北畠氏館跡 (別名:多気御所)
県道沿いに建つ北畠神社鳥居
県道沿いに建つ北畠神社鳥居
「米」字形をする曲水池泉の庭園
ダブルクリックで拡大図(98kB)へ
「米」字形をする曲水池泉の庭園

 南北朝から戦国時代、この多気の地は伊勢国司であり大名であった北畠氏の本拠地でした。
 その中心であったのが、多気のほぼ中央に位置する北畠氏館跡と詰城及びその背後の山地にある霧山城跡からなる多気氏城館跡です。

 北畠氏館跡は、北畠神社境内を中心に西を山裾、それ以外を川で囲まれた場所にあります。
 館跡内で行われた学術調査の結果、15世紀〜16世紀初頭には大規模な造成が行われ、中世城館では日本最古となる南北2列の石垣が設けられ、土器からは京都文化との繋がりが明らかになっています。

神社境内通りに面した石垣
神社境内通りに面した石垣
神社境内にある「中世館跡では日本最古の石垣」の説明板
ダブルクリックで拡大図(50kB)へ
神社境内にある説明板:
「中世館跡では日本最古の石垣」
 また、北畠氏館庭園は曲水池泉の鑑賞式庭園で、戦国時代の庭園として非常に著名なものであり、庭園は、「米」字形をする園池と立石による枯山水からなります。
 また、館跡の裏山には詰城があります。

 館跡内で行われた学術調査の結果、南北2列に約80mにおよぶ川石を用いた石垣が発見されたそうですが、中世館跡では日本最古だそうです。
詰城跡
 詰城跡は、北畠氏館跡の裏山の尾根上に立地し、比高差は約80mあります。
 館跡の南西から山道を登りきった説明板のある位置が、詰城の帯曲輪Aにあたります。 この曲輪は南斜面にも回り込んでいて、山道にも利用されています。 帯曲輪Aの北端には高さ1m程の壇状の高まりがあり、その北側にには竪堀もあります。
 帯曲輪Aから山道を登ると、詰城の中心的な曲輪Bに到ります。 東西約35m、南北10〜17mの平坦な曲輪で、山道は曲輪Bに入る城内路であった可能性もあります。
 また、曲輪Bの西の尾根には、小規模な曲輪と堀切や竪堀を設けて防御性を高めています。
 
館跡南西から登山道
館跡南西から登山道
帯曲輪Aにある詰城の縄張り図
帯曲輪Aにある詰城の縄張り図 (38kB)
説明板のある帯曲輪A
説明板のある帯曲輪A
帯曲輪Bの南側斜面に回りこんでいる曲輪A
クリックで拡大図(105kB)にいきます。
帯曲輪Bの南側斜面に
回りこんでいる曲輪A
曲輪Bの西側尾根にある小規模な曲輪(曲輪B方面)
曲輪Bの西側尾根にある
小規模な曲輪(曲輪B方面)
top へ

 北畠氏館跡庭園(別名:多気御所)                           平成22年5月1日時点  
◇所在地 ・三重県津市美杉町上多気1148
◇交通 ・JR名松線 伊勢竹原駅から、市営美杉コミュニティバスにて、丹生俣行き約40分、
   北畠神社前下車
・伊勢自動車道 勢和多気ICから国道368号線を西へ約15km、
   道の駅美杉を過ぎてすぐの上多気を右折して県道30号線に入り、
   約1km北上すると左手に北畠神社があり
・伊勢自動車道 ・久居ICから国道165号線・県道15号久居美杉線経由、車で約60分
◇駐車場 ・北畠神社の参拝者用かJA三重中央やまゆりの無料駐車場を利用
◇開園時間・9時〜16時30分(北畠神社 社務所に断って入園)
◇休園日・無休
◇入園料・大人:300円、学生(高校、大学生):200円
◇問い合わせ ・北畠神社   TEL:059-275-0615
津市観光協会   TEL:059-246-9020

参考文献 ・現地の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ