知覧城跡(別名:上木場城)

本丸北西下駐車場入口にある知覧城跡説明板
クリックで拡大図(75kB)にいきます。
本丸北西下駐車場入口にある
知覧城跡説明板
本丸跡入口に建つ城址碑(北方面)
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
本丸跡入口に建つ城址碑
(北方面)
 鎌倉時代初め、源頼朝の命によってできた建久8年(1197)薩摩国図田(ずでん)帳(土地台帳)によると、当地は知覧院と呼ばれ、薩摩平氏の一族である平忠益が、郡司として治めており、地頭には島津氏初代忠久が臨んでいました。

 その後、郡司・地頭の職務はそれぞれの子孫に継承され、南北朝時代になると、郡司平忠世は南朝方に、地頭島津久直は北朝に属して各地域を転戦しましたが、ともに没落してしまい、文和2年(1353)に足利尊氏が島津氏5代島津貞久の弟佐多氏の初代忠光の軍功を賞して、郡司知覧忠世の遺領を与えたことにより、これ以後、知覧は佐多氏の領地となりました。

 室町時代初め、知覧は、そのころ南薩に勢力を張っていたが伊集院氏の一族今給黎久俊(いまきいれひさとし)が押領して、島津氏8代目久豊に反抗していましたが、応永27年(1420)ついに降伏しました。
東ノ拵(左側台地)と本丸(右側台地)の間の大空堀(東方面)
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
東ノ拵(左側)と本丸(右側)
の間の大空堀(東方面)
倉ノ城と本丸の間の空堀(正面の階段は倉ノ城への登り口)
クリックで拡大図(82kB)にいきます。
倉ノ城と本丸の間の空堀
(正面の階段は倉ノ城への登り口)
 山田聖栄自記によると、島津久豊は知覧城「当時は上木場(かみこば)城と呼ばれていました」に入ると、あらためて知覧は「佐多殿の由緒の地」であるといって、佐多氏4代佐多親久に与えました。
 これが知覧城に関する最も古い記録となっています。

 その後、天正19年(1591)佐多氏は家臣が豊臣秀吉の命令に背いたことから、知覧を没収され、隣村川辺宮村に領地を移されました。
 10年後にはまた知覧に復帰しましたが、その間に知覧城は火災にあって全て焼失してしまいました。

 元和元年(1615)には徳川家康は一国一城の制をしきましたが、それを待つまでもなく知覧城は廃城となったものと思われます。

本丸・倉ノ城と西ノ拵の間の大空堀跡を通る道路と駐車場(小谷大手口方面)
倉ノ城と西ノ拵の間の道路と
駐車場(小谷大手口方面)

 
 
今城と本丸間の大空堀(南方面)
クリックで拡大図(kB)にいきます。
今城と本丸間の大空堀
(南方面)
 知覧城は、本丸を中心に、シラス台地のヘリに出来た侵食谷を利用して空堀とし、倉ノ城、弓場城、今城、東ノ拵、西ノ拵、小谷大手口を挟んで、伊豆屋敷、式部殿城、南ノ拵、児が城、殿屋敷、蔵屋敷等10余りの郭を配置した山城で、築城当初の原形がよく保存されている貴重な遺跡であると評価されています。

( 駐車場入口の説明板にあった 知覧城跡の縄張り図(124kB) へ )

 今回は倉ノ城跡、本丸跡しか廻らなかったのですが、全郭跡を廻るとなれば、丸一日はかかりそうです。
 倉之城の登り口には、知覧城のパンフレットのあるはずのポストがありましたが、中には一枚も入っていませんでした、残念です。

 また、城跡北側の麓川沿いの武家屋敷群の佇まいは、庭園も立派なのですが、必ず門から入った正面には、はだかるように目隠し石組の塀(屏風岩)があるのは、まるで枡形虎口のようです。

説明板にあったタイルで出来ていた南方上空からの知覧城空撮写真
説明板にあったタイルで出来ていた南方上空からの知覧城空撮写真 (47kB)
top へ
本丸跡
本丸跡への登り道
本丸跡への登り道
入口そばに残る土塁
クリックで拡大図(80kB)にいきます。
入口そばに残る土塁
入口城址碑そばからの本丸跡
入口城址碑そばからの本丸跡 (28kB)

倉ノ城跡
倉ノ城遺構平面図
クリックで拡大図(105kB)にいきます。
倉ノ城遺構平面図
空堀からの倉ノ城への登り口(東面)
クリックで拡大図(105kB)にいきます。
空堀からの倉ノ城への登り口
(東面)
曲輪東側の虎口跡(北東方面)
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
曲輪東側の虎口跡
(北東方面)
倉ノ城跡土塁前からの掘立柱建物跡(北北西方面)
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
倉ノ城跡土塁前からの掘立柱建物跡(北北西方面)
掘立柱建物跡と虎口跡(東方面)
掘立柱建物跡と虎口跡(東方面)
南辺に残る土塁跡
南辺に残る土塁跡 (23kB)
top へ
武家屋敷群の庭園
 武家屋敷群の各邸は、河原石・切石を積んで区切られ、腕木門や石柱門を入れば、目隠しの屏風岩(沖縄のヒンブン)が立ちはだかり、母屋前に枯山水や池泉式の庭園があります。
 また、無料開放の二ツ家の住宅も二棟見学できます。

( 知覧武家屋敷群 案内図(74kB) へ )

 ◇武家屋敷庭園入園料(7庭園共通):・大人(高校生以上):500円、 ・小人(小・中学生):300円
県道23号線沿いの鯉の泳ぐ清流溝(東方面)
県道23号線沿いの
鯉の泳ぐ清流溝(東方面)
@西郷邸前からの武家屋敷群の通り(東方面)
クリックで拡大図(56kB)にいきます。
@西郷邸前からの
武家屋敷群の通り(東方面)
補修の跡が真新しい腕木門
補修の跡が真新しい腕木門
 
二ッ家入口の石柱門
二ッ家入口の石柱門
 
二ッ家西側の建物内部(北西方面)
クリックで拡大図(46kB)にいきます。
二ッ家西側の建物内部
(北西方面)
二ッ家東側の建物内部(北方面)
二ッ家東側の建物内部
(北方面)
武家屋敷群中間にあった稽古所跡の石碑
武家屋敷群中間にあった
稽古所跡の石碑
通りに面した石段のついた石柱門
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
通りに面した
石段のついた石柱門
石垣と生垣のある武家屋敷群中間の通り
クリックで拡大図(53kB)にいきます。
石垣と生垣のある
武家屋敷群中間の通り
知覧麓東側からのイヌマキの生垣のある通り
知覧麓東側からの
イヌマキの生垣のある通り
知覧麓の武家屋敷群からの亀甲城跡(西面)
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
知覧麓の武家屋敷群からの
亀甲城跡(西面)
知覧麓東側入口そば無料駐車場、森氏邸前の通り
知覧麓東側入口そば
無料駐車場、森氏邸前の通り
無料公開中の旧高城家住宅
二ツ家造り住宅の南側庭園(西方面)
二ツ家造り住宅の
南側庭園(西方面)
二ツ家造り茅葺住宅の西側(南面))
二ツ家造り茅葺住宅の
西側(南面)
二ツ家造り茅葺住宅の東側(南面)
二ツ家造り茅葺住宅の
東側(南面)
旧高城家の腕木門と正面の屏風岩
クリックで拡大図(94kB)にいきます。
旧高城家の腕木門と
正面の屏風岩
東側建物内部にあった二つ折りの丸卓袱台
東側建物内部にあった
二つ折りの丸ちゃぶ台
東側建物東面にある女玄関
クリックで拡大図(75kB)にいきます。
東側建物東面にある女玄関
東側の建物内部(南面)
東側の建物内部(南面)
東側建物東面にある男玄関
クリックで拡大図(45kB)にいきます。
東側建物東面にある男玄関
@ 西郷恵一郎氏邸
腕木門と目隠しの屏風岩
腕木門と目隠しの屏風岩
 
枯滝の石組みで高い峯とした鶴亀の庭園
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
枯滝の石組みで高い峯とした
鶴亀の庭園
亀のようにみえる石とさつきの組み合わせ
亀のようにみえる
石とさつきの組み合わせ
A 平山克己氏邸
イヌマキの生垣のある腕木門と目隠しの屏風岩
イヌマキの生垣のある
腕木門と目隠しの屏風岩
母ヶ岳の優雅な姿をとり入れた借景庭園
クリックで拡大図(60kB)にいきます。
母ヶ岳の優雅な姿を
とり入れた借景庭園
B 平山亮一氏邸
腕木門と目隠しの屏風岩
腕木門と目隠しの屏風岩
 
イヌマキにより3つの峯を遠山にした石組みのない庭園
イヌマキにより3つの峯を遠山にした
石組みのない庭園
濡れ縁の廻る屋敷建物
濡れ縁の廻る屋敷建物
 
C 佐多美舟氏邸
腕木門と目隠しの屏風岩
クリックで拡大図(76kB)にいきます。
腕木門と目隠しの屏風岩
 
枯滝を造り、築山に石灯を置いた知覧一豪華で広い庭園
クリックで拡大図(75kB)にいきます。
枯滝を造り、築山に石灯を置いた
知覧一豪華で広い庭園
D 佐多民子氏邸
腕木門と目隠しの屏風岩
腕木門と目隠しの屏風岩
 
庭園から腕木門側の目隠しの屏風岩
庭園からの
腕木門側目隠しの屏風岩
巨石奇岩を積み重ねて深山幽谷の景をうつしだした庭園
クリックで拡大図(66kB)にいきます。
巨石奇岩を積み重ねて
深山幽谷の景をうつしだした庭園
E 佐多直忠氏邸
腕木門と目隠しの屏風岩
腕木門と目隠しの屏風岩
 
門をくぐるとつき当たる切石の目隠し屏風岩
門をくぐるとつき当たる
切石の目隠し屏風岩
中心部に3.5mの立石がそびえる水墨画風の庭園
クリックで拡大図(64kB)にいきます。
中心部に3.5mの立石がそびえる
水墨画風の庭園
F 森重堅氏邸
板塀付の腕木門と目隠しの屏風岩
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
板塀付の
腕木門と目隠しの屏風岩
邸宅と庭園への入口板塀
邸宅と庭園への入口板塀
 
洞窟を表現した穴石を用いている池泉式庭園
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
洞窟を表現した穴石を用いている
池泉式庭園
top へ

 国指定史跡 知覧城跡                               平成22年10月12日時点  
◇所在地 ・鹿児島県南九州市知覧町中里城内
◇交通 ・指宿スカイライン知覧ICから、県道23号線を9km程西に進み、知覧役場前 信号を
   県道232号線に左折し、1km程進むと城跡案内がある所を右折し、
   500m程下るとすぐに左に駐車場あり
◇駐車場・本丸跡下の道路沿い無料駐車場を利用
◇問い合わせ ・南九州市知覧支所 総務部商工観光課   TEL:0993-83-4658

参考文献 ・現地の説明板、入手パンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ