東根城跡(別名:小田島城、東根陣屋)

現在東根小学校の敷地となっている本丸跡
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
現在東根小学校の敷地
となっている本丸跡
本丸西南の東根小学校正門横にある大ケヤキ(南東面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
本丸西南の東根小学校正門横にある
大ケヤキ(南東面)

 東根城(当初小田島城と称した)は、南北朝時代の貞和3年(1347)に小田島長義が築いたのが始まりとされます。
 その後、応永2年(1395)に天童頼直の四男頼高が小田島城に入り、東根氏を名乗りました。

 戦国時代末期になると最上氏と天童氏の争いが激化し、東根氏は「天童八楯」の一翼を担っていましたが、最上氏の内部工作の末、重臣である里見源右衛門(景佐?)が最上氏についた為、東根氏は分断され東根城は落城します。

 東根氏は、里見景佐が継ぎ最上氏に臣従する事で1万2千石の大身として迎え入れられました。
 景佐は領国経営を積極的に行い、城郭や城下町の整備や神社仏閣の勧請など多くの実績を残しています。
現在は住宅地となっている本丸西側に位置する二の丸跡
ダブルクリックで拡大図(53kB)へ
現在は住宅地となっている
本丸西側に位置する二の丸跡
かっては堤堀として利用されていた三の丸跡の光専寺沼
ダブルクリックで拡大図(59kB)へ
かっては堤堀として利用されていた
三の丸跡の光専寺沼

 関ヶ原の戦いでも上杉勢と戦い功をあげましたが、元和8年に最上氏が改易になると里見氏も預りの身となり東根城は廃城となり、後に代官陣屋が築かれたとされます。

 現在は本丸部分が東根小学校の敷地となり、二の丸跡には愛宕神社、三の丸跡には養源寺(境内には里見景佐の御霊屋があります。)があり、堀とした沼が城跡を取り囲むように点在しています。
 小学校の塀は城壁を模し、本丸跡に聳える東根大ケヤキ(国指定特別天然記念物)は日本一の大きさを誇ると言われています。

[ 東根城址の郷「龍興寺沼公園」 案内図 (110kB) ]


二の丸と三の丸の間に位置する龍興寺沼と竜神神社(西方面)
ダブルクリックで拡大図(37kB)へ
二の丸と三の丸の間に位置する
龍興寺沼と竜神神社(西方面)
そばを県道304号線が通る三の丸跡の善光寺の梵鐘と延命地蔵堂
ダブルクリックで拡大図(34kB)へ
そばを県道304号線が通る
三の丸跡の善光寺梵鐘と延命地蔵堂
 東根城の三の丸跡にある「東の社資料館」は、藩政時代の旧家、横尾家の酒蔵を利用した東根市の歴史民俗資料館です。
 縄文時代の異形注口土器、長瀞陣屋絵図、東根城絵図、紅花絵巻など、貴重な資料から東根の歴史を知ることができます。

 城城地は、南端に本丸を位置し、その北・西・南側を覆うように二ノ丸、更にその外側に三ノ丸をおいて、北側と北東側に沼地が存在し、堀の役目を果たしていたそうです。
 現在は、本丸跡は東根小学校があり、正門横には、樹齢1500年以上といわれる大ケヤキが残っています。しかし、二ノ丸、三ノ丸は宅地化され、遺構はほとんど残っていません。
top へ
龍興寺沼(二の丸と三の丸の間)
龍神神社下からの龍興寺沼の休憩所と大ケヤキ方面(南南東方面)
クリックで拡大図(50kB)にいきます。 県道304号線側の龍興寺沼(南西方面) 沼の北側に鎮座する龍神神社と大イチョウ
クリックで拡大図(46kB)にいきます。
龍神神社下からの龍興寺沼と
大ケヤキ方面(南南東方面)
県道304号線側の
龍興寺沼(南西方面)
沼の北側に鎮座する
龍神神社と大イチョウ

二の丸跡
本丸跡南端そば二の丸跡の小楯公民館(北面) 二の丸南東端に位置する作城稲荷神社
クリックで拡大図(70kB)にいきます。 二の丸南東端に位置する作城稲荷神社鳥居
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
本丸跡南端そば二の丸跡の
小楯公民館(北面)
二の丸南東端に位置する作城稲荷神社 二の丸南東端に位置する作城稲荷神社鳥居
本丸北側、光専寺沼東下に広がる二の丸跡?
本丸北側、光専寺沼東下に広がる二の丸跡? (17kB)
top へ

本丸跡(東根小学校)
本丸側北側の小学校の模擬白壁(南方面) 模擬白壁で覆われている本丸南端(北方面)
クリックで拡大図(70kB)にいきます。 本丸南端の模擬白壁(東方面)
本丸側北側小学校の
模擬白壁(南方面)
模擬白壁で覆われている
本丸南端(北方面)
本丸南端の模擬白壁
(東方面)
東根小学校の校舎と大ケヤキ(北方面)
クリックで拡大図(54kB)にいきます。 本丸跡の東根小学校のグランド(東方面)
東根小学校の校舎と
大ケヤキ(北方面)
本丸跡の東根小学校のグランド(東方面) (9kB)
現在東根小学校の敷地となっている本丸跡
クリックで拡大図(69kB)にいきます。 大ケヤキの根元にある小田島城本丸跡石碑
クリックで拡大図(106kB)にいきます。 本丸跡に残るの土塁跡か?
クリックで拡大図(97kB)にいきます。
現在東根小学校の敷地
となっている本丸跡
大ケヤキの根元にある
小田島城本丸跡石碑
本丸跡に残るの土塁跡か?
 
top へ
三の丸東側に位置する光専寺沼
東根小学校裏の遊歩道からの光専寺沼(北方面)
東根小学校裏の遊歩道からの光専寺沼(北方面) (32kB)
堤道と対面の光専寺沼と光専寺(北方面)
堤道と対面の光専寺沼と光専寺(北方面) (16kB)

三の丸西側に位置する中沼
龍興寺沼の西側にある中沼
龍興寺沼の西側にある中沼 (32kB)
top へ

 東根城跡(小田島城跡)                            平成21年4月30日時点  
◇所在地 ・山形県東根市長瀞字楯の内
◇交通 ・JR奥羽本線東根駅東口より約800m程直進し、県道29号線を南に右折し、
   〜約1.5km程南進し、県道304号線に左折して、約200m程進むと、
   〜東根城址の郷「龍興寺沼公園」へ(徒歩約45分)
◇駐車場 ・龍興寺沼公園、又は、東の社資料館の駐車場を利用
◇問い合わせ ・東の社資料館          TEL:0237-43-4902
東根市経済部商工観光課   TEL:0237-42-1111(代)
東根市観光物産協会課    TEL:0237-41-1200

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット
山形県の町並みと歴史建築のホームページの
   [東根市:東根城(小田島城)のページ]を参考にさせていただいております。

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ