飯山城跡

―― 謙信が築いた越後防衛・信濃侵攻の前進基地としての平山城 ――

本丸枡形虎口の石垣
ダブルクリックで拡大図(82kB)へ
本丸枡形虎口の石垣
 
城下から移築された推定復元の城門
ダブルクリックで拡大図(66kB)へ
城下から移築された
推定復元の城門
 この地は、東は千曲川に沿い、西は関田・斑尾の山地に囲まれ、越後への軍事交通の要地であった。

 城は独立丘陵を削りならして構築した平山城で、梯郭式に本丸・二ノ丸・三ノ丸が南北に連なり、その西側は帯郭・西郭・外郭に区画され、四周は一重の濠をめぐらす。
 本丸の南側は特に防備を固め、濠は広く、土塁は高く、急傾斜で、東・北・西の三面は直立に近い石垣を築く。
 本丸・二ノ丸・三ノ丸には城主の居館・政庁・城櫓があり、西郭は重臣の屋敷、濠外は家中屋敷・公共施設、その外側に城下町が発達していた。

 この城はもと常磐牧の泉氏の居城で、のち上杉謙信の居城となり、永禄7年(1564)ごろ武田信玄の侵攻に備え、謙信の創意の縄張とさらに上杉景勝の修築による特色ある城郭で、上杉氏の信濃出陣の拠点となった。

本丸石垣と階段
ダブルクリックで拡大図(93kB)へ
本丸石垣と階段
 
弓道場側の南中門跡礎石
道場側の南中門跡礎石
 
 慶長3年(1598)上杉氏の会津移封後は、関・皆川・堀・佐久間・松平・永井・青山・本多の諸氏が交替して城主となった。

( 飯山城 見取図 へ (58kB) )

 飯山城は、越後・上杉謙信の春日山城とも僅かな距離で、甲斐・武田信玄に対抗して、越後防衛・信濃侵攻の前進基地として築いた平山城です。
 東側背後に天然の堀となる千曲川を控え、小高い丘の上に本丸・二ノ丸。三の丸を南北に連ねて、ほかに西郭や北に外郭があります。

 本丸の枡形虎口とその石垣は、結構見ごたえがありますが、城下に移築されていた門を復元させた城門は、なぜかかえって場違いな雰囲気です。
本丸
葵神社が鎮座する本丸跡
葵神社が鎮座する本丸跡 (32kB)
神社鳥居前からの本丸石垣(南西面) 西側帯郭跡から本丸・葵神社への石段
神社鳥居前からの本丸石垣(南西面)(20kB)
 
西側帯郭跡から
本丸・葵神社への石段
神社前からの本丸石垣(南面) 神社横からの本丸石垣(東面)
クリックで拡大図(kB)にいきます。
神社前からの本丸石垣(南面)(23kB) 神社横からの本丸石垣(東面)
枡形虎口内からの本丸石垣(北面)
枡形虎口内からの本丸石垣(北面) (29kB)
本丸石垣上から見る枡形虎口の石垣 本丸石垣上から見る枡形虎口内側と二ノ丸跡
クリックで拡大図(88kB)にいきます。
本丸石垣上から見る枡形虎口の石垣 (17kB)
 
本丸石垣上から見る
枡形虎口内側と二ノ丸跡
二ノ丸から見た本丸石垣と枡形虎口入口(北面)
二ノ丸から見た本丸石垣と枡形虎口入口(北面) (21kB)
top へ
二ノ丸
本丸から見下ろした二ノ丸跡
本丸から見下ろした二ノ丸跡 (23kB)
本丸虎口前からの二ノ丸跡(北方面) 本丸石垣沿いの二ノ丸跡(東方面)
本丸虎口前からの二ノ丸跡(北方面) (15kB)本丸石垣沿いの二ノ丸跡(東方面)
top へ
三ノ丸
三ノ丸との間の二ノ丸土塁 花壇と樹木で埋め尽くされている三ノ丸跡(北方面)
三ノ丸との間の二ノ丸土塁(北面)花壇と樹木で埋め尽くされている三ノ丸跡(北方面) (20kB)
top へ
西郭と濠跡
往時水濠であった跡のうかがえる西側駐車場 西郭跡に移築された城門(内側) 道場側の南中門跡
往時水濠であった跡の
うかがえる西側駐車場
西郭跡に移築された
城門(内側)
道場側の南中門跡
 
top へ
周辺部
三ノ丸からの調練場跡と千曲川(北東方面) 城址標識の建つ本丸・帯郭下の入り口部分 調練場跡の飯山二中グランドからの飯山城址(北面)
三ノ丸からの調練場跡と
千曲川(北東方面)
城址標識の建つ
本丸・帯郭下の入り口部分
調練場跡の飯山二中グランドからの
飯山城址(北面)
top へ

 飯山城跡                                          平成20年8月12日時点  
◇所在地 ・長野県飯山市大字飯山城山
◇交通 ・JR飯山線北飯山駅から、徒歩約10分(約1km)
・上信越自動車道・豊田米山IC〜国道117号線〜飯山バイパス(千曲川沿い)を北上し、
   〜中央橋西交差点を左折し、県道97号線に入り、2つ目の本町交差点を右折、
   約300m北上、仲町交番前を右折、少し上るとすぐ左に駐車場有
◇駐車場 ・濠跡の西側駐車場を利用
◇問い合わせ ・有限責任中間法人 飯山市観光協会  TEL:0269-62-3133
  長野県飯山市大字飯山1110-1 飯山市役所内

参考文献現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2008 kみむ