岡城跡(別名:竹田、臥牛城)

―― 天険要害の地に山城・平山城・平城の殿舎で構成される堅城 ――

城跡碑と大手門への坂道(北西方面)
クリックで拡大図(92kB)にいきます。
城跡碑と大手門への坂道
(北西方面)

 
 
大手門跡東側の古大手門跡の石垣(南東方面)
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
大手門跡東側の
古大手門跡の石垣(南東方面)

 
 岡城跡は、海抜325mの台地、岡城阯その広さは実面積で100万u、その広さは東京ドーム(46.755u)の22個分にあたる。
 大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つその姿はかつて「難攻不落」と言われた天然の要塞であったことを感じさせられる。

 岡城の築城は、文治元年(1185)大野郡緒方荘の武将緒方三郎惟栄(これよし)が、源頼朝と仲違いをしていた弟義経を迎えるため築城したと伝えられるが、惟栄は大持浦(兵庫県)を出航しようとして捕らえられ、翌年上野国(群馬県)沼田荘に流された。

 建武のころ豊後国守護 大友氏の分家で大野荘志賀村南方に住む志賀貞朝は、後醍醐天皇の命令を受け、岡城を修理して北朝と戦ったとされるが、志賀氏の直入郡への進出は、南北朝なかばの応安2年(1369)から後で、(『豊後国志』巻六 直入郡の項による。直入郡代官職・検断職を預けられた以降)、その城はきむれ(騎(木)牟礼)の城であった。のちに志賀氏の居城は岡城に移った。
中仕切跡手前から見た三の丸西面の石垣(北方面)
クリックで拡大図(103kB)にいきます。
中仕切跡手前から見た
三の丸西面の石垣(北方面)

 
中仕切跡からの三の丸太鼓櫓跡の石垣(北西方面)
クリックで拡大図(96kB)にいきます。
中仕切跡からの三の丸
太鼓櫓跡の石垣(北西方面)

 天正14年(1586)から翌年の豊薩戦争では島津の大軍が岡城をおそい、わずか18歳の志賀親次(親善)は城を守り、よく戦って豊臣秀吉から感状を与えられた。
 しかし、文禄2年(1593)豊後 大友義統(よしむね)が領地を没収されると、同時に志賀親次も城を去ることになった。

 文禄3年(1594)2月、播磨国三木城(兵庫県)から中川秀成が総勢四千人余で入部。
 築城にあたり志賀氏の館を仮の住居とし、(『中川史料集』に、「志賀湖左衛門親次が旧居に御住居」とあり、戦国時代の城郭を基礎として近世城郭の整備・城下の町割りなどをおこなった。)急ぎ近世城郭が形をととのえ、本丸は、慶長元年(1597)に完成、寛文3年(1663)には西の丸御殿がつくられ、城の中心部分とされていった。
 岡城は山城的殿舎(御廟)、平山城的殿舎(本丸・二の丸・三の丸)、平城的殿舎(西の丸)で構成され、これらが一体となっていることは近世城郭史上特異な城である。
中川覚左衛門屋敷跡と北西角の石垣で囲まれた高台
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
中川覚左衛門屋敷跡と
北西角の石垣で囲まれた高台
本丸跡碑と一段高い石垣のある三重櫓跡(南方面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
本丸跡碑と一段高い石垣のある
三重櫓跡(南方面)

 明治2年(1869)の版籍奉還後、同4年(1871)には、13代・277年間続いた中川氏が廃藩置県によって東京に移住し、城の建物は同7年(1874)大分県による入札・払い下げで(明治7年『大分県布告書』で県内五城の建造物、岡城は69棟が入札に付されている。)すべてが取り壊された。

 瀧廉太郎は少年時代を竹田で過ごし、荒れ果てた岡城に登って遊んだ印象が深かったとされ、明治34年(1900)に中学校唱歌「荒城の月」を作曲、発表している。

 現存する城跡は、文禄3年(1594)に播州三木から入部した中川氏により拡張されたものであり、明治4年の廃城により城館は取り壊され、「荒城の月」のイメージどおり、残された石垣が当時の姿をしのばせ、春の桜、秋の紅葉と四季折々の姿で訪れる人たちを楽しませている。

中川氏入城までは正門だった下原御門跡の石垣(北西方面)
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
中川氏入城までは正門だった
下原御門跡の石垣(北西方面)

 
二の丸跡西側に建つ滝廉太郎像(北方面)
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
二の丸跡西側に建つ
滝廉太郎像(北方面)
( 岡城登城時に、史跡保存料と引き換えに入手した巻物にあった
国指定史跡 岡城跡の城域案内図(209kB) へ )

 城址碑の所から見る登城道の石垣、大手門跡の石垣の大きさがまず見事です。

 大手門跡から桜馬場跡沿いに本丸に向かって歩いて行き、籾倉跡の端から三の丸と二の丸の高石垣が重なって見える姿は、実に素晴らしのですが、さらに西中仕切跡を通って、三の丸の太鼓櫓跡の切込みハギの石垣が特に素晴らしいです。

 また、清水谷を挟んで見る三の丸からの西の丸、西の丸・角座衛門屋敷跡からの三の丸・二の丸・本丸の遠望も素晴らしいです。
top へ >< down へ
大手道と大手門跡
総役所跡(駐車場)から見上げる西の丸跡
総役所跡(駐車場)から
見上げる西の丸跡
総役所跡(駐車場)から出てすぐの西の丸跡下(東方面)
総役所跡(駐車場)から出てすぐの
西の丸跡下(東方面)
いっぷく茶屋正面にある鉄砲形詰所跡碑
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
いっぷく茶屋正面にある
鉄砲形詰所跡碑
大手門への登り坂入口にある城跡碑(東方面)
クリックで拡大図(102kB)にいきます。
大手門への登り坂入口にある
城跡碑(東方面)
大手門への石段坂手前の登り坂中間部
大手門への石段坂手前の
登り坂中間部
登り坂入口からの中間の石段坂と大手門南側石垣(北東方面)
クリックで拡大図(111kB)にいきます。
登り坂入口からの中間の石段坂と
大手門南側石垣(北東方面)
登り石段坂上部から大手門跡方面(東方面)
登り石段坂上部から
大手門跡方面(東方面)
登り石段坂上部からの大手門跡石垣(東方面) 大手門跡北側石垣
クリックで拡大図(98kB)にいきます。 大手門跡南側石垣
クリックで拡大図(74kB)にいきます。
登り石段坂上部からの大手門跡石垣(東方面)
 
大手門跡からの西の丸石垣(下り南面)
大手門跡からの
西の丸石垣(下り南面)
古大手門跡前からの大手門跡石垣と枡形(西方面) 大手門跡南側石垣
クリックで拡大図(81kB)にいきます。 大手門跡北側石垣
クリックで拡大図(97kB)にいきます。
古大手門跡前からの大手門跡石垣と枡形(西方面)
 
古大手門跡の石垣(南方面)
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
古大手門跡の石垣(南方面)
 
西の丸石垣上からの大手門跡北側石垣(東方面)
西の丸石垣上からの
大手門跡北側石垣(東方面)
西の丸石垣上からの大手門跡南側石垣(南東方面)
西の丸石垣上からの
大手門跡南側石垣(南東方面)
大手門跡からの古大手門跡の石垣(南東方面)
大手門跡からの古大手門跡の石垣(南東方面)
up へ >< down へ
平城的殿舎(西の丸跡、家老屋敷跡)
大手門跡前から西の丸東門跡方面(西方面)
大手門跡前から
西の丸東門跡方面(西方面)
西の丸南側石垣と新屋敷門跡方面への通路(西方面)
クリックで拡大図(113kB)にいきます。
西の丸南側石垣と
新屋敷門跡方面への通路(西方面)
西の丸東門跡への石階段(西方面)
西の丸東門跡への石階段
(西方面)
新屋敷門跡への通路(西方面) 
クリックで拡大図(90kB)にいきます。
新屋敷門跡への通路(西方面)
西の丸御殿跡の石垣(南東面)
西の丸御殿跡の石垣(南東面)
西の丸御殿跡への登り石段と石垣(西北方面)
西の丸御殿跡への登り石段と石垣(西北方面) (40kB)
新屋敷門跡そばからの西の丸御殿跡全景(西北方面)
新屋敷門跡そばからの西の丸御殿跡全景(西北方面)
御殿跡中央の西の丸跡碑
御殿跡中央の西の丸跡碑
御殿跡北東側下の民部家老屋敷跡(南方面)
御殿跡北東側下の
民部家老屋敷跡(南方面)
普請方跡南西面の登り道のある石垣と近戸門跡の石垣(北西方面)
普請方跡南西面の登り道のある石垣と近戸門跡の石垣(北西方面)
 
近戸門跡正面の石垣(南東方面) 近戸門跡正面
クリックで拡大図(86kB)にいきます。
近戸門跡正面の石垣(南東方面)
 
普請方跡西端からの近戸門跡石垣(南方面)
普請方跡西端からの
近戸門跡石垣(南方面)
普請方跡西北端の櫓跡の石塁(西北方面)
普請方跡西北端の
櫓跡の石塁(西北方面)
普請方跡への入口(東北方面)
普請方跡への入口
(東北方面)
近戸門跡から上がった所からの普請方跡全景(東方面)
近戸門跡から上がった所からの
普請方跡全景(東方面)
清水谷側から普請方跡、近戸門跡方面への道
清水谷側から普請方跡、
近戸門跡方面への道
三の丸跡から清水谷越しの普請方跡、覚左ヱ門家老屋敷跡(北西方面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
三の丸跡から普請方跡、
覚左ヱ門家老屋敷跡(北西方面)
覚左ヱ門家老屋敷跡北西角高台からの普請方跡南東部
覚左ヱ門家老屋敷跡
北西角高台からの普請方跡南東部
清水谷側面の覚左ヱ門家老屋敷跡(北方面)
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
清水谷側面の覚左ヱ門家老屋敷跡(北方面)
 
普請方跡東南下の屋敷跡(覚左ヱ門家老屋敷方面)
クリックで拡大図(93kB)にいきます。
普請方跡東南下の屋敷跡
(覚左ヱ門家老屋敷方面)
覚左ヱ門家老屋敷跡への途中にある埋門?跡 覚左ヱ門家老屋敷跡への途中にある埋門?跡
クリックで拡大図(77kB)にいきます。
覚左ヱ門家老屋敷跡への途中にある埋門?跡(清水谷側・南面)
 
覚左ヱ門家老屋敷跡への石階段と屋敷跡石垣
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
覚左ヱ門家老屋敷跡への
石階段と屋敷跡石垣
屋敷跡東端からの覚左ヱ門家老屋敷跡全景(西方面)
屋敷跡東端からの覚左ヱ門家老屋敷跡全景(西方面)
北西角の石垣で囲まれた高台
北西角の石垣で囲まれた高台
北西角高台からの覚左ヱ門家老屋敷跡全景(26kB)
北西角高台からの覚左ヱ門家老屋敷跡全景(26kB)
普請方跡からの覚左ヱ門家老屋敷跡北西角の北西角の石垣で囲まれた高台
クリックで拡大図(90kB)にいきます。
普請方跡からの家老屋敷跡
北西角の石垣で囲まれた高台
清水谷側からの賄方跡東方の屋敷跡(西方面)
清水谷側からの
賄方跡東方の屋敷跡(西方面)
賄方跡から武具方跡への登り道
賄方跡から武具方跡への
登り道(南方面)
城代屋敷跡下からの但見家老屋敷跡の石垣と賄方跡
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
城代屋敷跡下からの
但見家老屋敷跡の石垣と賄方跡
覚左ヱ門家老屋敷跡からの但見家老屋敷跡の石垣
覚左ヱ門家老屋敷跡からの
但見家老屋敷跡の石垣
清水谷側の但見家老屋敷跡の石垣(北面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
清水谷に面する但見家老屋敷跡の石垣(北面)
 
賄方跡から清水谷側の但見家老屋敷跡への登り道
賄方跡から清水谷側の
但見家老屋敷跡への登り道
西の丸御殿跡東下からの整備中の武具方跡と家老屋敷跡(但見)(東方面)
西の丸御殿跡東下からの整備中の武具方跡と家老屋敷跡(但見)(東方面)
朱印状倉跡南角の石垣と桜馬場跡(北東方面)
クリックで拡大図(92kB)にいきます。
朱印状倉跡南側石垣と桜馬場跡
朱印状倉跡東下からの桜馬場跡と中休所跡(北東・三の丸方面)
朱印状倉跡東下からの桜馬場跡と中休所跡(北東・三の丸方面)
中休所跡石碑(南方面)
中休所跡石碑(南方面)
家老屋敷跡(但見)と城代屋敷跡の間の通路(北西・清水谷方面)
家老屋敷跡(但見)と城代屋敷跡の
間の通路(北西・清水谷方面)
清水谷側からの城代屋敷跡(南・桜馬場跡方面)
清水谷側からの城代屋敷跡
(南・桜馬場跡方面)
桜馬場跡からの籾倉跡(三の丸・東方面)
桜馬場跡からの籾倉跡
(三の丸・東方面)
up へ >< down へ
平山城的殿舎(西中仕切跡、太鼓櫓跡、三の丸跡)
籾倉跡からの西中仕切跡の石垣(東・三の丸方面)
クリックで拡大図(107kB)にいきます。
籾倉跡からの西中仕切跡の石垣(東・三の丸方面)
西中仕切跡の石垣(南東方面)
西中仕切跡の石垣(南東方面)
三の丸跡北西端からの西中仕切跡の石垣(西方面)
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
三の丸跡北西端からの
西中仕切跡の石垣(西方面)
太鼓櫓跡前からの西中仕切跡の石垣 西中仕切跡の石垣
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
太鼓櫓跡前からの西中仕切跡の石垣(西方面)
 
西中仕切跡の西側石垣上からの太鼓櫓跡石垣方面
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
西中仕切跡の西側石垣上からの
太鼓櫓跡石垣方面
西中仕切跡を過ぎた所からの太鼓櫓跡石垣(西方面) 西中仕切跡を過ぎた所からの太鼓櫓跡石垣(西方面)
クリックで拡大図(91kB)にいきます。
西中仕切跡を過ぎた所からの太鼓櫓跡石垣(西方面)
 
三の丸跡南側にある武具庫跡碑
三の丸跡南側にある武具庫跡碑
三の丸跡北側の石垣上部(西方面)
三の丸跡北側の石垣上部(西方面)
三の丸跡内側からの太鼓櫓跡石垣(西方面)
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
三の丸跡内側からの太鼓櫓跡石垣(西方面)
三の丸跡碑と本三重櫓跡の石垣(南東方面)
クリックで拡大図(114kB)にいきます。
三の丸跡碑と本三重櫓跡の石垣
(南東方面)
二の丸跡西端からの三の丸跡(西方面)
二の丸跡西端からの
三の丸跡(西方面)
本丸三重櫓跡からの三の丸跡(西の丸覚左ヱ門家老屋敷跡方面)
クリックで拡大図(102kB)にいきます。
本丸三重櫓跡からの三の丸跡
(西の丸覚左ヱ門家老屋敷跡方面)
太鼓櫓跡南側石垣の南面(西方面)
クリックで拡大図(108kB)にいきます。
太鼓櫓跡南側石垣の南面
(西方面)
本丸三重櫓跡西側下の南側登り石段
クリックで拡大図(96kB)にいきます。
本丸三重櫓跡西側下の
南側登り石段
二の丸跡北東側からの三の丸北側の石垣(西方面)
二の丸跡北東側からの
三の丸北側の石垣(西方面)
up へ >< down へ
平山城的殿舎(二の丸跡)
覚左ヱ門家老屋敷跡からの清水谷越しの三の丸・二の丸跡の石垣(北西面)
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
覚左ヱ門家老屋敷跡からの
三の丸・二の丸跡の石垣(北西面)
二の丸跡入口そばからの二の丸北西面の石垣
クリックで拡大図(101kB)にいきます。
二の丸跡入口そばからの
二の丸北西面の石垣
二の丸跡に入って左にある空井戸跡
二の丸跡に入って左にある
空井戸跡
本丸登り石段上からの二の丸跡の空井戸(北西方面)
クリックで拡大図(92kB)にいきます。
本丸登り石段上からの
二の丸跡の空井戸(北西方面)
二の丸跡碑と二の丸跡北東部
二の丸跡碑と
二の丸跡北東部
二の丸跡北東部から二の丸跡中心部
二の丸跡北東部から
二の丸跡中心部
up へ >< down へ
平山城的殿舎(本丸跡、東中仕切跡)
本丸登り石段からの北側石垣(西方面)
クリックで拡大図(65kB)にいきます。
本丸登り石段からの
北側石垣(西方面)
三の丸跡からの本丸石垣(西面)
クリックで拡大図(104kB)にいきます。
三の丸跡からの本丸石垣
(西面)
本丸南側の石垣(東中仕切跡方面)
本丸南側の石垣
(東中仕切跡方面)
二の丸跡北東部からの本丸登り石段(北面)
二の丸跡北東部からの
本丸登り石段(北面)
二の丸跡側の本丸登り石段(北面)
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
二の丸跡側の本丸登り石段(北面)
 
登り石段を上がった所からの本丸跡(東方面)
登り石段を上がった所からの
本丸跡(東方面)
本丸西南角の三重櫓跡の石垣(南方面)
クリックで拡大図(49kB)にいきます。
本丸西南角の三重櫓跡の石垣(南方面)
御金倉跡からの本丸跡(西方面)
御金倉跡からの本丸跡(西方面)
御金倉跡から見下ろす白滝川沿いの道路(北西方面)
御金倉跡から見下ろす
白滝川沿いの道路(北西方面)
本丸北東端に鎮座する前舞台付の神社
クリックで拡大図(84kB)にいきます。
本丸北東端に鎮座する
前舞台付の神社
本丸東側の石垣で一段高くなっている御金倉跡
本丸東側の石垣で一段高くなっている御金倉跡
 
御金倉跡から見下ろす東中仕切跡(東方面)
クリックで拡大図(102kB)にいきます。
御金倉跡から見下ろす
東中仕切跡(東方面)
東中仕切跡南側石垣(南東方面)
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
東中仕切跡南側石垣
(南東方面)
東中仕切跡南側石垣と御金倉跡下の石垣(東面)
クリックで拡大図(77kB)にいきます。
東中仕切跡南側石垣と
御金倉跡下の石垣(東面)
up へ >< down へ
山城的殿舎(御廟跡)
米倉跡の石塁(東方面)
米倉跡の石塁(東方面)
御廟跡へ向う道の南側にある石塁
御廟跡へ向う道の南側にある石塁
地獄谷に向う北側斜面にある清水門跡(北東方面)
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
地獄谷に向う北側斜面にある
清水門跡(北東方面)
三楽亭跡北西側の石塁(北西方面)
三楽亭跡北西側の石塁(北西方面)
 
北西部の荘嶽社跡の石塁(北西方面)
北西部の荘嶽社跡の石塁(北西方面)
三楽亭跡南側の入口と段差のある御廟跡(南東方面)
三楽亭跡南側の入口と
段差のある御廟跡(南東方面)
三楽亭跡南側(通路側)の石塁(南方面)
三楽亭跡南側(通路側)の石塁(南方面)
三楽亭跡南通路側の石塁と通路南側の土塁(西方面) 三楽亭跡南側の石塁
クリックで拡大図(70kB)にいきます。
三楽亭跡南通路側の石塁と通路南側の土塁(西方面)
御廟所跡への入口
御廟所跡への入口
御廟所跡碑
御廟所跡碑
下原御門跡西側石垣下からの御廟所跡東側曲輪の石垣
下原御門跡西側石垣下からの
御廟所跡東側曲輪の石垣
御廟所跡全景
御廟所跡全景
up へ >< down へ
下原御門跡
 ここは、かって下原御門のあったところです。
 中川氏が入城した文禄3年(1594)までは、十川が城下町で、ここ下原御門が正門でした。
 その後加藤清正公の指示により正門(大手門)を西側の現在地に移したと言われています。
 
東側登城路からの下原御門跡の石垣 下原御門跡東側石垣
クリックで拡大図(73kB)にいきます。 正門だった下原御門跡
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
東側登城路からの下原御門跡の石垣 (23kB)
下原御門跡西側の石垣(西方面)
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
下原御門跡西側の石垣(西方面)
下原御門跡東側の石垣(南方面)
クリックで拡大図(87kB)にいきます。
下原御門跡東側の石垣
(南方面)
御廟跡方面からの下原御門跡東側の石垣(東方面)
御廟跡方面からの
東側の石垣(東方面)
御廟跡方面からの下原御門跡東側の石垣(東方面)
御廟跡方面からの
東側の石垣(東方面)
top へ >< up へ

 国指定史跡 岡城跡                             平成22年10月11日時点  
◇所在地 ・大分県竹田市竹田字岡
◇交通 ・JR九州 豊肥本線 豊後竹田駅から駅前正面の道を650m程直進し、
   ぶつかった市立図書館前を右折し、120m程進み竹田郵便局前を左折し、
   道沿いに500m程東進し、Y字の道路をバス停「岡城入口」ではない右に入り、
   L字に曲がる道を300m程進むと、城跡事務所のある総役所跡下に出る
       徒歩約30分(約1.5km)
・熊本から阿蘇経由、又は、大分から国道57号線を竹田市に向かい、
   竹田市内の天神交差点を県道502号線(岡城バイパス)に入り、
   東に1.7km程進み、2つ目のトンネルを抜けてすぐの岡城址入口を左に入り、
   700m程進む
◇駐車場・城跡事務所のある総役所跡の無料駐車場を利用
◇入場料・岡城登城には史跡保存料として料金を徴収しております。
 ご理解ご協力賜りますようお願いいたします。
   ・高校生以上:300円、小・中学生:150円
◇問い合わせ ・竹田市観光案内所 (JR豊後竹田駅構内)         TEL:0974-63-2638
・竹田市の観光・体験・交流の総合インフォメーション
   竹田市観光ツ−リズム協会 (竹田温泉花水月内) TEL:0974-63-0585
竹田市役所 商工観光課 (竹田温泉花水月内)     TEL:0974-63-4807

参考文献  ・現地で入手のパンフレット、竹田市教育委員会の説明板
竹田市教育委員会 文化財課のホームページ     TEL:0974-63-4818

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ