馬籠城跡(別名・丸山城)

旧中山道沿いの城跡説明板と丸山坂の石碑(荒町方面) 
ダブルクリックで拡大図(96kB)へ
旧中山道沿いの城跡説明板と
丸山坂の石碑(荒町方面)
主郭中心部に祀られている豊川神社石碑と小さな祠 
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ
主郭中心部に祀られている
豊川神社石碑と小さな祠
 この辺りの地名を「丸山」とも「城山」ともいい、ここには今から五百年ほど前の室町時代から「馬籠城(砦)」があったことが記されている。

 戦国動乱の時代、馬籠は武田信玄の領地となるが、武田氏滅亡後、織田信長の時代を経て、豊臣秀吉傘下の木曽義昌の治めるところとなる。

 天正12年(1584)3月、豊臣秀吉・徳川家康の両軍は小牧山に対峙した。
 秀吉は徳川軍の攻め上がることを防ぐため、木曽義昌に木曽路防衛を命じた。
 義昌は兵三百を送って山村良勝に妻籠城を固めさせた。
 馬籠城は島崎重通(島崎藤村の祖)が警備した。

 天正12年9月、徳川家康は、飯田の菅沼定利・高遠の保科正直・諏訪の諏訪頼忠らに木曽攻略を命じた。
説明板を上った所の庚申塚横の登城口 
ダブルクリックで拡大図(91kB)へ
説明板を上った所の
庚申塚横の登城口
主郭と虎口跡
主郭と虎口跡
 
 三軍は妻籠城を攻め、その一部は馬籠に攻め入り馬籠の北に陣地を構えた。

 馬籠を守っていた島崎重通はあまりの大軍襲来に恐れをなし、夜陰に紛れて木曽川沿いに妻籠城へ逃れた。
 このため馬籠の集落は戦火から逃れることができた。

 今、三軍の陣地を敷いた馬籠集落の北の辺りを「陣場」という。

 慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで天下を制した家康は、木曽を直轄領としていたが、元和元年(1615)尾州徳川義直の領地となり、以後戦火のないまま馬籠城は姿を消した。
          <現地案内板より>

虎口跡の石垣と土塁 
ダブルクリックで拡大図(98kB)へ
虎口跡の石垣と土塁
「馬籠」バス停近くからの城跡と北側畑の遠景(西方面) 
ダブルクリックで拡大図(48kB)へ
「馬籠」バス停近くからの城跡と
北側畑の遠景(西方面)
 馬籠は、平成17年(2005)2月より中津川市と県境を越えて市町村合併をした旧長野県木曽郡山口村にあり、妻籠とともに中山道木曽路の観光地です。

 落合宿の石畳(復元)を見ながら道なりに2km程進んだ荒町集落を超えた旧中山道沿いの左手の小山下に城址説明板があります。
 かっては木曾義昌の支城として機能していたそうですが、現在城域の大半が畑地と山林になっている。主郭には小さな祠が祀られていますが、明瞭な遺構は残っていないようです。

[ 馬籠観光案内所で入手できる 「中山道 馬籠宿 案内略図 へ ]


  馬籠城跡                                        平成23年11月9日時点
◇所在地・岐阜県中津川市馬籠(山口神坂荒町)
◇交通 ・JR中央本線 中津川駅より北恵那交通バスで馬籠行き(乗車時間30分)、終点「馬籠」下車し、
   馬籠荒町方面へ、徒歩約10分
・JR中央本線 南木曽駅からバスで妻籠経由馬籠行き(乗車時間30分)、終点「馬籠」下車し、
   馬籠荒町方面へ、徒歩約10分
・中央自動車道 中津川ICを下り、国道19号線を松本方面に約7km程進み、「沖田」の信号を
   右折し、県道7号線を道なりに約8km程進んで、馬籠宿の下入口とは反対側の細い道
   (旧中山道)を左に曲がって約500m程進んだ荒町手前右手に城跡説明板があり
 あるいは、国道19号線「沖田」の信号を右折して約400m程進んで、木曽路口のバス停手前で
   左折し、つづら折の道を3km程道なりに進んで、馬籠集落手前の落合宿の石畳(復元)、
   新茶屋方面に右折し、約2km程進み荒町集落を超えたところの左手に城跡説明板があり
◇駐車場・城跡説明板そばの路肩に路駐するか、
   約500m程北東側の馬籠宿下入口の「馬籠館」無料駐車場を利用
◇問い合わせ馬籠観光案内所    TEL:0573-69-2336

参考文献 ・現地の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2011 kみむ