平形館跡

―― 藤島城の橋頭堡として重要な役割を果たしていた館跡 ――
平形館跡の土塁と説明板(西方面)
ダブルクリックで拡大図(64kB)へ
平形館跡の土塁と説明板
(西方面)
畑となっている主郭跡南側を望む
畑となっている
主郭跡南側を望む

 平形館跡は、鎌倉時代に造られた相当大身の在地豪族のものであり、藤島城の橋頭堡として重要な役割を果たしていた館跡である。

 現在、土塁は西側の南半分だけ残っているが、方形に巡っていて、さらにその周りを濠で囲んである。
 屋敷は、東西約百米、南北約百五十米であるが、これは明治時代の字切図とほぼ一致している。

 昭和51年(1976)から実施された圃場整備事業に伴い、大規模な発掘調査が行われたが、この土塁は、十二層にわたる版築の跡が認められた。
 また、内部は南北に細長い建物跡が数棟みられ、しかも数度にわたって建替えられたものと推定される。

平賀部落にある館跡案内図
ダブルクリックで拡大図(53kB)へ
平賀部落にある館跡案内図
館跡を分断する羽越本線
館跡を分断する羽越本線
 ただ、館主は何人か判然としないが、天正検地に反対し、川南一揆を指揮して犠牲となった平賀善可は有名である。
 おそらく、この時期に破壊されたものであろうが、土塁は原型をとどめており、規模と共に当地方唯一の館跡といわれている。

[ 平形館跡 字切図(略図) (20kB) ]

 平形館は、単郭の方形状でかつては、外周を土塁で囲み、その外側に外堀を擁していたそうですが、現在は、大半が農地となり、土塁・堀もほとんどなく、更に羽越本線によって分断されています。
 唯一西側の土塁の一部が残っているのみです。

館跡外側からの土塁北端(西面) 土塁北端からの土塁外側西面(南方面) 西側土塁中間からの土塁北端方面
>館跡外側からの
土塁北端(西面)
土塁北端からの
土塁外側西面(南方面)
西側土塁中間からの
土塁北端方面
館跡内からの土塁北端から南方面(東面) 土塁北端上からの館跡を横切る羽越本線(南東方面)
クリックで拡大図(71kB)にいきます。
館跡内からの土塁北端から南方面(東面) (15kB)
 
土塁北端上からの館跡を横切る
羽越本線(南東方面)
館跡南東端からの西側土塁全景(北方面)
クリックで拡大図(52kB)にいきます。
館跡南東端からの西側土塁全景(北方面) (16kB)
羽越本線線路から館跡西側土塁全景(北西方面)
クリックで拡大図(70kB)にいきます。 羽越本線線路から館跡西側土塁(北西方面)
クリックで拡大図(80kB)にいきます。 羽越本線線路からの館跡土塁北端(北西方面)
クリックで拡大図(69kB)にいきます。
羽越本線線路から
館跡西側土塁全景(北西方面)
羽越本線線路から
館跡西側土塁(北西方面)
羽越本線線路からの
館跡土塁北端(北西方面)
top へ

 平形館跡                                   平成21年4月29日時点  
◇所在地 ・山形県鶴岡市平形字桜屋敷
◇交通 ・JR羽越本線藤島駅から、徒歩約20分(約1.5km)
・山形自動車道鶴岡IC〜国道7号線を約700m北上〜2つめの信号を県道47号線へ右折、
   〜すぐに鶴岡駅方面へ県道332号線を左折〜鶴岡駅前を過ぎ、国道345号線を直進し、
   〜藤島駅入口を左折し、藤島川を渡って藤島駅手前の路地を右に入り、
   〜JR踏切を渡り最初の農道を右に入ると右手畠の中
◇駐車場 ・JRの踏切を渡ってすぐに入った農道の路肩に駐車スペースあり
◇問い合わせ ・鶴岡市藤島庁舎 産業課   TEL:0235-64-5804
山形県鶴岡市観光連盟   TEL:0235-25-2111(代)

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ