中野城跡

―― 山形城の支城として築城した連廓式の平城 ――
道路沿いの小学校庭にある城址石碑
道路沿いの小学校庭にある城址石碑

現在大郷小学校の校地となっている本丸跡
現在大郷小学校の
校地となっている本丸跡

 
 中野城は、中世における山形城の支城として、山形三代最上満直の次男満基が、応永年間(15世紀初め)に築城した連廓式の平城である。
 本丸は東西約340m、南北約250mで、約73,000平方mの広さであるが、二の丸を含めると約171,500平方mで、内堀は幅6mから10mで、高さ2mの土塁を巡らし、二の丸に当る南西部には外堀を構築し、東北部には寺院を配置している。

 中野の地は、戦略上、経済上のみならず、水陸の交通上からも重要な地点であった。
 しかも、宗家最上氏と中野氏は、最上一族中最も密接な関係にあった。

 六代義時にいたり、兄・最上義光との家督争いから不和となり、更に天正3年(1575)、義時方の義光呪詛一件が露顕して、義光の夜襲にあい、中野城や寺院は廃じんと化したという。
 義時は切腹し、その子備中は仙台へのがれ、中野氏はついに滅亡した。
 中野領は義光の支配となり、重臣を輪番で中野城に配置し、中野氏の旧臣は、最上氏の家臣団に編入された。
馬洗場や馬場との往来に使用された東御門跡の標柱
ダブルクリックで拡大図(93kB)へ
馬洗場や馬場との往来に
使用された東御門跡の標柱
本丸南側に位置していた南大手門跡の標柱
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
本丸南側に位置していた
南大手門跡の標柱

 元和8年(1622)、最上氏の改易後は、この城も廃城となり、ついに破却された。 現在、当時の面影を偲ぶものは、堀形の一部と楯・北口・中小路・楯坂・袋町・御倉前・築坪山・七日市場・的場・大手窪・馬場宿・馬洗場などの地名である。
 現在の大郷小学校は、本丸の西部に位置する。

 現在本丸跡は、大郷小学校の校地となっており、南西部に位置した二の丸を含み宅地化され、門跡の標柱があるだけで、遺構等は何もない状態です。

城の西側を流れる貴船川(北方面) 大手門前の石橋のあった楯坂跡
城の西側を流れる貴船川(北方面) (15kB) 大手門前の石橋のあった楯坂跡
水堀跡そばに建つ北御門跡標柱(南方面)
クリックで拡大図(83kB)にいきます。 北御門跡標柱と水堀跡(東方面)
クリックで拡大図(77kB)にいきます。 現在も残る北御門水堀跡(西方面)
水堀跡そばに建つ
北御門跡標柱(南方面)
北御門跡標柱と水堀跡
(東方面)
現在も残る
北御門水堀跡(西方面)
東御門跡前の道路(北方面) 東御門跡の標柱(北東方面) 東御門跡前の道路(東方面)
東御門跡前の道路(北方面) 東御門跡の標柱(北東方面) 東御門跡前の道路(東方面)
top へ

 中野城跡                                      平成21年4月30日時点  
◇所在地 ・山形県山形市大字中野
◇交通 ・JR奥羽本線山形駅から、間沢・谷地・寒河江線バスにて、中野バス停下車、
   徒歩10分(北西へ約8km)
・山形自動車道山形北IC〜国道13号線(山形バイパス)を約2.5km北上、〜
  〜漆山(伊達城)信号を県道275号線に左折し、約7km西進〜
  〜国道112号線を左折して約300m程進み、中野信号を左折し、川を渡るとすぐ左
◇駐車場 ・大郷小学校前のJA駐車場を利用
◇問い合わせ山形市観光案内協会   TEL:023-647-2266
山形市役所ホームページ

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ