長谷堂城跡

―― 天地人・兼続の猛攻撃を凌いだ最上領西南守りの城 ――

虎口側からの主郭跡山頂広場(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(82kB)へ
虎口側からの主郭跡
山頂広場(北西方面)
長谷堂観音方面からの主郭跡への登り口(南面)
ダブルクリックで拡大図(108kB)へ
長谷堂観音方面からの
主郭跡への登り口(南面)
 長谷堂城跡は、山形城の西南約7キロに位置し、標高227m、比高85mの独立丘陵に築かれた山城で、古くから天然の要害であった。
 この地に城砦が築かれた時期は明らかではないが、永正11年(1514)置賜の伊達稙宗軍に一時占領されたという文献が残されており、少なくともそれ以前であったと考えられている。
 その後、最上領西南の守りとして、本沢川から導水して深堀をめぐらし、土塁を築く等強固な城砦に整備された。

 慶長5年(1600)「出羽の関ヶ原合戦」といわれた攻防戦があり、全国きっての智将、会津の上杉景勝の家老直江山城守兼続が、山形に最上義光を攻めた合戦の折、最上軍の将、志村伊豆守光安が長谷堂城に拠って、二万数千の大軍の猛攻撃から、半月間にわたって凌ぎ城を守りきった。
 このことから、長谷堂城は「難攻不落」として戦史に残る事になる。

南西部にある堀と土塁を配置した二重横堀
ダブルクリックで拡大図(102kB)へ
堀と土塁を配置した
二重横堀(南西部)
主郭南部にある二の郭跡に建つ長谷堂観音
ダブルクリックで拡大図(92kB)へ
主郭南部二の郭跡に建つ
長谷堂観音
 戦後、光安は加増され庄内酒田の亀ヶ崎城主となり、その後、成沢城から坂紀伊守光秀が移封され、長谷堂城下の整備に尽くした。
 元和2年(1616)光秀の没後、光重が後を継いだが、元和8年(1622)最上家改易と同時に廃城となった。

[ 長谷堂城と周辺の縄張り図 (109kB) ]

 城地は、南北約670m、東西約400mの小規模な独立丘陵の一番高い部分に主郭が築かれ、頂上からは城内各所への見通しがよいのみならず、山形盆地が見渡せる位置にあります。
 主郭の下方に行く段もの平坦な曲輪が造成され、間を縫うように通路が造られています。
 南は本沢川が天然の堀の役割を果たし、西から北端を廻り東側にかけては、一部二重の水堀と土塁が回っていました。

東側に位置する大手門口(慈眼庵口)
ダブルクリックで拡大図(72kB)へ
東側に位置する
大手門口(慈眼庵口)
北側に位置する城跡公園前の八幡崎口
ダブルクリックで拡大図(83kB)へ
北側に位置する
城跡公園前の八幡崎口
 現在、土塁は失われていますが、水堀の一部は水路等として残っています。
 内側の水堀と土塁は内町・西向地区を、外堀は出倉地区を包んで、城郭と町場の双方を防衛するような構造になっていました。

[ 長谷堂城跡の空撮図と推定復元図 (77kB + 60kB) ]

[ 長谷堂城跡(公園) 案内図 (101kB) ]

 登城口は、東側の大手門口(慈眼庵口)、観音坂口、西側の西向口、湯田口などありますが、整備された長谷堂城跡公園に車を止め、城跡のパンフレットを入手してから登城できる北側の八幡崎口が便利です。
大手門口(内町口、慈眼庵口)と大手道
大手門口からの大手道入り口 石段が設けられている大手道 大手門口を登ってすぐ右側にある阿弥陀堂(慈眼庵)
クリックで拡大図(112kB)にいきます。
大手門口からの
大手道入り口(東側)
石段が設けられている大手道
 
大手門口を登ってすぐ右側にある
阿弥陀堂(慈眼庵)
top へ
八幡崎口と水堀
長谷堂城跡公園駐車場からの城跡遠望(南方面)
長谷堂城跡公園駐車場からの城跡遠望(南方面)(15kB)
八幡崎口からの城跡公園(北方面) 整備中の水堀跡(南方面) 整備中の水堀跡(北方面)
八幡崎口からの城跡公園
(北方面)
整備中の水堀跡
(南方面)
整備中の水堀跡
(北方面)
八幡神社案内石碑の立つ八幡崎口 八幡崎口を登ってすぐにある八幡神社(北方面)
クリックで拡大図(88kB)にいきます。 主郭下土塁からの八幡崎口への尾根道(北方面)
八幡神社案内石碑の立つ
八幡崎口(西方面)
八幡崎口を登ってすぐにある
八幡神社(北方面)
主郭下土塁からの
八幡崎口への尾根道(北方面)
阿弥陀堂からの東斜面遊歩道 八幡神社入口前からの主郭への尾根道
クリックで拡大図(92kB)にいきます。 西斜面にある帯曲輪
阿弥陀堂からの
東斜面遊歩道(北西方面)
八幡神社入口前からの
主郭への尾根道(南方面)
西斜面にある
帯曲輪(西方面)
top へ
主郭周辺の曲輪と土塁
主郭への道の途中にある横矢掛け
クリックで拡大図(109kB)にいきます。 横矢掛けのある主郭東側下の帯曲輪(北方面)
主郭への道の途中にある
横矢掛け(東面)
横矢掛けのある主郭東側下の
帯曲輪(北方面) (16kB)
八幡崎口からの峰筋から上がった主郭北側下の帯曲輪
八幡崎口からの峰筋から上がった主郭北側下の帯曲輪(北面)(23kB)
大手道からの主郭東側2段下の帯曲輪(北西方面) 八幡崎口から主郭への北峰筋にある土塁(南西方面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
大手道からの主郭東側2段下の
帯曲輪(北西方面) (16kB)
八幡崎口から主郭への北峰筋にある
土塁(南西方面)
大手道からの東峰筋の曲輪
大手道からの東峰筋の曲輪(南東方面)(30kB)
top へ
主郭
虎口に建つ稲荷神社(南西方面) 虎口からの主郭山頂広場(北西方面) 主郭中心の土塁跡
クリックで拡大図(85kB)にいきます。 主郭広場東側
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
虎口に建つ稲荷神社(南西方面) 虎口からの主郭山頂広場(北西方面) (15kB)
虎口方面の主郭山頂広場東側(南東方面)
虎口方面の主郭山頂広場東側(南東方面) (29kB)
主郭山頂広場西側(南方面)
主郭山頂広場西側(南方面) (30kB)
春日神社前からの主郭への急な登り道(南東面) 長谷堂観音方面からの主郭跡への登り口(南面)
ダブルクリックで拡大図(108kB)へ
春日神社前からの主郭への急な登り道(南東面) (16kB)
 
長谷堂観音方面からの
主郭跡への登り口(南面)
top へ
二ノ郭
長谷堂観音側からの二ノ郭と主郭の中間地点(北方面) 主郭南下の春日神社前からの二ノ郭の長谷堂観音(南方面) 長谷堂観音側からの鐘付堂(北方面)
クリックで拡大図(96kB)にいきます。
長谷堂観音側からの
二ノ郭と主郭の中間地点(北方面)
主郭南下の春日神社前からの
二ノ郭の長谷堂観音(南方面)
長谷堂観音側からの鐘付堂
(北方面)
二の郭跡に建つ長谷堂観音(南南東方面)
クリックで拡大図(92kB)にいきます。 二ノ郭南奥に立つ長谷堂観音(北西面)
クリックで拡大図(98kB)にいきます。 土塁や礎石跡の残る二郭跡西側(南方面)
二の郭跡に建つ
長谷堂観音(南南東方面)
二ノ郭南奥に立つ
長谷堂観音(北西面)
土塁や礎石跡の残る
二郭跡西側(南方面)
二ノ郭西側最下段の二重横堀へ続く帯曲輪(南方面) 二ノ郭西側下の二重横堀への道(南方面)
二ノ郭西側下の帯曲輪(南方面) (16kB)
 
二ノ郭西側最下段の
二重横堀へ続く帯曲輪(南方面)
二重横堀の上段の堀と土塁 二重横堀の下段の堀と土塁 二重横堀の上からの二段の堀と土塁
二重横堀の
上段の堀と土塁(南方面)
二重横堀の
下段の堀と土塁(南方面)
二重横堀上からの
二段の堀と土塁(西方面)
top へ

 長谷堂城跡                                      平成21年5月1日時点  
◇所在地 ・山形県山形市大字長谷堂
◇交通 ・山形自動車山形蔵王IC〜国道286号線(笹谷街道)を西進し〜国道348号線(小滝街道)〜
   〜国道348号線との交差点を過ぎてすぐの長谷堂・谷地前を左折し、長谷堂城跡公園
◇駐車場 ・八幡先口の長谷堂城跡公園の無料駐車場を利用
◇問い合わせ ・山形市まちづくり推進部 公園緑地課  TEL:023-641-1212(内線530)
山形市観光協会              TEL:023-647-2266

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ