中山城跡

―― 伊達領を最上勢から防塞するため天守山に築いた城 ――

本曲輪頂上部物見台(天守台)の周囲石垣(西面)
ダブルクリックで拡大図(103kB)へ
本曲輪頂上部物見台(天守台)の
周囲石垣(西面)

 
観音堂のある紅山からの天守山・中山城跡と麓・御役屋(北方面)
ダブルクリックで拡大図(54kB)へ
観音堂のある紅山からの
天守山の中山城跡(北方面)
 中山城は、山形盆地から米沢に抜ける旧羽州街道沿いに道が狭くなった中山地区の南東部に張り出した独立丘陵(標高340m、比高90m)に築かれています。

 中山の地は、伊達氏と最上氏の境界にあたるため、永禄・元亀年間(1558〜72)頃、伊達輝宗は、、家臣の中山弥太郎(中山の地名の起源)に命じて、天守山に城を築かせた。
 以降、伊達氏の家臣が守備した。

 天正18年(1590)、蒲生氏が米沢領を支配すると、蒲生郷可が入城した。
 さらに慶長3年(1598)に上杉領になると、横田旨俊が城代となった。
 慶長5年(1600)の上杉氏家老直江兼続による最上領侵攻にさいしては、この方面の拠点になった。

 城は、丘の上に、三の曲輪、二の曲輪、本曲輪の三段の曲輪(郭)をを階段状に配置した。
前森山手前の武家屋敷跡にある家中屋敷配置図
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
前森山手前の武家屋敷跡にある
家中屋敷配置図
家中屋敷跡横からの前森山(南東面)
ダブルクリックで拡大図(93kB)へ
家中屋敷跡横からの前森山
(南東面)
 本曲輪には、物見台(天守台ともいう)を設け、その二面には石垣が積まれ、当時の遺構が今も見られる。
 中世の城としては東北でも屈指の大きさを誇る。
 物見山、上ノ山楯、前森山も自然の地形を利用し、城を守るために築かれた防備の遺構である。

 上町の裏山を前森と称し、中山の人達は「前森山」と言っている。
 『付録中山改革の梗概』には、「天守山は左右の両山相迫って最上口の咽喉をなす中央部に屹立、四方は天然の渓谷をなし大手には、前森と称する丘陵が横たはり、自然の防塞を作り、其の内方に侍屋敷を配・・・」とある。
 中山城の防塞であったが、初め、南北朝時代(1331〜92)末頃、伊達氏が構築したと見られる。
 山頂は平坦で狭い郭を配し、その廻りには帯曲輪や三角状の曲輪の遺構が見られ、天守山に城が築かれた後は防塞の山となった。

北端から望む御役屋跡最上段部広場(天守山への登り口前方面)
北端から望む御役屋跡最上段部広場
(天守山への登り口前方面)
御役屋跡南端から見る物見山
ダブルクリックで拡大図(47kB)へ
御役屋跡南端から見る物見山
 
 まず、如意輪観音(「コロリ観音」とも呼ばれる)が安置されている観音堂のある紅山に登り、中山地区や前森山、天守山、物見山を見るのがよいです。
 中山地内を走る旧国道が、カラジュク川を横切る所に架けられたアーチ式の三階坂の石橋(明治13年に竣功し、親柱には「奈可やまはし」と陰刻あり)も見る価値があります。

 前森山と天守山の間の現在国道13号線上山バイパス工事現場の中を横切って(一年後は陸橋を渡るのかも?)、天守山麓にある御役屋を見て、それで良しとしても良いのですが、その奥の城跡説明板の横にある分かりにくい登城口を入り、途中迷わないように10分ぐらい登って、三の曲輪、二の曲輪、本曲輪まで行くことをお勧めします。
 特に、本曲輪頂上部の物見台(天守台)の周囲総石垣は、山城としては非常に珍しいものです。
top へ
近世の米沢藩の御役屋跡
御役屋跡下段の土塁と集落 紅山観音堂を望む御役屋跡下段の広場
御役屋跡下段の土塁と
集落
紅山観音堂を望む御役屋跡下段の広場 (16kB)
北端から望む御役屋跡最上段部広場(天守山への登り口前方面)
北端から望む御役屋跡最上段部広場(天守山への登り口前方面)(25kB)
天守山への登り口前からの御役屋跡最上段部全景(東方面)
天守山への登り口前からの御役屋跡最上段部全景(東方面)(22kB)
top へ
帯郭・三の郭・二の郭
中山城址への登り口と城址説明板 登り口から上がったすぐの南東面の帯郭(北東方面)
中山城址への登り口と
城址説明板
登り口から上がったすぐの
南東面の帯郭(北東方面)
三の郭跡
三の郭跡 (27kB)
二の郭跡
二の郭跡 (24kB)
二の郭奥の土塁
二の郭奥の土塁 (20kB)
主郭への登り口土塁
主郭への登り口土塁 (22kB)
top へ
主郭と物見台(天守台)
主郭正面と物見台(北方面)
主郭正面と物見台(北方面)(29kB)
物見台(天守台)の南面の石垣
クリックで拡大図(139kB)にいきます。 物見台上に建つ天守山大佛碑
物見台(天守台)の南面の石垣 (23kB) 物見台上に建つ天守山大佛碑
物見台(天守台)の西面の石垣 北西角石垣
クリックで拡大図(82kB)にいきます。 南西角石垣
クリックで拡大図(93kB)にいきます。
物見台(天守台)の西面の石垣 (27kB)
物見台(天守台)の北面の石垣 物見台からの主郭北東角
物見台(天守台)の北面の石垣 (25kB) 物見台からの主郭北東角
絶壁となっている物見台(天守台)の東面 北東角石垣
クリックで拡大図(101kB)にいきます。
絶壁となっている物見台(天守台)の東面 (26kB)
top へ
前森山と紅山の観音堂
 享保14年(1843)の建立といわれる観音堂は、もと竜雲寺の裏山、通称「お観音山」の峰奥に建立されていた。
 しかし、急な参道であるために参拝客も年々と少なく堂は荒れて廃堂になるのではないかと思い、昭和7年現在の「紅山」に移転した。
 堂内に安置されている本尊は、高さ17センチ程の金箔塗りの木像如意輪観音坐像である。
 別称を「コロリ観音」とも言う。
 
御役屋跡南端から見る前森山
クリックで拡大図(65kB)にいきます。 御役屋跡南端から見る中山地区の上町方面
御役屋跡南端から見る前森山 (17kB)中山地区の上町方面
御役屋跡南端から見る紅山の観音堂
クリックで拡大図(101kB)にいきます。
御役屋跡南端から見る観音堂のある紅山とバイパス工事現場(南方面)(24kB)
旧羽州街道から望む紅山の観音堂 旧羽州街道からの観音堂への石階段 紅山の上にひっそりと佇む観音堂(西方面)
クリックで拡大図(106kB)にいきます。
旧羽州街道から望む
紅山の観音堂
旧羽州街道からの
観音堂への石階段
紅山の上にひっそりと
佇む観音堂(西方面)
top へ
中山橋
 中山橋は中山地内を走る国道(旧羽州街道)が、カラジュク川を横切る処に架けられたアーチ式の石橋で、親柱には「奈可やまはし」と陰刻されている。
 この石材は中山石と言われる凝灰岩で、工事は明治13年に竣功している。
 橋の長さ11.3m、全幅6.7m、アーチの高さ4.35m、川床部での径は5.85mでアーチの部分を構成する石組みは二重になっており、その上に積まれた石の層も厚く極めて堅牢に造られている。
 
紅山の観音堂側の旧羽州街道と中山橋 下流側からの中山橋石積みアーチ(東面)
クリックで拡大図(92kB)にいきます。 中山橋石積み(西面)
紅山の観音堂側の
旧羽州街道と中山橋
下流側からの中山橋
石積みアーチ(東面)
中山橋石積み(西面)
 
top へ
足軽屋敷跡
 武田信玄の家臣、清水三河康徳と共に会津から本中山(現、南陽市)を経て中山城下に入った足軽衆は、現在の新町に住居をかまえ城下の警固にあたった。
 その屋敷14軒、間口は五間、奥行き十五間と地割りが定められ、足軽町とも称されていた。
 
旧羽州街道沿いの足軽屋敷跡 旧羽州街道沿いの足軽屋敷跡の配置図
クリックで拡大図(82kB)にいきます。 足軽屋敷跡の配置図前からの旧羽州街道(北方面)
旧羽州街道沿いの
足軽屋敷跡
旧羽州街道沿いの
足軽屋敷跡の配置図
足軽屋敷跡の配置図前からの
旧羽州街道(北方面)
top へ

 中山城跡                                   平成21年5月1日時点  
◇所在地 ・山形県上山市中山字御役屋
◇交通 ・JR羽越本線・羽前中山駅から、国道13号線を横切り、中山地区の旧国道沿いに
   中山公民館、郵便局前を過ぎて、すぐの道を右に入り、前森山を右に見ながら、
   上山バイパスを横切り、旧中山小学校跡へ徒歩約20分で三の曲輪へ
・米沢市から国道13号線を北上し、上山市中山地区に入り、
   中山公民館前をすぎて、左折し、旧中山小学校跡へ
◇駐車場 ・中山公民館の駐車場をことわって利用
◇問い合わせ ・中山地区公民館           TEL:023-676-2553
   上山市中山字上町3156

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット
・ビジュアル・ワイド 日本の城(小和田哲男 監修、小学館 発行)

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ