墨田川を挟んで建設中のスカイツリーが見える
 東京都台東区: 鷲(おおとり)神社と浅草寺 (2011.1.2)
浅草名所七福神の案内
ダブルクリックで拡大図(73kB)へ
七福神の案内
都道462号からの浅草酉乃市御本社の正面の門
ダブルクリックで拡大図(82kB)へ
都道462号からの
浅草酉乃市御本社の正面の門

 

 今年の正月2日も、かみさんと皇居へ新年参賀に訪れ、天皇陛下の新年のお言葉をお聞きし、その後、浅草の鷲神社に初詣をしてきました。
 帰りには、隅田川沿いの公園から建築中のスカイツリーも見てきました。

 鷲神社は、江戸時代「鷲大明神社(わしだいみょうじんのやしろ)」と称されていたが、明治のはじめ「鷲神社(おおとりじんじゃ)」と改称された。

 祭神は天之日鷲命・日本武尊の二神。  草創は不明である。
 社伝によれば、天之日鷲命の祠に、日本武尊が東国征伐の帰途、熊手をかけて戦勝を祝った。
 この日が十一月酉の日で、以後、この日をお祭と定めたという。

 酉の市は、江戸中期より冬の到来を告げる風物詩として発展し、足立区花畑を「大鳥」、浅草を「新鳥」と称した。
初詣の人で賑わう浅草寺雷門
ダブルクリックで拡大図(80kB)へ
初詣の人で賑わう浅草寺雷門
 
 
 浅草はとくに浅草観音・新吉原・猿若町芝居小屋を控え、賑わいをみせた。
 一の酉、二の酉、年によって三の酉があり、世俗に三の酉があると火事が多いと言われる。

 酉の市は、当初、農産物や農具の一種として実用的な熊手を売る市であった。
 その後、熊手は幸運や財産を「かきこむ」といわれ、縁起物として商売繁昌開運の御守として尊ばれてきた。
 また、八つ頭は、人の頭になる、子宝に恵まれるといわれる。

 鷲神社には、「浅草名所七福神」の内、「寿老人」 をお祀りしています。
 中国に古くから伝わる道教の祖、老子が仙格化されたものといわれるこの神は南極星の化身ともいわれ、白髪長頭で長寿の福徳を記した巻物をつけた杖を持つ姿が描かれます。

[ 「浅草名所七福神」へのみちしるべ (106kB) ]

本殿正面に鎮座する「なでおかめ」
ダブルクリックで拡大図(52kB)へ
本殿正面に鎮座する「なでおかめ」
鷲神社「なでおかめ」の云われ
 おでこをなでれば賢くなり
 をなでれば先見の明が効き
 をなでれば金運がつく
 向かって右の頬をなでれば恋愛成就
     左の頬をなでれば健康
 をなでれば災いを防ぎ
 顎から時計回りになでれば物事が丸く収まる

 ※ 私は、金運)と左の頬健康)を願いました。
top へ > < down へ >
皇居・新年参賀
正門の開門を待つ参賀の人々
正門の開門を待つ参賀の人々
 
二重橋石橋から正門に入る人々
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
二重橋石橋から正門に入る人々
 
伏見櫓を見ながら正門鉄橋へ向う参賀の人々
伏見櫓を見ながら
正門鉄橋へ向う参賀の人々
新年参賀にお出ましの皇族の方々
新年参賀にお出ましの皇族の方々
正門鉄橋(二重橋)を渡り宮殿東庭に入る参賀の人々
正門鉄橋(二重橋)を渡り
宮殿東庭に入る参賀の人々
宮殿東庭を出た坂道からの富士見櫓(北東方面)
宮殿東庭を出た坂道からの
富士見櫓(北東方面)
参賀を終え、出口の一つの坂下門へ向う人々
クリックで拡大図(56kB)にいきます。
参賀を終え、出口の一つの
坂下門へ向う人々
up へ > < down へ >
浅草寺(あさくさ観音)
雷門下からの仲見世と宝蔵門
クリックで拡大図(67kB)にいきます。
雷門下からの仲見世と宝蔵門
仲見世の参道にかかる兎の絵馬
仲見世の参道にかかる兎の絵馬
仲見世からの宝蔵門(正面)
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
仲見世からの宝蔵門(正面)
内側に2つの奉納わらじがかかる宝蔵門(本堂側)
クリックで拡大図(52kB)にいきます。
内側に2つの奉納わらじがかかる
宝蔵門(本堂側)
宝蔵門内側にかかる奉納わらじ
宝蔵門内側にかかる奉納わらじ
 
お水舎前からの本堂(正面)
クリックで拡大図(68kB)にいきます。
お水舎前からの本堂(正面)
 
浅草花やしき前通りの大江戸ステージでの寸劇
浅草花やしき前通りの
大江戸ステージでの寸劇
宝蔵門を入った所から見る五重塔
宝蔵門を入った所から見る五重塔
 
大黒天を祀る浅草寺本堂東隣の浅草神社
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
大黒天を祀る
浅草寺本堂東隣の浅草神社
up へ > < down へ >
鷲(おおとり)神社 (おとりさま)
神社正面の門左側にかかる大きな熊手
クリックで拡大図(88kB)にいきます。
神社正面の門左側にかかる
大きな熊手
一の鳥居下からの参道と二の鳥居
クリックで拡大図(kB)にいきます。
一の鳥居下からの参道と二の鳥居
二の鳥居下からのくぐり輪のある中の門正面
クリックで拡大図(75kB)にいきます。
二の鳥居下からの
くぐり輪のある中の門正面
本殿北隣の宝物殿と渡殿
本殿北隣の宝物殿と渡殿
 
続々と中の門のくぐり輪をとおり本殿に向う初詣の人々
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
続々と中の門のくぐり輪をとおり
本殿に向う初詣の人々
中の門のくぐり輪をとおり本殿に向う初詣の人々
クリックで拡大図(67kB)にいきます。
中の門のくぐり輪をとおり
本殿に向う初詣の人々
up へ > < down へ >
浅草隅田公園からの建築中のスカイツリー
浅草墨田公園からの建築中のビルとスカイツリー
クリックで拡大図(107kB)にいきます。
浅草墨田公園からの
建築中のビルとスカイツリー
左:墨田区役所と右:アサヒビール本社ビルの合間に見えるスカイツリー
クリックで拡大図(50kB)にいきます。
墨田区役所とアサヒビール本社
ビルの合間に見えるスカイツリー
アサヒビール本社ビルの窓ガラスに映るスカイツリー
クリックで拡大図(57kB)にいきます。
アサヒビール本社ビルの
窓ガラスに映るスカイツリー
up へ > < top へ >

 鷲(おおとり)神社                               平成23年1月2日時点  
◇所在地 ・東京都台東区千束3丁目18番7号
◇交通 ・つくばエクスプレス 浅草駅より、都道462号線を北に約1km、徒歩約15分
◇問い合わせ鷲(おおとり)神社の公式HP   TEL:03-3876-1515

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  旅アラカルトのトップページへ  © 2011 kみむ