仙台城址(別名・青葉城)

―― 広瀬川西岸の青葉山に築かれた平山城 ――

本丸中心にある伊達政宗像
本丸中心にある伊達政宗像
 
復元された大手門隅櫓
ダブルクリックで拡大図へ(46kB)
復元された大手門隅櫓
 
 仙台城は、初め千体城、後に千代城と称し、鎌倉時代の末から室町時代の中頃にかけて島津氏が陸奥守として居城したといい、室町時代の末頃には国分荘の国人国分氏が一時居城したともいい伝えられているが明らかではない。

 豊臣秀吉の頃、後の仙台藩祖伊達政宗公は、天正19年(1591)以来58万石を領して玉造郡岩出山城に在ったが、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いに徳川家康を助け、石田三成と呼応した会津の上杉景勝を牽制し、家康をして二正面同時作戦の不利を回避させた功により新たに刈田郡を増加、仙台60万石(後に近江、常陸でに2万石増加)に封ぜられた。
 この時政宗公34才、大いに工を起こして仙台城を築城、同時に戸数1万8百、人口5万2千の城下町を開いた。
 二代藩主忠宗公に至って、二の丸、三の丸を造営し、62万石の雄藩にふさわしい城郭を完成した。
本丸からの見下ろした艮櫓跡下の石垣
ダブルクリックで拡大図へ(60kB)
本丸からの見下ろした
艮櫓跡下の石垣
隅櫓の内側
ダブルクリックで拡大図へ(46kB)
隅櫓の内側
 
 かくして、仙台城は藩祖以来伊達氏13代270年にわたり1度も戦火を被らなかった平和な城として郭内の殿舎、楼櫓を完全に保存して明治時代に至ったが、維新後破却せられ、あるいは火を失し、戦災によりなどして全滅に帰した。
 なお、本丸の地は仙台七崎の一つ青葉ヶ崎で仙台城の俗称を青葉城と呼ぶのはこのためである。

 仙台城の本丸は、海抜115〜140mの丘陵性台地に立地し、東西約243m、南北265mの広さがあって、東側が広瀬川に臨む断崖であり、西側を青葉山(御裏林と呼ばれる深い原生林)、南側を竜の口峡谷が囲むという天険の要害となっている。
 この北側には石垣が築かれ、登城口が設けられていた。
 詰の門はこの入口に建てられた門で、正保の絵地図によると二階建・瓦葺で、棟の両端に鯱が載っていた。
仙台城祉バス停前からの本丸石垣
ダブルクリックで拡大図へ(40kB)
仙台城祉バス停前からの
本丸石垣
大手門古写真
大手門古写真
 
 左右の石垣間の距離は、約19.5m(65尺)で、大手門と同じ幅(桁行)を持ち、門の左右(東西)には三重の脇櫓が築かれていたが、正保3年(1646)の地震で倒壊した。

 本丸には、天守閣はつくられなかったが、慶長6年(1601)の工事着手から大広間の完成する慶長15年(1610)まで約10年でほぼ全容が整い、大広間を含む広大な御殿、5ヶ所の櫓、大手門に匹敵する規模を有する詰の門などのほか、御掛造りと呼ばれる崖に突き出た数奇屋風書院、能舞台などすぐれた建物群が威容を誇っていた。
 しかし、二の丸造営後は次第に実用性を失い、明治維新後まもなくすべての建物が取り払われた。
[ 現地の説明板にあった 『仙台城本丸の鳥瞰図』 へ (98kB) ]

本丸南側出入口の埋門跡
本丸南側出入口の
埋門(うずみもん)跡

 
中の門跡の石垣
中の門跡の石垣
 

 
 二の丸は、寛永15年(1638)二台藩主伊達忠宗公によって造営され、その後幕末に至る二百数十年間、政治の中心地、藩主の日常生活の場として機能していた。
 二の丸には、小広間をはじめとする二の丸御殿、勘定所、郡方役所などが建てられており、当初、北西の地には、伊達政宗公の長女五郎八姫の住む西屋敷もあった。
 しかし、明治15年(1882)の火災によってほとんどの建物が焼失し、難を免れた大手門・脇櫓・虎ノ門も、昭和20年(1945)の戦災で焼失した。

 焼失した仙台城大手門は、素木造二階建、入母屋造本瓦葺で一階は正面七間、背面五間、二階は十間の規模で、桁行は六十五尺(約20m)あった。
 両脇と裏面は漆喰壁で禅宗様の火灯窓を持ち、正面か冠木に菊と桐の金箔押しの飾金具をあしらい棟の屋根に鯱をのせた堂々たる独立二階門で、全国随一の規模を誇る桃山期の建築様式を伝える威風堂々とした美しい城門で、二層の隅櫓とともに国宝にも指定されていた。
本丸東南の巽櫓跡
本丸東南の巽櫓跡
 

 
二の丸跡の散歩道
二の丸跡の散歩道
 

 
 現在の隅櫓は昭和39年(1964)に復元したものである。

 三の丸には米蔵などの収蔵施設が立ち並んでいたが、仙台藩初代藩伊達政宗公の時代には、庭園や茶室のある屋敷があった。
 正保の城絵図によると、その規模は東西約144m(80間)、南北約117m(5間)であった。
 この三の丸は堀と土塁で堅固に囲まれており、現在「五色沼」と呼ばれている堀は、北側の堀にあたる。また、現在「長沼」と呼ばれている堀は、東側の堀にあたり、正保の城絵図では南北の長さ約252m、深さが約4.5mあったとされている。

 「長沼」の東側には、延宝5年(1677)から幕末まで、伊達家の重臣片倉小十郎の屋敷があった。
 片倉小十郎は、慶長7年(1602)とり白石城主として伊達領南方の防備を担っており、知行は一万八千石と、伊達家における有数の大身侍であった。
三の丸東側の長沼
三の丸東側の長沼
 
隅櫓下からの五色沼
隅櫓下からの五色沼
 
 この白石城は、江戸時代の原則であった「一国一城制」の例外として公式に「城」として認められたものであった。

[ 現地説明板にあった仙台城祉の鳥瞰図へ (70kB) ]

 青葉城へは、市バス、タクシー、観光バスにせよ、「仙台城址」まで行かないで下さい。ちょく本丸跡に登ってしまいます。
 少し登りがきついですが、やはり博物館前あたりで下り、
 ・三の丸(現在市立博物館が建っています)の土塁、水堀(長沼と呼ばれています)を見て、
 ・坂を登り大手隅櫓と高石垣を見ながら大手門跡をくぐって
 ・右の二の丸跡を見て、
 ・戻って、さらに大手門跡を左に折れ、中の門跡を通り、
博物館前バス停からの青葉山公園入口と長沼
博物館前バス停からの
青葉山公園入口と長沼
博物館前バス停からの大手門への坂道
博物館前バス停からの
大手門への坂道
 ・本丸に登るか、
(ただし、三ノ丸あたりから大手門をくぐり、本丸まで青葉山を抜ける生活道路が通っているので、交通量は非常に多く要注意です)

 あるいは、博物館の奥に進み、
 ・魯迅の碑や銅像を右手に見ながら進んで、
 ・三の丸巽門跡(礎石がしっかり残っています)を通って
 ・清水門跡、そして沢の門跡経由で本丸に登るのがよいでしょう。

 本丸へたどり着いてからは、政宗公の銅像を見て、記念撮影して、青葉城史料展示館にいくのも良いでしょう。
top へ

  青葉城資料展示館                              平成18年3月9日時点  
◇交通JR仙台駅西口バスプール9「青葉通・工学部経由動物公園循環」、
  または、西口バスプール11「愛宕大橋経由動物公園循環」に乗って
          バス停「仙台城南」下車、徒歩約3分
◇開館時間・9:00〜17:00(4/1から11/3)
・9:00〜16:00(11/4から3/30)
◇開館日年中無休(ただし、年に数日、館の施設・設備等のメンテナンスのため休館します。)
◇入館料・一般:700円、大・高生:500円、中・小生:300円
 ※ 青葉城資料展示館のホームページから入場割引券をゲットするとお得です。
            (200円/200円/100円引き)
◇駐車場 ・有料駐車場 150台あり
◇問い合わせ青葉城資料展示館         TEL:022−227−7077
・仙台市総合観光案内所      TEL:022−222−4069
・仙台市博物館情報資料センター TEL:022−225−3074

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2006,2011,2014 kみむ