蕎麦と水晶の里
 山梨県甲府市:平成百景全国第2位 『昇仙峡』 (2011.5.8)
滝上への石階段そばからの仙娥滝
ダブルクリックで拡大図(73kB)へ
滝上への石階段そば
からの仙娥滝

覚円が頂上で修行したと言い伝えられる覚円峰
ダブルクリックで拡大図(73kB)へ
覚円が頂上で修行したと
言い伝えられる覚円峰
 かみさんがGW明け5/8,9に連休がとれたので、5月8日近場の甲府市内の甲斐善光寺や武田神社におまいりし、その後『昇仙峡』を散策して、仙娥滝の上の食堂で、御岳ざる蕎麦、鳥もつ煮、やまめ焼きを食べてきました。
 昇仙峡を散策後は、甲斐湯村温泉にチェックインし、露天風呂に入って、夜はバイキングを堪能しました。

 仙娥滝までは、長潭橋から渓谷道路(5/1〜11/30 土日祭日:車両通行止め、平日:登り一方通行)沿いを約4.5km(徒歩約60分)で、途中亀石から始まってオットセイ岩、猿岩、ふぐ岩、えぼし岩、かぶと岩などを案内標識に従って見ながら散策し、遊歩道では昇仙峡の主峰・覚円峰を左に見ながら石門をくぐり、仙娥滝を見ながらその上まで石階段を上ることができます。

[ 昇仙峡観光協会の「 昇仙峡観光マップ 」へ ]
top へ > < down へ >
昇仙峡
 仙娥滝は、地殻の断層によってできた高さ30mの壮麗な滝で、新緑から紅葉、雪景色と四季にその美しさを装います。
 
石門手前からの夢の松島方面の渓谷
クリックで拡大図(96kB)にいきます。
石門手前からの
夢の松島方面の渓谷
先端がわずかに離れて巨大な花崗岩に囲まれた石門
クリックで拡大図(80kB)にいきます。
先端がわずかに離れて
巨大な花崗岩に囲まれた石門
上流側からの花崗岩に囲まれた石門
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
上流側からの
花崗岩に囲まれた石門
右岸の岩をくり貫いた遊歩道(仙娥滝方面)
クリックで拡大図(64kB)にいきます。
右岸の岩をくり貫いた
遊歩道(仙娥滝方面)
仙娥滝の正面上部側
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
仙娥滝の正面上部側
 
仙娥滝の上部側水の落ち口
クリックで拡大図(90kB)にいきます。
仙娥滝の上部側
水の落ち口
up へ > < down へ >
仙娥滝の上の食堂で食べた名物料理
鳥もつ煮
鳥もつ煮
やまめ焼き
やまめ焼き
御岳ざる蕎麦
御岳ざる蕎麦

up へ > < top へ >

 秩父多摩甲斐国立公園 昇仙峡                          平成23年5月8日時点  
◇所在地 ・山梨県甲府市高成町 (渓谷道路、遊歩道)
◇交通 ・甲府駅 南口バスターミナル3番乗降口から『昇仙峡』行きのバスに乗る。
  昇仙峡口(30分)570円/天神森(30分)570円/
  グリーンライン(40分)800円/滝上(60分)870円
  ※ 路線バスの詳細情報は 山梨交通 TEL:055-223-0821 でご確認いただけます。
・中央自動車道 甲府昭和ICから甲府市内を通り、昇仙峡ラインかグリーンライン
  (県道7号線)を昇仙峡まで30分
◇駐車場・長潭橋そばの渓谷道路入口の有料駐車場を利用(500円)
・天神森バス停そばの市営無料駐車場を利用
・県営のグリーンライン駐車場を利用(無料)
◇問い合わせ昇仙峡観光協会   TEL:055-287-2158

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  旅アラカルトのトップページへ  © 2011 kみむ