狩川城跡(別名:楯山城)

―― 大手門から清川街道を眼下に、背後に深山を抱える要害の城 ――

空堀の上に架かる橋からの楯山公園入口(北方面)
ダブルクリックで拡大図(63kB)へ
空堀の上に架かる橋からの
楯山公園入口(北方面)
空堀跡から二の丸跡への登り口(南東方面)
ダブルクリックで拡大図(89kB)へ
空堀跡から二の丸跡への
登り口(南東方面)
 慶長6年(1601)、庄内を支配した最上義光の命で、北楯大学利長が狩川(楯山)城の城主になりました。
 当時の城は、南北126.7m/東西90.5mと細長い形態でした。
 大手門からは清川街道を眼下に見下ろし、二の丸、三の丸も狭く背後に深山を抱える要害の地だったのです。

 元和元年(1625)、一国に一城しか許されない制度によって、狩川(楯山)城は破棄され荒れ果ててしまいましたが、大正4年(1915)、羽黒町出身の星野勇三博士の設計で大正天皇御即位を記念する公園がつくられました。

 大正7年(1918)、旧城主北楯大学利長を奉る北楯神社をこの地に移し、吉野桜を育てるなどの公園整備によって、庄内平野を見下ろす雄観から名所として知られるようになりました。

楯山公園入口からの狩川城跡南東部
ダブルクリックで拡大図(87kB)へ
楯山公園入口からの
狩川城跡南東部
毎春桜の花で満開の本丸跡広場(北方面)
ダブルクリックで拡大図(102kB)へ
毎春桜の花で満開の
本丸跡広場(北方面)
 太平洋戦争で桜の木は殆ど伐採されてしまいましたが、昭和22年(1947)から篤志家によって桜の植樹が続けられ、復活しました。
 その後の整備事業で諸施設も拡充し、現在ではグランドゴルフ公認コースとなって、ここ桜の名所はより親しまれる公園になりました。

[ 楯山公園(狩川城跡)案内図 (95kB) ]

 笠山から北へ突き出た尾根を利用して、先端部の本丸へは、深い空堀を渡って入る構造で、東西100mx南北130m程で、東側と西側に帯郭があります。
 最北側には麓のから階段が設けられ、直登出来ますが、多分後世の物でしょうか。

 本丸跡南側には二ノ丸、三ノ丸跡が位置していますが、遺構はほとんどなく、現在はグランドゴルフ場や野球場などになっています。
入口手前のグランド下にある公園案内板と石碑 空堀の上に架かる橋からの楯山公園入口(北方面)
クリックで拡大図(63kB)にいきます。 楯山公園入口からの狩川城跡南東部
クリックで拡大図(87kB)にいきます。
入口手前のグランド下にある
公園案内板と石碑
空堀の上に架かる橋からの
楯山公園入口(北方面)
楯山公園入口からの
狩川城跡南東部
楯山公園グランドとなっている本丸跡北西部分(北方面)
楯山公園グランドとなっている本丸跡北西部分(北方面) (31kB)
本丸跡北側の下り口方面 本丸跡から狩川駅方面への北側下り階段 本丸北端腰郭跡(東方面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
本丸跡北側の下り口方面
 
本丸跡から狩川駅方面への
北側下り階段
本丸北端腰郭跡(東方面)
 
本丸北端腰郭跡(西方面) 本丸西側からの下り道のある西側腰郭跡(北方面) 本丸跡西側下の腰郭跡(南方面)
本丸北端腰郭跡
(西方面)
本丸西側からの下り道のある
西側腰郭跡(北方面)
本丸跡西側下の腰郭跡
(南方面)
本丸跡楯山公園グランドからの公園入口、南西方面(南方面)
本丸跡楯山公園グランドからの公園入口、南西方面(南方面) (30kB)
本丸跡東側にある登り道(大手口跡か?) 本丸東側下の腰郭跡(北方面) 本丸南側空堀跡そばからの東側腰郭跡への道
本丸跡東側にある登り道
(大手口跡か?)
本丸東側下の腰郭跡
(北方面)
本丸南側空堀跡そばからの
東側腰郭跡への道
空堀跡から本丸跡への登り口(北東方面) 本丸東南下から空堀跡(西方面) 空堀跡から二の丸跡への登り口(南東方面)
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
空堀跡から本丸跡への
登り口(北東方面)
本丸東南下から空堀跡
(西方面)
空堀跡から二の丸跡への
登り口(南東方面)
本丸南側下の空堀跡を下る道 本丸南側下の空堀跡を下る道 本丸南側下の空堀跡を下る道
本丸南側下の空堀跡を
下る道(上段部)
本丸南側下の空堀跡を
下る道(中段部)
本丸南側下の空堀跡を
下る道(下段部)
笠山グランドになっている二の丸跡の北側土塁 公園入口の二の丸跡の土塁
笠山グランドになっている二の丸跡の北側土塁 (20kB) 公園入口の二の丸跡の土塁
二の丸跡の笠山グランド(南西方面) 城跡東下駐車場からの二の丸跡に建つ歴史民族資料館
二の丸跡の笠山グランド
(南西方面)
城跡東下駐車場からの二の丸跡に建つ歴史民族資料館 (14kB)
 
top へ

 狩川城跡(楯山公園)                                   平成21年4月29日時点  
◇所在地 ・山形県東田川郡庄内町(旧立川町)狩川
◇交通 ・JR陸羽西線狩川駅から、徒歩約20分(約1km)
・山形自動車道鶴岡IC〜国道7号線を約700m北上〜2つめの信号を県道47号線へ右折、
   〜すぐに鶴岡駅方面へ県道332号線を左折〜鶴岡駅前を過ぎ、国道345号線を北上し、
   〜JR陸羽西線の手前立川町狩川町内を狩川駅方面に県道33号線を右折し、
   〜狩川駅前を過ぎて最初を右折して楯山公園へ
◇駐車場 ・楯山公園下の駐車場を利用
◇問い合わせ庄内町観光協会(庄内町商工観光課内)  TEL:0234-42-2922
・歴史民族資料館(旧狩川村役場)     TEL:0234-56-2409
    [時間:10:00〜16:00、休館日:月曜,祝日の翌日,年末年始、料金:無料]

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ