米沢城跡(別名:松岬、舞鶴城)

―― 最上川西岸の扇状地中央に築かれた土で造られた平城 ――

二の丸跡に鷹山公を祀る松岬神社
ダブルクリックで拡大図(81kB)へ
二の丸跡に鷹山公を祀る
松岬神社
本丸奥御殿跡に建てられている上杉神社本殿
ダブルクリックで拡大図(74kB)へ
本丸奥御殿跡に建てられている
上杉神社本殿
 米沢城は、伊達氏、上杉氏の居城で、松岬城、舞鶴城とも呼ばれた。

 米沢城の起源は、暦仁元年(1238)に地頭長井時広が築城したと伝えられるが、判然としない。
 長井氏は、八代約200年間にわたり置賜(おきたま)地方を治めるが、天授6年(1380)に伊達氏に攻め滅ぼされる。

 伊達氏は、伊達、信夫を本拠としていたが、天文17年(1548)に伊達晴宗が本拠を米沢に移し、米沢城の整備が始まる。
 永禄10年(1567)には、米沢城で伊達政宗が誕生、政宗は会津の葦名氏等を破り、戦国大名として飛躍するが、天正19年(1591)に豊臣秀吉に命により、岩出山城(宮城県)に移され、青春期を過ごした米沢を去った。
 伊達氏の統治は210年余に及ぶ。

正面参道舞鶴橋からの本丸南東隅の土塁と内堀
ダブルクリックで拡大図(71kB)へ
正面参道舞鶴橋からの
本丸南東隅の土塁と内堀

 
北参道(土橋)からの本丸東北隅櫓跡の土塁と内堀
ダブルクリックで拡大図(77kB)へ
北参道(土橋)からの
本丸東北隅櫓跡の土塁と内堀
 政宗に替わって米沢城には、会津若松藩主となった蒲生氏郷の家臣蒲生郷安が入るが、慶長3年(1598)に秀吉の命で会津120万石に上杉景勝が入ると、米沢城主は景勝の重臣直江兼続となる。

 慶長6年(1601)、前年の関ヶ原の戦いで西軍方についた上杉景勝が米沢30万石に減封され、初代米沢藩主として入城しました。
 以後、寛文4年(1664)に後継問題で米沢藩は15万石になるが、米沢城は約270年間にわたり上杉氏十三代の居城として明治維新を迎える。

 米沢の町は、関が原の合戦直後、上杉家が会津から米沢に移った慶長6年を機に、家臣の直江兼続の指揮の下、城下町の基礎が築かれました。
 兼続はまず、水害から町を守るため松川(最上川)上流に谷地河原堤防を築くなど、治水・用水事業に取り掛かりました。
 さらに、掘立川・木場川・御入水堰・猿尾堰・帯刀堰の開削を行って、米沢城内城下へ生活用水などとして取り入れています。
西参道土橋からの本丸西面の土塁と内堀
ダブルクリックで拡大図(72kB)へ
西参道土橋からの
本丸西面の土塁と内堀

 
二の丸上杉伯爵邸前からの本丸南側出入り口の菱門(秘シ門)橋
ダブルクリックで拡大図(78kB)へ
二の丸上杉伯爵邸前からの
本丸南側出入り口の菱門(秘シ門)橋
 また、米沢城を初め二の丸・三の丸を整備し、南北に通ずる道路を南にそびえる兜山に向うようにつくったと言われています。

 城郭は平城で、本丸は東西75間、南北60間、徳川幕府に対する配慮からか天守閣はなく、藩主の住む御殿が中央にあった。
 また、南東隅の高台には上杉謙信の遺骸を祀る御堂が建ち、北東と北西の隅には三層の隅櫓があった。
 石垣ではなく、土塁を廻らした珍しい城である。
 明治になって御殿や隅櫓は取り壊され、本丸跡は松が岬公園と上杉謙信を祭る上杉神社となっている。
 堀と土塁が往時を偲ばせ、堀の周囲には桜の木が並び桜の名所ともなっている。

 直江兼続のいた時代、二の丸には重臣の邸宅が並んでいたと考えられています。
 この重臣宅は、私宅であるとともに政務の場を兼ねていたと思われます。(後に二の丸には藩の役所が置かれました。)
水堀だけが残る本丸菱門馬出跡
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
水堀だけが残る本丸菱門馬出跡
(児童会館横・南方面)
旧上杉伯爵邸南側から弁天堂前まで残る二の丸水堀(西方面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
旧上杉伯爵邸南側から弁天堂方面まで
残る二の丸水堀(西方面)
 二の丸の東側には城の正門である大御門があり、本丸から大御門への通路の南に、有事の際に武士たちが集まる武者溜が設けられました。
 二の丸の南東には、法音寺・大乗寺を筆頭に真言宗の寺院が立ち並んでいました。

 慶長13〜14年に大拡張工事で新設された三の丸には、上級・中級家臣団の屋敷が建てられました。
 文献の記録がないために、三の丸西側の明確な境は不明ですが、掘立川の内側という説もあります。
 三の丸内部は本丸を守る形で家臣団が配置されていました。
 東には上級家臣団の侍組、南は中級家臣団の馬廻組、西は上杉景勝の旗本の五十騎組、北は直江兼続の旗本の与板組で構成されていました。
 三の丸南西・掘立川を越えた所に与板町がありますが、三の丸に入り切らなかった、与板組の下級家臣団が住んだと伝えられています。
二の丸跡に建つ上杉記念館(旧上杉伯爵邸)
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
二の丸跡に建つ上杉記念館
(旧上杉伯爵邸)
上杉鷹山が隠居後住んでいた三の丸跡の餐霞館遺跡
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
上杉鷹山が隠居後住んでいた
三の丸跡の餐霞館遺跡
 三の丸北側には馬場を設け、ここで火縄銃の訓練をしたと伝えられています。

[ 松が岬公園(米沢城跡) 案内図 (135kB) ]


 方形の本丸跡には、上杉神社が祀られており、今でも土塁外側を水堀に囲み、東西南北を土橋、または橋で行き来できます。

 また、本丸の南側の二の丸跡には、伝国の杜(上杉博物館・置賜文化ホール)・松岬神社・上杉城史苑があり、一部土塁、水堀が残っています。
top へ
本丸内堀(東側)と舞鶴橋
舞鶴橋からの本丸内堀(東面南側) 本丸南東隅の土塁と内堀
クリックで拡大図(71kB)にいきます。 本丸南東隅土塁上からの内堀と石造りの舞鶴橋(南面)
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
舞鶴橋からの本丸内堀(東面南側) (18kB)
 
本丸南東隅土塁上からの
内堀と石造りの舞鶴橋(南面)
二の丸からの本丸内堀(東面北側)と舞鶴橋(北面)
二の丸からの本丸内堀(東面北側)と舞鶴橋(北面) (33kB)
top へ
本丸東北(艮:うしとら)隅櫓跡と土塁
北参道(土橋)からの本丸東北隅櫓跡の土塁と内堀
クリックで拡大図(77kB)にいきます。 東北隅櫓跡からの本丸内堀(北東方面) 正面参道からの東北隅櫓跡の土塁と内堀(東面)
北参道(土橋)からの
東北隅櫓跡の土塁と内堀(北面)
東北隅櫓跡からの
本丸内堀(北東方面)
正面参道からの
東北隅櫓跡の土塁と内堀(東面)
上杉斉憲(ぎ山公)の碑が建つ東北隅櫓跡(北方面)
上杉斉憲(ぎ山公)の碑が建つ東北隅櫓跡(北方面)(22kB)
北東隅からの隅櫓跡と上杉斉憲(ぎ山公)の碑(南方面)
北東隅からの隅櫓跡と上杉斉憲(ぎ山公)の碑(南方面) (23kB)
top へ
本丸・北参道(土橋)と内堀
二の丸からの本丸北側参道(土橋)と土塁(北面)
二の丸からの本丸・北参道(土橋)と土塁(北面) (26kB)
二の丸北西側からの本丸・北参道(土橋:西面)と内堀 本丸・北参道(土橋)からの内堀(西方面)
二の丸北西側からの本丸・北参道(土橋:西面)と内堀 (18kB)
 
本丸・北参道(土橋)からの
内堀(西方面)
top へ
本丸・西北隅(戌亥)櫓跡と内堀
西参道(土橋)からの西北隅櫓跡と内堀(北西面・北東方面) 西参道(土橋)から西北隅櫓跡への道
西参道(土橋)からの西北隅櫓跡と内堀(北西面・北東方面) (18kB) 西参道(土橋)から西北隅櫓跡への道
本丸内からの西参道への西北隅櫓跡の土塁(西北方面)
本丸内からの西参道への西北隅櫓跡の土塁(西北方面) (21kB)
西参道(土橋)からの本丸土塁と内堀(西面・南東方面) 本丸西面の土塁と内堀
クリックで拡大図(72kB)にいきます。 西側土塁側に建つ福徳稲荷神社
西参道(土橋)からの本丸土塁と内堀(西面・南東方面) (15kB) 西側土塁側に建つ福徳稲荷神社
top へ
本丸南側の菱門(秘シ門)橋と内堀(南面)
本丸南西隅の土塁と内堀(南面) 二の丸からの菱門橋と本丸上杉神社方面(南面)
クリックで拡大図(97kB)にいきます。 本丸南側出入り口の菱門(秘シ門)橋
クリックで拡大図(52kB)にいきます。
本丸南西隅の土塁と
内堀(南面)
二の丸からの菱門橋と
本丸上杉神社方面(南面)
本丸南側出入り口の
菱門(秘シ門)橋
本丸南東隅の高台と内堀
本丸南東隅の高台への階段 二の丸跡伝国の社からの本丸南東隅の土塁と内堀(東面)
クリックで拡大図(51kB)にいきます。
本丸南東隅の高台への階段二の丸跡伝国の社からの本丸南東隅の土塁と内堀(東面) (17kB)
高台東端の上杉謙信祠堂(御堂)跡 本丸南東隅の高台広場(西方面)
高台東端の上杉謙信祠堂(御堂)跡 本丸南東隅の高台広場(西方面)(16kB)
top へ
本丸と上杉神社、稽照殿
 上杉謙信を祭神とし、本丸跡に建てられた社殿は米沢出身の建築家伊藤忠太の設計。
 敷地内には謙信像や鷹山像、石碑も残っています。
 
上杉神社本殿への参道左側に建つ上杉鷹山公立像 上杉神社本殿への参道と鳥居
クリックで拡大図(80kB)にいきます。 上杉神社本殿への参道右側に建つ謙信公坐像
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
本殿への参道左側に建つ
上杉鷹山公立像
上杉神社本殿への
参道と鳥居
本殿への参道右側に建つ
謙信公坐像
奥御殿跡に建つ上杉神社の神門
クリックで拡大図(68kB)にいきます。 参拝客でにぎあう米沢神社本殿と奥の院 米沢神社本殿
クリックで拡大図(74kB)にいきます。 米沢神社奥の院
クリックで拡大図(61kB)にいきます。
奥御殿跡に建つ上杉神社の神門 参拝客でにぎあう米沢神社本殿と奥の院 (12kB)
本殿境内からの神門
クリックで拡大図(95kB)にいきます。 神楽殿での演奏を聴く絵馬殿の人々
クリックで拡大図(79kB)にいきます。 直江兼続所用「愛」の前立ての兜を所蔵している稽照殿
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
本殿境内からの神門
 
神楽殿での演奏を聴く
絵馬殿の人々
直江兼続所用「愛」の前立ての
兜を所蔵している稽照殿
稽照殿前からの本丸内の島を持つ池
稽照殿前からの本丸内の島を持つ池 (19kB)
top へ
上杉記念館(旧上杉伯爵邸)
 上杉記念館は、上杉家十四代当主茂憲伯爵邸として、明治29年に建築、米沢城二の丸跡にあり、鶴鳴館と称されました。
 大正8年の大火で類焼し、大正14年5月に再建されました。
 庭園は東京浜離宮に倣って築園されています。
 庭園を見ながら、米沢伝統の郷土料理が味わえます。
 平成9年に国の登録有形文化財に指定されました。
 
伯爵邸表門(北面)
クリックで拡大図(47kB)にいきます。 表門前から見た庭園への門 二の丸跡に建つ上杉記念館(旧上杉伯爵邸)の玄関
クリックで拡大図(69kB)にいきます。
伯爵邸表門(北面)
 
表門前から見た庭園への門
 
二の丸跡に建つ上杉記念館
(旧上杉伯爵邸)の玄関
邸内からの表門(南面) 伯爵邸建物(西面) 伯爵邸庭園側(南面)
クリックで拡大図(54kB)にいきます。
邸内からの表門(南面) 伯爵邸建物(西面) 伯爵邸庭園側(南面)
内堀沿い旧伯爵邸の門と塀(北面・東方面)
クリックで拡大図(55kB)にいきます。 内堀沿い中間にある冠木門 内堀沿い西端にある文化伝承館への門
クリックで拡大図(55kB)にいきます。
内堀沿い旧伯爵邸の門と塀
(北面・東方面)
内堀沿い中間にある冠木門
 
内堀沿い西端にある
文化伝承館への門
top へ
二の丸水堀と弁天堂
二の丸の水堀と巳なる金弁財天 本丸菱門馬出跡方面
クリックで拡大図(56kB)にいきます。 巳なる金弁財天
クリックで拡大図(67kB)にいきます。 弁天橋
クリックで拡大図(59kB)にいきます。
二の丸の水堀と巳なる金弁財天 (22kB)
本丸菱門馬出跡からの二の丸水堀と巳なる金弁財天(南方面)
クリックで拡大図(75kB)にいきます。 三の丸からの巳なる金弁財天への弁天橋(北方面) 三の丸からの巳なる金弁財天と弁天橋(北西方面)
本丸菱門馬出跡からの二の丸水堀と
巳なる金弁財天(南方面)
三の丸からの巳なる金弁財天への
弁天橋(北方面)
三の丸からの巳なる金弁財天と
弁天橋(北西方面)
巳なる金弁財天の東側の堀(北方面) 旧上杉伯爵邸南側から弁天堂前まで残る二の丸水堀(西方面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
巳なる金弁財天の東側の堀
(北方面)
旧上杉伯爵邸南側から弁天堂前まで
残る二の丸水堀(西方面)
top へ
三の丸跡の餐霞館(さんかかん)遺跡
 上杉鷹山(第九代米沢藩主)が隠居後に住んだ「餐霞館」のあった場所。本城の南に位置するため「南亭」とも称された。
 天明5年(1785)に三十五歳で隠居してから文政5年(1822)の逝去まで、鷹山は三十八年間この館に住み次代の藩主治広と斉定の政務を後見、陰ながら藩政改革を指導し成功に導いた。
 
入口にある餐霞館遺跡碑 上杉鷹山が隠居後住んでいた三の丸跡の餐霞館遺跡
クリックで拡大図(76kB)にいきます。 鷹山公初入部二百年を記念し整備された庭園
入口にある餐霞館遺跡碑
 
上杉鷹山が隠居後住んでいた
三の丸跡の餐霞館遺跡
鷹山公初入部二百年を記念し
整備された庭園
top へ

 米沢城跡・上杉神社                              平成21年5月1日時点  
◇所在地 ・山形県米沢市丸の内1-4-13   TEL:0238-22-3189
◇交通 ・JR奥羽本線 米沢駅から、上杉神社まで徒歩約30分(約2km)
◇駐車場 ・上杉城史苑、伝国の社の無料駐車場を利用
◇問い合わせ ・大河ドラマ「天地人」米沢市推進協議会(米沢市役所総合政策課)
   山形県米沢市金池5丁目2番25号    TEL:0238-22-5111(代)
米沢市ホームページ
(社)米沢観光物産協会              TEL:0238-21-6226
・置賜広域観光センター              TEL:0238-24-2965
・米沢あるき推進協議会(米沢商工会議所内) TEL:0238-21-5111

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ