安濃城跡

―― 自然地形を巧みに利用し要塞化された中勢地域最大の城 ――

安濃城、阿由太神社入口の案内のある鳥居
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
安濃城、阿由太神社入口の
案内のある鳥居

 
主郭の中心に鎮座する阿由太神社
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
主郭の中心に鎮座する
阿由太神社
 安濃城跡は、安濃川左岸の標高30mから59mの丘陵上に築城された平山城です。
 東西450m、南北350mの範囲に及び、中勢地域最大の城跡です。
 国人領主の長野氏一族である細野藤光が弘治年間(1555〜58)に築城し、その息子藤敦が城を拡充したといわれています。

 城の構造は、土塁と堀に囲まれた屋敷地(郭)が、阿由太神社の鎮座する郭を主郭とし、南北に二〜三つを一対とした二列の郭が並んでいます。
 この構造は、『伊勢一国旧城跡附』に記された内容と合致する点も多いのですが、実際はこれよりも規模も大きく複雑になっています。
 また、主郭の南西角には、櫓跡があり、阿由太神社の境内には古井戸二基が残っています。
 この城跡は、規模・形態とも中勢では、稀有のもので、自然地形を巧みに利用した要塞でした。

フェンスと空堀で囲まれている櫓台跡
ダブルクリックで拡大図(99kB)へ
フェンスと空堀で
囲まれている櫓台跡

 
土塁と空堀で囲まれた主郭の南東側開口部の虎口
ダブルクリックで拡大図(101kB)へ
土塁と空堀で囲まれた主郭の
南東側開口部の虎口
[ 安濃城の復元想像図、実測図 (71+86kB) ]

 この城は、永禄11年(1568)に織田信長の伊勢侵攻の際に信長の家臣滝川一益に攻められましたが落城せず、織田信長の弟信包を養子に向かい入れ和睦しますが、天正8年(1850)に信包軍により二度目の侵攻により、落城しました。

 その後、細野氏の子孫の一人は、江戸時代に京都室町の豪商荒木家となり、荒木光品が故郷の阿由太神社へ大般若経を享保20年(1735)に奉納しました。

 阿由太神社の境内となってい曲輪は主郭で、周囲は土塁と空堀で取り囲まれ、北西と南西には虎口が設けられています。
 主郭の西には、フェンスと空堀で囲まれた櫓台跡があります。
 主郭の東側には屋敷地だったのでしょうか、現在では雑木林と竹薮になっていますが、土塁に囲まれた数段の曲輪群が残っていました。

安濃城、阿由太神社への南側の登山道(参道)
安濃城、阿由太神社への
南側の登山道(参道)
南側参道からの主郭南西部虎口への鳥居
南側参道からの
主郭南西部虎口への鳥居
主郭南下参道からの階段状の曲輪
主郭南下参道からの
階段状の曲輪
主郭南下参道からの階段状曲輪間の空堀
主郭南下参道からの
階段状曲輪間の空堀
主郭南下参道からの階段状曲輪間の空堀
主郭南下参道からの
階段状曲輪間の空堀
主郭南下参道からの階段状曲輪間の空堀
主郭南下参道からの
階段状曲輪間の空堀
主郭東下の空き地となっている曲輪
主郭東下空き地となっている曲輪
主郭東下の土塁で囲まれている曲輪
主郭東下土塁で囲まれている曲輪
主郭東下の階段状に続く曲輪
主郭東下の階段状に続く曲輪
top へ

 安濃城跡                                平成22年4月30日時点  
◇所在地 ・三重県津市安濃町安濃字城山
◇交通 ・JR紀勢本線 津駅前から三重交通バス52系統高野尾方面行きバスに乗り、
   「里道バス停」下車、県道649号線、410号線沿いを徒歩約3km、
   または、手前「窪田バス停」下車、県道10号線を渡り、
   大沢池北を県道410号線沿いに徒歩約4.2km
・伊勢自動車道 芸濃ICから、県道10号線を南東に2.4km程進み、
   里道バス停近くの信号を右折し、県道649号線に入り、
   2km程直進した信号を右折して、県道410号線を川沿いを西へ進み、
   1つめか2つめの橋を渡り、阿由太神社に向って、集落内の路地を進む
・伊勢自動車道 津ICから、県道42号線に入り、安濃橋を右折し、
   県道649号線を900m程進み、県道410号線に左折し、すぐの橋を右に入る
◇駐車場 ・なし
◇問い合わせ津市観光協会   TEL:059-246-9020
津市教育委員会事務局安濃 事務所  TEL:059-268-5519

参考文献 ・現地の津市教育委員会の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ