鮭延城跡(別名:舞鶴、真室城)

―― 真室川を望む高さ約百メートルの要害無比の堅城 ――
主郭跡に建つ石碑と説明板
ダブルクリックで拡大図(83kB)へ
主郭跡に建つ石碑と説明板
真室川対岸からの鮭延城遠望(西面)
ダブルクリックで拡大図(54kB)へ
真室川対岸からの鮭延城遠望(西面)

 戦国時代に当地を領した近江源氏佐々木氏の城にて、佐々木綱村の時、一族を率いて出羽に下り、仙北の城主小野寺氏の客将となり、関口の番城を預かって居住したが、貞綱の時代、小野寺氏の南進拠点として真室郡に派遣され、天文4年(1534)この地に城を築いたのが始まりで、面積百ヘクタール西北高さ約百メートルの鮭延城は真鶴城とも呼ばれた。
 以来百年間要害無比の堅城であった。

 天正9年(1681)最上義光軍の功城戦に、当時16才の城主秀綱は、一旦は降伏するが、三月の合戦に数々の武功をあげた秀綱の豪勇を評価した重光に重臣として取り上げられ、その後最上家の家老となり、一万五千五十石鮭延越前守源秀綱と号した。

西側麓よりの登城口の搦手門跡
ダブルクリックで拡大図(85kB)へ
西側麓よりの登城口の搦手門跡
主郭跡にある鮭延城跡イメージ図
ダブルクリックで拡大図(44kB)へ
主郭跡にある鮭延城跡イメージ図
 元和8年(1622)最上家改易にともない、越前守秀綱は総州佐倉土井家に預けられ、翌元和9年、戸沢政盛が入城したが、交通不便と狭すぎると新庄沼田に新城を築き、寛永2年(1625)藩主以下の移住が行われ、鮭延城は廃城となった。

 城地は、真室川の東側丘陵上に位置し、西端に主郭、その東側に二之郭、三之郭が取り囲んで、東端には2本の空堀が存在し、大手道があったとされていますが、大手門跡の標柱も根元から腐って、倒れており、整備状況が余り芳しくなく、萱がいっぱいで確認できませんでした。

 でも、内町内の搦め手門跡からの登城口は整備され、主郭からの眺望は最高です。
搦手門跡
西側麓からの登城口の搦手門跡標識
クリックで拡大図(84kB)にいきます。 西側麓搦手門跡からの登城口 搦手門跡前からの内町集落の道路(南方面)
西側麓からの登城口の
搦手門跡標識
西側麓搦手門跡からの
登城口
搦め手門跡前からの
内町集落の道路(南方面)
top へ
主郭跡
主郭搦手口への登り口 登り口からの主郭搦手口
主郭搦手口への登り口 登り口からの主郭搦手口 (17kB)
搦手口から上がってすぐの二ノ郭跡?(北東方面)
搦手口から上がってすぐの二ノ郭跡?(北東方面) (16kB)
真ん中の緑の草道は、主郭跡と二ノ郭跡の間の大手道跡か?(北西方面) 主郭跡イメージ図 へ
クリックで拡大図(34kB)にいきます。
真ん中の緑の草道は、主郭跡と二ノ郭跡の間の大手道跡か?(北西方面) (21kB)
主郭跡中心にある城址石碑と説明板(北東方面)
クリックで拡大図(71kB)にいきます。 根元から腐って折れていた主郭跡北側に位置する大手門跡の標柱 手入れのされていない主郭跡北側の大手門跡への登り道
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
主郭跡中心にある城址石碑と
説明板(北東方面)
根元から腐って折れていた主郭跡
北側に位置する大手門跡の標柱
手入れのされていない主郭跡
北側の大手門跡への登り道
主郭西側展望台からの南方面の眺望
クリックで拡大図(80kB)にいきます。 主郭西側からの北方面 下に真室川が流れる主郭西側から眺望(北西方面)
クリックで拡大図(45kB)にいきます。
主郭西側展望台からの
南方面の眺望
主郭西側からの北方面
 
下に真室川が流れる
主郭西側から眺望(北西方面)
top へ

 鮭延城跡                                   平成21年4月30日時点  
◇所在地 ・山形県最上郡真室川町内町
◇交通 ・JR奥羽本線真室川駅より線路沿いに南下し、橋と反対の内町内への道を左折し進むと、
   〜民家の間に搦め手門跡の登城口の標識有
・JR新庄駅前から羽州街道(国道13号線)を約7km程北上し、
   〜泉田駅入口の信号を左折して、奥羽本線沿いに県道58号線を西進、
   〜県道35号線に入り約7km程北上し、真室川町に入って
   〜最初の橋と反対の道へ右折して、内町へ入って進むと搦め手門跡口の標識有
◇駐車場 ・近くには駐車場なし、登城口前の路肩を利用
◇問い合わせ真室川町ポータルサイトゆめねっと
真室川町公式ページ  (真室川町企画課)  TEL:0233-62-2111(代)

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ