
 
本殿前からの法堂と参道鳥居(東方面)
クリックで拡大図(51kB)にいきます。
本殿前からの法堂と
参道鳥居(東方面)
本殿から法堂や宝雲殿への渡り廊下
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
本殿から
法堂や宝雲殿への渡り廊下
本殿から奥の院参道、裏門にかけてぐるりとはためく千本幟
本殿から奥の院参道、裏門に
かけてぐるりとはためく千本幟
もと本殿拝殿であった奥の院拝殿
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
もと本殿拝殿であった
奥の院拝殿
奥の院右そでにある納符堂(お札納め所)
奥の院右そでにある
納符堂(お札納め所)
安政5年創建のもと奥の院拝殿が移転した景雲門
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
安政5年創建のもと奥の院拝殿が
移転した景雲門
景雲門前にある三重の塔
景雲門前にある三重の塔
 
宝雲殿から法堂への渡り廊下
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
宝雲殿から法堂への
渡り廊下
up へ > < down へ >
のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)
 のんぽいパークは、自然豊かな飯盛山と巴川が織りなす美しい渓谷にあり、動物園、植物園、自然史博物館、遊園地の4つのゾーンが一緒になった全国でも珍しい施設で、家族ずれで一日遊べます。
 
植物園の大花壇と展望塔(南方面)
クリックで拡大図(56kB)にいきます。
植物園の大花壇と展望塔
(南方面)
郷土の動物園の片隅(中央門側)に展示のD51蒸気機関車
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
郷土の動物園の片隅(中央門側)に
展示のD51蒸気機関車
公園中央噴水そばからの植物園温室(東門方面)
クリックで拡大図(61kB)にいきます。
公園中央噴水そばからの
植物園温室(東門方面)
オーストラリア園で放し飼いのワラビー
クリックで拡大図(84kB)にいきます。
オーストラリア園で
放し飼いのワラビー
アフリカ園観察台近くのシママングース
アフリカ園観察台近くの
シママングース
アフリカ園で草を食むシマウマとダチョウ
クリックで拡大図(65kB)にいきます。
アフリカ園で草を食む
シマウマとダチョウ
動物園サルデッキからの大沢池(北方面)
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
動物園サルデッキからの
大沢池(北方面)
植物園バラの園からの大花壇と温室(東方面)
クリックで拡大図(60kB)にいきます。
植物園バラの園からの
大花壇と温室(東方面)
温室内で咲き誇る色々な種類のアジサイ
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
温室内で咲き誇る
色々な種類のアジサイ
水芭蕉の白やカラフルな色の熱帯の花の咲く温室
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
水芭蕉の白やカラフルな色の
熱帯の花の咲く温室
鮮やかな熱帯スイレンの花と水面に浮くパラグアイオニバス
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
鮮やかな熱帯スイレンの花と
水面に浮くパラグアイオニバス
ミッキーマウスに似た実のなるミッキーマウスノキ
クリックで拡大図(kB)にいきます。
ミッキーマウスに似た実のなる
ミッキーマウスノキ
up へ > < top へ >

  豊川稲荷                                  平成23年6月11日時点  
◇所在地 ・愛知県豊川市豊川町1番地
◇交通 ・JR飯田線 『豊川駅』 西口、又は、名鉄豊川線 豊川稲荷駅 から、
   豊川栄町通りか門前町通りを徒歩約3分(約400m)
◇問い合わせ ・宗教法人 豐川閣妙嚴寺   TEL:0533-85-2030
豊川市観光協会 (豊川市役所内)   TEL:0533-89-2206
・豊川市観光案内所   TEL:0533-86-2054

  のんほいパーク (豊橋総合動植物公園)                平成23年6月11日時点  
◇所在地 ・愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
◇交通 ・JR東海道本線 『二川駅』(豊橋−二川駅間約6分) 南口より、国道1号線を
   横切り、東門まで、徒歩約6分(約500m)
・東名 浜松ICより国道1号線(浜名バイパス経由)を豊橋方面へ約1時間、
   『動植物園入口』の信号を左折
・東名 豊川ICより国道151号線を小坂井方面へ約10分、『宮下』の信号を左折後、
   国道1号線を静岡方面へ約30分、『動植物園入口』の信号を右折
・東名 音羽蒲郡ICより国道1号線を静岡方面へ約50分、
   『動植物園入口』の信号を右折
◇駐車場・中央門(850台)、東門(450台)、西門(400台)の無料駐車場を利用
◇開園時間・午前9時〜午後4時30分(入園は午後4時まで)
◇休園日・毎週月曜日(祝日及び振替休日の場合は翌日)
・12月29日〜1月1日
◇入園料・大人600円、小・中学生:100円、未就学児:無料
・<前売券> 大人:480円、小・中学生:80円
・<年間パスポート> 大人:2,000円、小・中学生:300円
◇のりもの・ジェットコースターはじめ12種類:料金 100円〜300円
・園内バス1日券:200円
・ダイナビジョンシアター観覧料:大人 500円、小・中学生 200円
◇問い合わせ豊橋総合動植物公園  TEL:0532-41-2185
豊橋市観光コンベンション協会 (豊橋商工会議所内)
                TEL:0532-54-1484
up へ > < top へ >
参考文献 ・現地で入手のパンフレット、解説板
・『東海の霊場 豊川いなり』のホームページ

go to home page  旅アラカルトのトップページへ  © 2011 kみむ