左沢(あてらざわ)楯山城跡

―― 最上川流路の転換点で、東西南北の街道が交差する交通要衝の地の城 ――

三の丸下の段・駐車場からの上の段・八幡平方面(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(83kB)へ
三の丸下の段・駐車場からの
上の段・八幡平方面(北西方面)

 
三の丸上の段・八幡平からの主郭(西斜面)
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ
三の丸上の段・八幡平からの
主郭(西斜面)

 
 左沢楯山城跡は、14世紀後半に寒河江大江氏七代大江時茂の三男元時により築城されたと伝えられています。
 調査の結果より15世紀後半から17世紀前半に活発に活用されたと考えられます。
 その後、大江氏は天正12年(1584)に最上義光に滅ぼされ、城も最上氏のものとなりました。
 元和8年(1622)に最上氏が改易されると、酒井直次が左沢に入封しました。
 直次は左沢楯山城を廃して、小漆川の高台に新城小漆川城を築城し、城下の造営に着手しました。

 左沢楯山城は自然の沢を巧みに取り込んで構成されており、城内には段状の曲輪や切岸、堀切等が良好な状態で残されています。
 城跡は城内を横断する蛇沢により、北側丘陵と南側丘陵に分かれています。
 北側丘陵は「八幡座」「寺屋敷」、南側丘陵は「千畳敷」「八幡平」等の曲輪が中心になっています。
下の段にある案内板と三の丸跡石碑(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(97kB)へ
下の段にある案内板と
三の丸跡石碑(北西方面)

 
三の丸先端部楯山公園からの蛇行する最上川(南方面)
ダブルクリックで拡大図(72kB)へ
三の丸先端部楯山公園からの
蛇行する最上川(南方面)

 
 ここは最上川の流路の転換点であり、東西南北の街道が交差する交通の要衝の地でもあり、交通路を押さえるという意味で中世城館としての大きな役割を担っていました。

[ 左沢楯山城跡の縄張り図 (144kB) ]

 城地は、最上川が転換する左岸の北側に位置し、自然の沢を巧みに取り込んで、主郭にあたる八幡座、寺屋敷のある北側丘陵と三の郭にあたる八幡平とその東側に二の郭にあたる千畳敷を配置した南側丘陵からなり、それぞれには段々状の帯郭や堀切がよく残っています。

 三の郭の楯山公園へは車で行くことができ、その上の八幡平は結構広く、整備されていませんが、そこからの主郭へは手の届く位置にあり、すぐにでも登れそうな雰囲気です。
三の丸上の段・八幡平(北西方面)
クリックで拡大図(116kB)にいきます。 八幡平からの三の丸段曲輪、蛇沢、本丸跡西斜面(北東方面) 三の丸段曲輪、蛇沢 へ
クリックで拡大図(99kB)にいきます。
三の丸上の段・八幡平
(北西方面)
八幡平からの三の丸段曲輪、蛇沢、本丸跡西斜面(北東方面) (16kB)
 
三の郭上の段西側の自然の家方面の道(西北西方面)
クリックで拡大図(111kB)にいきます。 蛇沢(本丸跡側)からの三の丸上の段(北東面)
三の郭上の段西側の
自然の家方面の道(西北西方面)
蛇沢(本丸跡側)からの三の丸上の段(北東面) (20kB)
 
三の丸中間駐車場横にある古峰神社石碑(西南面)
クリックで拡大図(71kB)にいきます。 三の丸上の段東側の段曲輪(北西方面)
三の丸中間駐車場横にある
古峰神社石碑(西南面)
三の丸上の段東側の段曲輪(北西方面) (19kB)
 
三の丸下の段と中間にある古峰神社石碑(西南西方面)
三の丸下の段と中間にある古峰神社石碑(西南西方面) (22kB)
三の丸跡先端の楯山公園の見晴らし所 三の丸中間の駐車場と説明板(西方面)
三の丸跡先端の
楯山公園の見晴らし所
三の丸中間の駐車場と説明板(西方面) (24kB)
 
三の丸先端からの最上川と左沢市街地
三の丸先端からの最上川と左沢市街地 (20kB)
top へ

 左沢楯山城跡 (楯山公園)                       平成21年4月30日時点  
◇所在地 ・山形県西村山郡大江町左沢
◇交通 ・JR左沢線左沢駅下車、徒歩約30分
・山形道寒河江IC〜国道112号線を約2km程北上し、左折して県道23号線
   (西部街道)へ入り、寒河江市内を西進し、大江町市街で右折して、
   国道458号線に入り、左沢部落に入り朝日少年自然の家を過ぎて、
   楯山公園へ(約12km))
◇駐車場 ・三の郭の案内板前の公園駐車場を利用
◇問い合わせ大江町産業振興課   TEL:0237-62-2139

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ