人吉城跡(別名:繊月、三日月城)

―― 鎌倉時代から続く相良氏35代の居城 ――

胸川が球磨川に合流する城北西隅の要所に建つ隅櫓
クリックで拡大図(55kB)にいきます。
胸川が球磨川に合流する
城北西隅の要所に建つ隅櫓

 
大手門の脇を固めるために造られた大手門横長櫓
クリックで拡大図(50kB)にいきます。
大手門の脇を固めるために
造られた大手門横長櫓
 人吉城は、もともと平氏の代官がいた城でしたが、遠江国(静岡県中部)相良の出身で人吉荘の地頭となった相良長頼が、建久9年(1198)に城主となり、翌年より修築したと伝えられています。
 その修築の時、三日月の文様のある石が出土したので、別名を三日月城、あるいは、繊月城とも言います。

 人吉城が史料に初めて出るのは、大永4年(1524)のことです。
 この頃(室町時代)の人吉城は、原城と呼ばれる城跡東南の台地上にあった山城で、素掘りの空堀や掘切によって守られていた城でした。

 室町時代に球磨郡を統一した相良氏は、やがて芦北・八代・薩摩方面へと領土の拡大を図り、戦国大名として発展します。
 しかし、天正15年(1587)の豊臣秀吉の九州征服により、球磨郡のみを支配することになり、以後は石高22,165石の人吉藩として明治4年(1871)の廃藩置県まで存続しました。
水の手門跡側の『武者返し』と呼ばれる石垣(東方面)
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
水の手門跡側の『武者返し』
と呼ばれる石垣(東方面)
三の丸塩蔵跡からの二の丸北側の石垣と中の御門跡の石垣(東方面)
クリックで拡大図(65kB)にいきます。
三の丸からの二の丸石垣と
中の御門跡の石垣(東方面)

 人吉城が石垣造りの近世城として整備されるのは天正17年(1589)からで、何度か中断しながらも、51年後の寛永16年(1639)に現在見られる石垣が完成しています。

 球磨川と胸川を天然の濠としていた人吉城は、本丸・二の丸・三の丸・総曲輪からなる平山城です。
 大手門・水の手門・原城門・岩下門によって区切られる城の周囲は、2,200メートルもあり、広大です。
 本丸には天守閣は建てられずに二階建の護摩堂が建てられ、二の丸と三の丸の西側麓には城主の屋敷がありました。
 城の周辺の総曲輪は、上級武士の屋敷となり、川岸近くには役所や倉庫が置かれました。

移築され現存する唯一の人吉城の建築物:堀合門
クリックで拡大図(59kB)にいきます。
移築され、唯一現存する
人吉城の建築物:堀合門
人吉城をイメージして作られた人吉駅前からくり時計
クリックで拡大図(54kB)にいきます。
人吉城をイメージして作られた
人吉駅前からくり時計
 水の手近くの『武者返し』と呼ばれる石垣は、幕末に導入された欧州の築城技術である槹出(はねだし)工法で築かれたものとして有名です。

 城内の建造物は、廃藩置県の後に取り壊されて残っていませんが、保存の良い石垣が人吉城の姿を今に伝えています。

( 史跡人吉城跡 模型写真(110kB) へ )

 最初に大橋を渡り、角櫓、長塀、大手門横長櫓を左に見ながら大手門橋を渡り、後口馬場跡、大台所跡を通り、左に水ノ手門跡、右に武者返しの付いたはねだし石垣を見ながら、堀合門から入城し、奥に見える坂など、どれをとっても素晴らしいです。
 さらに、広々とした三の丸や二の丸跡、三の丸から二の丸への中の御門の枡形の石垣も素晴らしいです。

隅櫓 (平成5年度復元建物)
 隅櫓は、胸川が球磨川に合流する人吉城北西隅の要所に建てられた櫓である。
 元は藩の重臣の相良清兵衛頼兄の屋敷地であったが、寛永17年(1640)の「御下の乱」で屋敷が焼け、その直後に櫓が建てられている。
 幕末になると隅櫓は漆蔵として使用され、文久2年(1862)の大火事の寅助火事でも焼失せず、明治初期の廃藩置県後に、城内の他の建物や樹木とともに民間に払い下げられて撤去された。
 建物は、瓦葺きの入母屋造りで、梁間3間半(7m)、桁行11間(22m)、壁は上部が漆喰塗りで下部を板張りとし、内部は廊下があり、3部屋に分かれている。
 
中州大岩瀬からの隅櫓と球磨川の石垣(南東方面)
中州大岩瀬からの隅櫓と球磨川の石垣(南東方面)
北に張り出した石垣上からの隅櫓と長塀(西方面)
北に張り出した石垣上からの
隅櫓と長塀(西方面)
城北西隅の要所に建つ隅櫓と球磨川に面する石垣(東方面)
クリックで拡大図(55kB)にいきます。
城北西隅の要所に建つ隅櫓と
球磨川に面する石垣(東方面)
城北西隅の要所に建つ隅櫓(西面・胸川側)
城北西隅の要所に建つ隅櫓
(西面・胸川側)
買物所跡からの隅櫓南側の長塀(西方面)
買物所跡からの
隅櫓南側の長塀(西方面)
長塀に挟まれた城域北西隅の隅櫓(西方面)
クリックで拡大図(77kB)にいきます。
長塀に挟まれた
城域北西隅の隅櫓(西方面)
軍役蔵跡と隅櫓(北北西方面)
軍役蔵跡と隅櫓(北北西方面)
 
top へ
大手門横長櫓 (平成5年度復元建物)
 大手門横長櫓は、城の正面口である大手門の脇を固めるために造られた長屋型の櫓である。
 大手門櫓、隅櫓と同様、江戸時代前期の1640年代に建てられ、宝永4年(1707)の大地震で傾いたので修理されている。
 幕末になると「代物蔵」として使用され、寅助火事でも焼失せず、明治時代の初期まで残っていたが、廃藩置県後の払い下げで撤去された。
 建物は、石塁に合せて鍵形となっており、梁間2間(4m)、桁行25間(50m)で、瓦葺きの入母屋造り建物である。
 壁は上部漆喰塗りとして窓をつけ、下部は板張りとしている。
 これに接続する塀は、屋根を瓦葺きとし、壁の上部を漆喰で塗り、その下部は平瓦をはりつけた、いわゆる海鼠壁である。
 一部に石落しのためとみられる突き出しが見える。
 
大橋からの北西隅櫓と大手門横長櫓(南東方面)
大橋からの北西隅櫓と大手門横長櫓(南東方面)
大手橋からの大手門櫓跡と横長櫓に続く海鼠壁の塀(北方面) 横長櫓に続く海鼠壁の塀
クリックで拡大図(31kB)にいきます。 大手門櫓跡と横長櫓
クリックで拡大図(53kB)にいきます。
大手橋からの大手門櫓跡と横長櫓に続く海鼠壁の塀(北方面)
大手門櫓跡西側石垣と横長手櫓
大手門櫓跡西側石垣と横長手櫓
大手橋と大手門櫓跡東側石垣
大手橋と大手門櫓跡東側石垣
大手門櫓跡の東側石垣と胸川
大手門櫓跡の東側石垣と胸川
大手門櫓跡西側の石垣と横長手櫓(西方面)
クリックで拡大図(40kB)にいきます。
大手門櫓跡西側の石垣と
横長手櫓(西方面)
長塀の石落しのための突き出し部(内側)
長塀の石落しのための
突き出し部(内側)
後口馬場跡からの大手門横長櫓(南西方面)
クリックで拡大図(34kB)にいきます。
後口馬場跡からの
大手門横長櫓(南西方面)
top へ
三の丸下麓(御館跡、堀合門、水の手門跡)
 かって、御館北辺の石垣上には長櫓があったが、文久2年(1862)の寅助火事で焼失し、翌年櫓は復旧されず、代わりに石垣を高くして、その上端に西洋の築城技術で五稜郭や龍岡城等の西洋式城郭で採用された槹出(はねだし)工法による「武者返し」と呼ばれる突き出し部をつけた。
 堀合門は城主が住む御館の北側にあった裏門で、明治4年(1871)の廃藩置県後は、城外の士族である新宮家(土手町)に移築され、人吉城唯一の現存する建築物として、市の有形文化財に指定されています。形式的には棟門と呼ばれるもので、化粧垂木に強い反りを持たせた屋根の優美な曲線が特長的です。
 慶長12年(1607)から球磨川沿いに石垣工事が始まり、外曲輪が造られた。水運を利用するため、川に面した石垣には7箇所の船着場が造られ、その中の最大のものが「水ノ手門」である。門の規模は三間で、門の内側に板葺きの御番所、茅葺の船蔵があった。
 
水の手橋南側からの御館跡北西角の石垣(南方面) 御館跡北西角の石垣
クリックで拡大図(57kB)にいきます。
水の手橋南側からの御館跡北西角の石垣(南方面)
 
大台所跡からの御館跡の西側の石垣と清兵衛門跡
クリックで拡大図(57kB)にいきます。
大台所跡からの御館跡の
西側の石垣と清兵衛門跡
水の手門跡前からの間米蔵跡(西方面)
水の手門跡前からの
間米蔵跡(西方面)
御館北側の水の手門跡、間米蔵跡、武者返し石垣(東方面)
クリックで拡大図(80kB)にいきます。
御館北側の水の手門跡、間米蔵跡、武者返し石垣(東方面)
 
水ノ手門跡の長塀と石垣(東方面)
水ノ手門跡の長塀と石垣(東方面)
 
現地説明板にあった水ノ手門跡復元模型図
クリックで拡大図(36kB)にいきます。
現地説明板にあった
水ノ手門跡復元模型図
水ノ手門跡からの堀合門(南方面)
クリックで拡大図(88kB)にいきます。
水ノ手門跡からの
堀合門(南方面)
御館北側の裏門にあたる堀合門(南西方面)
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
御館北側の裏門にあたる
堀合門(南西方面)
御下門跡前からの堀合門と御館跡(南西方面)
クリックで拡大図(55kB)にいきます。
御下門跡前からの堀合門と
御館跡(南西方面)
堀合門前から御下門跡方面(東方面)
堀合門前から御下門跡方面
(東方面)
御下門跡の東側の石垣(北面)
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
御下門跡の東側の石垣
(北面)
御下門から中の御門への石段
御下門から中の御門への石段
 
御館跡内からの堀合門(北方面)
クリックで拡大図(74kB)にいきます。
御館跡内からの堀合門(北方面)
堀合門を入った所からの御館跡内部と北辺の高く積み上げた石垣(南西方面)
堀合門を入った所からの御館跡内部と北辺の高く積み上げた石垣(南西方面)
top へ
於津賀社跡
 初代相良長頼の入国前の人吉城主であった平氏の代官の矢瀬主馬祐をまつる霊社跡である。第二代頼親が建立し、初めの頃御墓(塚)大明神という。
 文明16年(1484)に再興され、元和年中(1620頃)に於津賀と改め、寛永7年(1630)に造替された。
 社殿は南向きで、板葺きの御殿(神殿)と添殿(拝殿)の2棟があり、現在その礎石が残っている。
 
三の丸から見た於津賀社跡(北西方面)
クリックで拡大図(61kB)にいきます。
三の丸から見た
於津賀社跡(北西方面)
於津賀社跡からの三の丸、二の丸の石垣(南東方面)
於津賀社跡からの三の丸、
二の丸の石垣(南東方面)
御館跡からの登り階段と三の丸への登り道(南方面)
クリックで拡大図(90kB)にいきます。
御館跡からの登り階段と
三の丸への登り道(南方面)
top へ
二の丸跡の説明板にあった城跡縄張り図(50kB)
二の丸跡の説明板にあった城跡縄張り図(50kB)

三の丸跡
 三の丸は、二ノ丸の北・西部に広がる曲輪で、西方に於津賀社と2棟の「塩蔵」(2.5間X6〜7間)を、東の「中の御門」近くに井戸と長屋を配置するだけで、大きな広場が確保されている。その周囲には当初から石垣は作られずに、自然の崖を城壁としており、「竹茂かり垣」と呼ばれる竹を植えた垣で防御している。これは、人吉城がシラス台地に築かれているため、崖の崩壊を防ぐ目的もあった。
 
人吉橋から見た人吉城跡遠望(東方面)
クリックで拡大図(43kB)にいきます。
人吉橋から見た
人吉城跡遠望(東方面)
二の丸・十三間蔵跡下の三の丸北辺東側内部(東方面)
二の丸・十三間蔵跡下の
三の丸北辺東側内部(東方面)
三の丸北辺中央上段部の石垣(中の御門側・南方面)
三の丸北辺中央上段部の石垣
(中の御門側・南方面)
三の丸北辺中央上段部の石垣(東方面)
クリックで拡大図(80kB)にいきます。
三の丸北辺中央上段部の
石垣(東方面)
於津賀社跡からの三の丸北西辺の石垣(東方・中の御門方面) 三の丸北辺中央上段部の石垣
クリックで拡大図(73kB)にいきます。 三の丸北西辺の石垣
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
於津賀社跡からの三の丸北西辺の石垣(東方・中の御門方面)
 
二の丸北西角下の三の丸西側への枡形跡
クリックで拡大図(68kB)にいきます。
二の丸北西角下の
三の丸西側への枡形跡
三の丸北辺中央上段部からの西側三の丸内部(西方面)
三の丸北辺中央上段部からの西側三の丸内部(西方面)
 
二の丸からの三の丸西側の広場(南西方面)
二の丸からの
三の丸西側の広場(南西方面)
二の丸からの三の丸西側の広場(西方面)
二の丸からの
三の丸西側の広場(西方面)
三の丸西側の広場からの北辺中央上部(北東方面)
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
三の丸西側の広場からの
北辺中央上部(北東方面)
top へ
二の丸跡
 二の丸は、江戸時代の初め「本城(本丸)」と呼ばれているように、城主の住む御殿が建てられた人吉城の中心となる場所であった。周囲の石垣上には瓦を貼り付けた土塀が立ち、北東部の枡形には櫓門式の「中の御門」(1.5間X9.5間)があり、見張りのための番所が置かれた。また、北辺には御殿から三の丸へ下る「埋御門」が土塀の下に作られ、この他に「十三間蔵」(2間X13間)や井戸があった。
 享保4年(1719)の「高城二ノ丸御指図」によれば、二ノ丸御殿は北側を正面とするように配置され、「御広間」(4間X9間)・「御金ノ間」(6間四方)・「御次ノ間」(4間X6間)の接客・儀式用の表向建物と「奥方御居間」(3間X8間)・「御上台所」(3間X9間)・「下台所」(5間X8間)の奥向の建物の合計6棟からなる。  
三の丸からの中の御門跡の枡形の石垣(南東方面)
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
三の丸からの中の御門跡の
枡形の石垣(南東方面)
中の御門跡正面の枡形石垣(東方面) 中の御門跡左側石垣
クリックで拡大図(102kB)にいきます。 中の御門跡正面枡形石垣
クリックで拡大図(104kB)にいきます。
中の御門跡正面の枡形石垣(東方面)
 
中の御門跡枡形内部石垣と右側の十三間蔵跡(北方面)
中の御門跡枡形内部石垣と右側の十三間蔵跡(北方面)
中の御門跡側の二の丸石垣(北面)
中の御門跡側の
二の丸石垣(北面)
二の丸北側石垣と埋御門跡への石階段(西方面)) 二の丸北西側石段
クリックで拡大図(47kB)にいきます。
二の丸北側石垣と
埋御門跡への石階段(西方面)
北辺の御殿から三の丸へ下る埋御門跡の枡形石垣
クリックで拡大図(87kB)にいきます。
北辺の御殿から三の丸へ下る
埋御門跡の枡形石垣
三の丸塩蔵跡からの二の丸北西側の石垣(東方面)
クリックで拡大図(kB)にいきます。
三の丸塩蔵跡からの
二の丸北西側の石垣(東方面)
三の丸西側広場からの二の丸西側石垣
三の丸西側広場からの
二の丸西側石垣
三の丸西側広場からの二の丸南西側石垣
三の丸西側広場からの
二の丸南西側石垣
二の丸北側(東方面)
二の丸北側(東方面)
 
二の丸中央部と本丸跡(南東方面)
クリックで拡大図(59kB)にいきます。
二の丸中央部と本丸跡
(南東方面)
石垣と土塁が残る二の丸南側(南東方面)
石垣と土塁が残る
二の丸南側(南東方面)
本丸跡西側下に残る二の丸南側の石垣(南方面)
クリックで拡大図(64kB)にいきます。
本丸跡西側下に残る
二の丸南側の石垣(南方面)
土塁の残る二の丸南側(南東方面)
土塁の残る二の丸南側
(南東方面)
本丸跡下からの二の丸中央部(北西方面)
本丸跡下からの
二の丸中央部(北西方面)
top へ
本丸跡
本丸跡北側の石垣と二の丸井戸跡(東方面)
クリックで拡大図(102kB)にいきます。
本丸跡北側の石垣と
二の丸井戸跡(東方面)
本丸跡への石段側の石垣(南方面)
本丸跡への石段側の石垣
(南方面)
本丸跡への石段と西側下の石垣(南方面)
クリックで拡大図(74kB)にいきます。
本丸跡への石段と
西側下の石垣(南方面)
本丸跡内部全景(入口側西方面)
本丸跡内部全景(入口側西方面)
top へ

 人吉城跡                                  平成22年10月12日時点  
◇所在地 ・熊本県人吉市麓町
◇交通 ・JR九州 肥薩線 人吉駅から南に球磨川に向かい、人吉橋を渡り、
   永国寺前の信号を左折し、人吉市役所に向かって直進すると大手橋へ、
   徒歩約25分(約1.5km)
◇駐車場・城跡西側市役所周辺に駐車場あり
◇問い合わせ ・人吉市観光案内所(年中無休、人吉駅構内)  TEL:0966-22-2411
人吉市役所 観光振興課   TEL:0996-22-2111
人吉温泉観光協会のホームページ

参考文献 ・現地の人吉市教育委員会の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ