高山城址(別名:天神山城)

―― 本丸御殿との併用形態の悌立前期望楼型天守をもつ平山城 ――

天守閣復元虎口
ダブルクリックで拡大図(90kB)へ
天守閣復元虎口
 
 
 
 
中佐平にある城址碑
中佐平にある城址碑
 高山城は、標高686.6m、通称城山、別名を臥牛山、巴山にあり、金森入国以前は「天神山城」と呼ばれた。
 飛騨の守護代である多賀出雲守徳言によって、文安年中に築城され、近江の多賀天神を祀ったことから多賀天神山、城は多賀山城と呼ばれた。
 永正年間には高山外記が在城していた。

 天正13年7月、金森長重は、秀吉の命を受けて飛騨へ侵攻し、翌年飛騨一国を賜った。
 城地として、最初は鍋山城(現漆垣内町)を考えたが、後、この天神山古城跡を選定した。
 飛騨の中央にあり、東西南北の街道が交差する最も適所と考えたのである。

 築城は、金森長近が、天正17年から始め、慶長5年までの13年で本丸、二之丸が完成し、以後可重によって更に三年で三之丸が築かれた。
 高山城は信長の安土城構築直後に築かれ、大きな影響を受けている。
 軍事的機能を最優先させた城ではなく、御殿風の古い城郭形式をもち、外観二層、内部三階の構造をもつ天守をそなえているのが特長で、秀吉の大坂城築城前における城郭史上初期に位置づけられる。
 本丸屋形には、台所、風呂、大広間、茶室などがあった。
本丸下水の手門側の石垣
ダブルクリックで拡大図(118kB)へ
本丸下水の手門側の石垣
 
陣屋前からの城址のある城山遠望
陣屋前からの
城址のある城山遠望
 南の大手方面には南之出丸、北の搦手方面には東北曲輪、中段曲輪が配置される。
  高山城は、現在の城山に、金森長近が、天正16年(1588)から約16年の歳月をかけ、山頂に本丸、北に二之丸・三之丸を設け築城した、山城と平城の特長を兼ね備えた平山城でした。
 以降幕府直轄領に至る元禄5年(1692)まで金森家六代が居城し、飛騨国を支配しました。

 高山城の城下町は、初代高山藩主金森長近、二代可重の時代に侍屋敷、町人屋敷、寺屋敷の三区域に分けられ形成されました。
 現在の”古い町並み”は、この頃に形づくられたものです。

 元禄5年(1692)、六代藩主頼ときは、出羽国上山(現山形県上山市)に国替えを命ぜられ、六代107年間続いた金森氏による飛騨の統治は終わりました。

飛騨護国神社を囲む三の丸堀(城山北側)
ダブルクリックで拡大図(95kB)へ
飛騨護国神社を囲む
三の丸堀(城山北側)
模擬大手門石垣
ダブルクリックで拡大図(99kB)へ
模擬大手門石垣
 
 直轄領になり、金沢藩が幕府から在番を命じられましたが、あまりに負担が大きいため、幕府に破却を願い出て、元禄8年(1695)わずか2ヶ月あまりで取り壊されました。

【特長】
 初期城郭の特長で、地形に合わせて築城され凹凸が多く、東側が広くなっています。
 姫路城・松本城のように軍事的機能を最優先した城と本質に異なり、御殿風の古式時代相を持っています。
 城郭創始期の悌立前期望楼型 外観2層・内部3階の天守と、書院造の本丸御殿との併用形態で、優雅さ、屋根形態の複雑さ等の技巧は、安土城と並び城郭史上、建築史上他地域に類を見ないと言われています。

高山城 復元想定図 へ (68kB)

城山を一周するジョギング、散歩に良いコース
城山を一周する
ジョギング、散歩に良いコース
児童遊園となっている二の丸跡と城山(南方面)
ダブルクリックで拡大図(kB)へ
児童遊園となっている
二の丸跡と城山(南方面)
高山城の縄張り図 へ (117kB)

史跡高山城址 城山公園案内図 へ (115kB)

 廃城時に徹底的に破壊されたようですが、それでも、本丸、天守郭、中段屋形、出郭、二の丸や、三の丸とその水堀などが、原型を留めています。

 また、天守郭や大手門には虎口石垣も復元されています。
 しかし、復元なら分かるのですが、模擬の大手門石垣は何ゆえに造られたのでしょうか。

 城山を一周するコースは、ジョギング、散歩に良いコースで、たくさんの人が歩いたり、走ったりしていました。

本丸屋形・天守閣跡
 本丸屋形の入口である玄関門をくぐると石段があり、上って右に使者之間がある。
 昭和61年(1986)、発掘調査により使者之間端石垣の礎石が確認され、これらを元に平成8年(1996)、石垣の一部を復元した。
 
復元された天守閣虎口
復元された天守閣虎口 (30kB)
天守閣跡から見た本丸跡(東北東方面)
天守閣跡から見た本丸跡(東北東方面) (37kB)
top へ
大手門模擬石垣
 大手門模擬石垣は、昭和44年(1969)に公園の修景のために積まれたもので江戸時代の石垣ではありません。
 史実に基づく江戸時代の大手道は、この石垣に向って右側にあります。
 
模擬大手門石垣正面
模擬大手門石垣正面 (43kB)
枡形内からの擬似大手門石垣 大手門枡形内の石垣
枡形内からの擬似大手門石垣大手門枡形内の石垣
top へ

 高山城址                                          平成20年8月13日時点  
◇所在地 ・岐阜県高山市城山
◇交通 ・JR高山本線高山駅から、徒歩約分(約1km)
 ※ 高山駅前にレンタサイクルや、一日フリー乗車券(大人600円)の市内周遊バスあり
・東海・北陸自動車道・飛騨清美IC〜中部縦貫自動車・高山JCT〜
  〜国道41号線〜国道158号線を高山市内に入り、八軒町通りへ
◇駐車場・二の丸にある駐車場を利用(最寄の市営駐車場は、神明駐車場)
◇問い合わせ ・飛騨高山観光案内所  TEL:0577-32-5328
  岐阜県高山市昭和町1丁目JR高山駅前 (8:30〜16:00まで)
高山市役所観光課   TEL:0577-32-3333

参考文献・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2008 kみむ