国史跡 福島関所跡

―― 「入鉄砲に出女」を厳しく取り締まった天下四大関所のひとつ ――

東門跡前からの関所跡と資料館、西門 
ダブルクリックで拡大図(80kB)へ
東門跡前からの関所跡と
資料館、西門
関所資料館入口前からの西門(東方面) 
ダブルクリックで拡大図(57kB)へ
関所資料館入口前からの
西門(東方面)
 福島関所の創設された年代は明らかではないが、中山道の開かれた慶長7年(1602)をあまりくだらない頃のことと考えられ、中山道の重要な守りとして碓井、箱根新居と共に当時天下の四大関所と称していたものである。
 当初から木曽地方の代官山村氏が代々その守備に任じ、明治2年6月までその機能を果たしてきた。

 この関所は、各藩境等に見られる番所の類と機能を異にし、特に「女改め」と「鉄砲改め」とに重点が置かれていた。
 中山道が東海道と共に当時江戸と京都とを結ぶ幹線の道路とされていたことや「女改め」の手形の本紙はこの関所に留め下り(江戸へ向うもの)のものについては、ここから碓井関所へ「書替手形」を発行する、とされていたことなどからみて、この関所が、徳川幕府による交通政策上、いかに重大視されていたかがうかがわれる。

西門前からの築地塀跡と井戸跡(東方面) 
ダブルクリックで拡大図(94kB)へ
西門前からの築地塀跡と
井戸跡(東方面)

 
西門そばにある福島関跡石碑(北面) 
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
西門そばにある
福島関跡石碑(北面)

 
 廃関後、関所の諸施設は、全部取こわされてしまったので、当時の面影はほとんどとどめていなかったが、昭和50年(1975)夏に行われた発掘調査の結果、寛文年間(1661〜70)頃のものと推定される関所古絵図にみられる
  一.御関所敷地 弐拾五間三尺
  一.敷地是より大道北の柵迄拾六間
  一.御席所間口五間 奥行五間
  一.下番所間口五間 奥行六間
  一.東門外に駒寄 拾五間一尺五寸
  一.捨門(西側)外に柵七間五尺その先端駒寄四間四尺
  一.南側根の井山迄東門のつづき柵を三拾九間四尺
の規模にわたる関所遺構の全容を確認することができた。
 これを史跡公園として整備保存する計画がたてられ、史跡公園に隣接して、昭和52年4月27日当時の御番所建物を再現、関所資料館が完成し、昭和54年3月13日文部省より国史跡として指定された。
関所橋からの関所跡七間ガケの石垣(北面) 
ダブルクリックで拡大図(77kB)へ
関所橋からの関所跡
七間ガケの石垣(北面)
西門からの中山道への池井坂と木曽川(北西方面) 
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
西門からの中山道への
池井坂と木曽川(北西方面)
 平成2年史跡内の民地の公有化にともない第二次発掘調査を実施し、史跡保存、環境整備の一環として平成4年度に東西両門と木柵および武家屋敷後の公園化復元修景整備をしたものである。
                      <現地説明板より>

 江戸へ向う街道の天下の四大関所の一つですが、河岸段丘上段にある関所西門へ木曽川沿いの旧中仙道からの登り道が延びていて、その高さはかなりのものです。
 しかし、私が訪れたときには、復元したはずの東門が見当たらなかったのですが、どうしたのでしょうか。台風か何かで壊れてしまったのでしょうか。

[ 現地西門そばにあった 福島関所跡 復元図 (58kB) へ ]
top へ >< down へ >
福島関所資料館
 関所建物(上番所・下番所・勝手)を模した福島関所資料館では、武具や証文などを見ることができます。
 
関所橋からの関所資料館、高瀬家資料館下の池井坂(北面)
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
関所橋からの関所資料館、
高瀬家資料館下の池井坂(北面)
西門からの資料館入口前の通路と中山道への池井坂(西方面)
クリックで拡大図(77kB)にいきます。
西門からの資料館入口前の通路と
中山道への池井坂(西方面)
東門跡からの関所資料館と西門(西方面)
クリックで拡大図(70kB)にいきます。
東門跡からの関所資料館と
西門(西方面)
関所資料館入口の棟門と詰所(内側)
クリックで拡大図(111kB)にいきます。
関所資料館入口の棟門と
詰所(内側)
上番所前からの資料館入口の棟門と詰所(東面)
クリックで拡大図(84kB)にいきます。
上番所前からの資料館入口の
棟門と詰所(東面)
上番所前からの下番所への廊下と建物入口(東方面)
クリックで拡大図(43kB)にいきます。
上番所前からの下番所への
廊下と建物入口(東方面)
下番所内に展示の関所全景ジオラマ
クリックで拡大図(53kB)にいきます。
下番所内に展示の
関所全景ジオラマ
上番所内部と奥の通路(南東方面)
クリックで拡大図(47kB)にいきます。
上番所内部と奥の通路
(南東方面)
ギャラリーとして使用されている土蔵(資料館南西角)
ギャラリーとして使用されている
土蔵(資料館南西角)
up へ >< down へ >
山村代官屋敷
 山村氏は鎌倉幕府の大学頭大江匡衡(ただひら)一族の流れを祖とし、木曽義元の食客となったことにはじまり、木曽氏の重臣として活躍しました。後に、関ヶ原に向う徳川秀忠の先鋒を承って活躍し、勝利を得たことから木曽谷の徳川直轄支配をまかされる木曽代官となり、以後明治2年(1869)に至る二百七十四年間木曽谷を支配し関所を守っていました。
 木曽の山林と四大関所の一つ福島関所の関守を兼ねていたその権力は強大で、その屋敷は豪壮を極めたものでした。文政11年(1822)の絵図によると福島小学校を含む敷地に庭園が二十あり、そのうち築山泉水の庭が五つ、その一つが現存する下屋敷と庭です。
 
福島小の南東角にある代官屋敷東門跡の石垣
クリックで拡大図(91kB)にいきます。
福島小の南東角にある
代官屋敷東門跡の石垣
東門跡の石垣に刻まれている紀行文の一節の説明
クリックで拡大図(58kB)にいきます。
東門跡の石垣に刻まれている
紀行文の一節の説明
木曽街道屏風絵による山村代官屋敷概念図 (32kB)
木曽街道屏風絵による
山村代官屋敷概念図 (32kB)
山村代官屋敷の正面入口の門と板塀
クリックで拡大図(86kB)にいきます。
山村代官屋敷の正面入口の
門と板塀
入口の門をくぐってすぐ左にある稲荷の祠
クリックで拡大図(97kB)にいきます。
入口の門をくぐって
すぐ左にある稲荷の祠
翠山楼から見える城陽亭の庭園
翠山楼から見える城陽亭の庭園
唯一残る築山泉水式の城陽亭庭園
クリックで拡大図(96kB)にいきます。
唯一残る築山泉水式の
城陽亭庭園
内部に展示されていた赤穂藩浅野内匠(たくみのかみ)の願書
クリックで拡大図(84kB)にいきます。
内部に展示されていた
赤穂藩浅野内匠の願書
並べて展示されていた現代かなふりの赤穂藩浅野内匠の願書
クリックで拡大図(57kB)にいきます。
現代かなふりの
赤穂藩浅野内匠の願書
木曽家饗応料理のサンプルや衣装が展示されている部屋
木曽家饗応料理のサンプルや
衣装が展示されている部屋
山村家家臣の着用した消防衣装
山村家家臣の着用した
消防衣装
ご神体に狐のミイラが祭られているお末社様
ご神体に狐のミイラが
祭られているお末社様
享保8年(1723)に再建された12代山村良祺公の書斎「看雨山房」
クリックで拡大図(40kB)にいきます。
享保8年(1723)に再建された
12代山村良祺公の書斎「看雨山房」
漢学者石作駒石の書斎「翠山楼」の内部
漢学者石作駒石の書斎
「翠山楼」の内部
漢学者石作駒石の書斎「翠山楼」の内部
漢学者石作駒石の書斎
「翠山楼」の内部
「翠山楼」裏側の廻り廊下
「翠山楼」裏側の廻り廊下
up へ >< top へ >

 国史跡 福島関所跡、福島関所資料館                         平成23年11月10日時点
◇所在地・長野県木曽郡木曽町福島
◇交通・JR中央本線 木曽福島駅 から木曽川沿いの行人橋方面に下り、福島市街を東に進み、
   木曽路 文化ギャラリーの駐車場奥の階段を関所跡へ上る(徒歩約15分、約1.3km)
◇駐車場・木曽路 文化ギャラリーの駐車場を利用
◇開館時間・4月〜11月:午前8時〜午後5時30分(11月は午後4時30分閉館)
・12月〜3月:午前8時30分〜午後4時30分
◇休館日・12月〜3月の毎週火曜日、年末年始
◇入館料・大人:300円、小人:150円
◇問い合わせ ・福島関所資料館   TEL:0264-23-2595
・(株)まちづくり木曽福島<広小路プラザ内>   TEL:0264-22-2766
木曽町観光協会    TEL:0264-22-4000

 山村代官屋敷                         平成23年11月10日時点
◇駐車場・屋敷南側の専用駐車場を利用
◇開館時間・4月〜11月:午前8時〜午後5時30分(11月は午後4時30分閉館)
・12月〜3月:午前8時30分〜午後4時30分
◇休館日・12月〜3月の毎週木曜日、年末年始
◇入館料・大人:300円、小人:150円
◇問い合わせ・TEL:0264-22-3003

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、木曽福島町教育委員会の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2011 kみむ