高梨氏館跡(別名:中野小館、高梨、中野城)

―― 北信地方最大の中世の方形館跡 ――

南側の漆喰塀をおおっている土塁と虎口部分
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
南側の漆喰塀をおおっている
土塁と虎口部分
館跡南面の土塁と空堀(南面)
ダブルクリックで拡大図(74kB)へ
館跡南面の土塁と空堀(南面)
 高梨氏館跡は、東西約130m、南北約100mの規模で四方に土塁と堀がめぐる、北信地方最大の中世の方形館跡です。

 本館跡は、平安時代末期に始まる頼季流信濃源氏の有力武士団である高梨氏の築造によるものと推定されます。
 高梨氏は、鎌倉時代から室町時代にかけて北信地方で勢力を拡大し、室町時代後期までには中野地方を完全に支配下においたとみられ、この勢力拡大の過程で中で、当地に本拠地を構えたものと考えられます。

 室町時代末期、甲斐武田氏と越後上杉氏の抗争の中、高梨氏はかねてから親交の深かった上杉氏を頼り、越後に一時退去するなどの紆余曲折を経たのち、慶長3年(1598)に上杉氏が会津に移封されると、共に会津へ移りました。
 それに伴い館も廃館となったと考えられます。

館跡北東隅の掘立建物跡の平面表示
館跡北東隅の
掘立建物跡の平面表示
館跡南東隅の庭園跡
館跡南東隅の庭園跡
 
 昭和61年(1986)から平成4年(1992)にかけて実施された公園整備のための発掘調査では、門跡一棟、礎石建物跡五棟、掘立柱建物跡七棟、庭園跡等が確認されました。
 中世の方形館跡内で庭園遺構が確認されたのは、県内では唯一の事例です。
 また土塁の断ち割り調査では、土塁が少なくとも三段階の構築過程を経ていることが確認されました。

 周囲に土塁と空堀を廻らした長方形(東西130m・南北100m)の単郭式縄張りです。
空堀には3ヶ所土橋が設けられており、土塁は幅広く、内部から3m、堀底から5m以上もの高さの所もあります。
 それにしても、土塁の中に漆喰で固められた築地塀が埋まっていたなんてすごいです。
方形館南辺の土塁と空堀
南西辺の土塁と空堀 南辺中央部の土橋と空堀(西面) 南辺中央部の土橋と空堀(東面)
南西辺の土塁と空堀南辺中央部の土橋と空堀(西面)南辺中央部の土橋と空堀(東面)
漆喰で固められた築地塀が埋まっている土塁 土橋と虎口の東側にかかる木橋 南西辺の土塁と空堀
漆喰で固められた築地塀が
埋まっている土塁
土橋と虎口の東側にかかる
木橋
南東辺の土塁と空堀
 
top へ
方形館東辺の土塁と空堀
東南辺の土塁と空堀 東辺中央部の土橋と空堀(北面) 東北辺の土塁と空堀
東南辺の土塁と空堀東辺中央部の土橋と空堀(北面)東北辺の土塁と空堀
top へ
方形館北辺の土塁と空堀
北東辺の土塁と空堀(西方面) 北西辺の土塁と空堀(東方面)
北東辺の土塁と空堀(西方面)北西辺の土塁と空堀(東方面)
top へ
方形館西辺の土塁と空堀
西北辺の土塁と空堀 西北辺からの土塁と土橋
西北辺の土塁と空堀西北辺からの土塁と土橋 (20kB)
西辺の土橋と土塁
西辺の土橋と土塁 (16kB)
西南隅の土塁からの模擬木橋と空堀 西辺の土塁にかかる模擬木橋と空堀
西南隅の土塁からの
模擬木橋と空堀
西辺の土塁にかかる
模擬木橋と空堀
top へ
方形館内部
館の北西部 南西隅の土塁上からの館内部
館の北西部南西隅の土塁上からの館内部 (21kB)
北東の掘立建物跡と東辺中央の出入口 庭園跡近くにある井戸 東南辺にかかる模擬木橋への出口
北東の掘立建物跡と
東辺中央の出入口
庭園跡近くにある井戸
 
東南辺にかかる
模擬木橋への出口
top へ

 高梨館跡公園                                     平成20年8月12日時点  
◇所在地 ・長野県中野市小舘4
◇交通 ・長野電鉄長野線信州中野駅から、徒歩約10分(約1km)
・上信越自動車道・信州中野IC〜県道29号線を中野市内に向い、
   吉田交差点から県道358号線に入り、約1.5km直進し、左側に駐車場あり
◇駐車場 ・公園の駐車場を利用
◇入園料・無料
◇問い合わせ信州なかの観光協会  TEL:0269-23-2211
  長野県中野市中央2-2-6

参考文献現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2008 kみむ