堀川城址

東側からの首塚と城址碑 
ダブルクリックで拡大図(108kB)へ
東側からの首塚と城址碑
城址碑(古戦場) 
ダブルクリックで拡大図(89kB)へ
城址碑(古戦場)
 日本中が戦乱に明け暮れていた室町時代の終わりころ、この地方は今川氏の勢力下にあった。
 永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、今川義元が戦士した後、土地の人々はここに城砦を築き地名にちなんで堀川城と名づけ、刑部(おさかべ:細江町中川)にも刑部城を築き、徳川家康の遠州攻撃に備えた。

 永禄11年(1568)刑部城を落した家康は、翌12年3月27日に三千の軍を率いて堀川城に攻め入った。
 男も女も戦える者およそ二千人は、すべて城に立て籠って抵抗したが、みるまに落城した。
 この戦いに加わった大久保彦左衛門が書いた三河物語には「男女ともになで切りにぞしたりける。」とある。
 残った人々も徹底的に捕らえられ、9月9日ことごとく首を打たれた。
首塚、供養碑 
ダブルクリックで拡大図(97kB)へ
首塚、供養碑
道路側の入口(南西方面) 
ダブルクリックで拡大図(110kB)へ
道路側の入口(南西方面)
 3月27日の戦いでおよそ千人、9月9日に七百人余、当時の住民の半数以上の犠牲者を出したと伝えられる。

 舘山寺温泉から「はままつフルーツパーク」に向かう途中、引佐細江の都田川に架かる真新しい橋を渡り水田地帯を走ると道路脇に唐突に城跡の説明板が現れ、車を城跡の柵のある路肩に寄せて、登城しました。
 現在、城跡は水田になっており、特に遺構等は残されておらず、城址碑(古戦場)と首塚、供養碑があるのみでした。
 そこから600m程北、かつての気賀宿の西の入口に位置する所に「獄門畷(ごくもんなわて)」の供養碑が建てられているが、約七百人の村人たちが首を討たれたのはこの辺りだという。

 細江町指定史跡 堀川城址                      平成24年7月13日時点
◇所在地・静岡県浜松市北区細江町
◇交通 ・遠州鉄道 新浜松駅(JR浜松駅から徒歩2分)から西鹿島駅まで乗車して、
   天竜浜名湖鉄道に乗換え「気賀駅」下車、駅南側の道路に出て、
   北区役所、気賀関所前を通り南西に約20分進むと道路左側 

参考文献 ・現地細江町教育委員会の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2012 kみむ