荒砥城跡

―― 甲斐・越後・信濃国境の中世山城 ――

二の郭虎口の矢倉門
ダブルクリックで拡大図(78kB)へ
二の郭虎口の矢倉門
 
四の郭から上田方面を望む
四の郭から上田方面を望む
 
 荒砥城は今から約400年前の大永4年(1524)頃、この地を治めていた村上氏の一族である「山田氏」によって築かれた城で、郭が連なるように並んでいることから『連郭式山城』と呼ばれています。

 この時代は、全国各地で戦が繰り広げられていた戦国時代という時代です。
 この地も例外ではなく、荒砥城と千曲川をはさんだ対岸の山頂に築かれた葛尾城の城主村上義清は、上田原の戦い(1548年)や戸石城の戦い(1550年)では武田信玄との戦に勝ち、領地を守ってきました。
 しかし、天文22年(1553)4月、武田軍の圧倒的な軍勢の前に、ついに葛尾城は落城し、葛尾城主村上義清は塩田城(上田市)へ逃れ、上杉謙信に援軍を求めます。
 この戦いで、荒砥城も城主を失い、山田氏は滅亡します。

 同年8月、屋代氏が武田信玄から雨宮の替地として荒砥城を与えられ、屋代氏は屋代城から荒砥城に移ります。
二の郭矢倉門上からの井楼櫓
ダブルクリックで拡大図(114kB)へ
二の郭矢倉門上からの井楼櫓
 
四の郭手前の管理棟兼券売所と城跡碑
ダブルクリックで拡大図(81kB)へ
四の郭手前の
管理棟兼券売所と城跡碑
 しかし、同年9月の第一次川中島の戦いで、上杉謙信が屋代政国を攻め、荒砥城は落城します。
 その後、川中島の戦い(1553年〜1564年)を経て、荒砥城は上杉氏の治める城でした

 天正12年(1582)、徳川家康との更級郡安堵の密約により、海津城の副将であった屋代秀正は上杉方に背き、海津城を出て荒砥城に篭りますが、上杉軍に攻められ、荒砥城は落城。
 屋代秀正はその後、徳川家康の重臣として行動する。

 北信濃一帯が上杉景勝の領地となり、荒砥城は廃城になり、城としての役割を終えます。

[ 千曲市城山史跡公園 案内図 へ (84kB) ]

二の郭井楼櫓からの本郭の館や兵舎
ダブルクリックで拡大図(71kB)へ
二の郭井楼櫓からの
本郭の館や兵舎
三の丸から二の丸への通路下の遺構らしき石積み
ダブルクリックで拡大図(133kB)へ
三の丸から二の丸への通路下の
遺構らしき石積み
[ 荒砥城と城野越のしくみ へ (86kB) ]

 400年の眠りから覚めた荒砥城は、平成7年5月、千曲市城山史跡公園として整備されました。
 園内には、当時の山城の様子を再現して、本郭に城主の館・兵舎・矢倉門・石垣、二の丸には模擬井楼櫓・兵舎・矢倉門・石垣などが、復元整備されています。

 荒砥城からは、雄大に流れる千曲川と、その畔に広がる戸倉上山田温泉の町並み。
 遠くには北アルプスや戸隠山、飯縄山などを眺めることができます。

 荒砥城跡に、遺構らしいものはほとんどないそうですが、三の丸から二の丸への通路下には遺構らしき石積みがありますが、本物でしょうか。

周辺の遠望
二の郭井楼櫓から千曲川と上田市街方面を望む(南東方面)
二の郭井楼櫓から千曲川と上田市街方面を望む(南東方面)(26kB)
二の郭井楼櫓から千曲川と更埴市街(屋代・雨宮)方面を望む(北方面)
二の郭井楼櫓から千曲川と更埴市街(屋代・雨宮)方面を望む(北方面)(32kB)
top へ
四の郭と手前の管理棟兼券売所
四の郭下の駐車場 駐車場からの四の郭の石垣と上の管理棟 管理棟下の建物(トイレ)と平石の布積み
四の郭下の駐車場
 
駐車場からの
四の郭の石垣と管理棟
管理棟下の建物(トイレ)と
平石の布積み
四の郭入口からの管理棟下の道(南西方面) 四の郭と入口の管理棟方面(南西方面)
クリックで拡大図(98kB)にいきます。 入口からの四の郭内部(北東方面)
四の郭入口からの
管理棟下の道(南西方面)
四の郭と入口の
管理棟方面(南西方面)
入口からの
四の郭内部(北東方面)
四の郭手前にある管理棟兼券売所の門 管理棟兼券売所の手前にある城跡碑 三の郭への登城道から管理棟兼券売所と門
四の郭手前にある
管理棟兼券売所の門
管理棟兼券売所の
手前にある城跡碑
三の郭への登城道から
管理棟兼券売所と門
top へ
三の郭
ただの曲がり角に近い三の郭(北東方面) 三の郭下の帯郭(北東方面) 二の郭への通路下の帯郭(南西方面)
ただの曲がり角に近い
三の郭(北東方面)
三の郭下の
帯郭(北東方面)
二の郭への通路下の
帯郭(南西方面)
top へ
二の郭
 城内に侵入した敵をくい止める場所です。
 ここを突破されてしまったら、あとは城主のいる本郭しか残されていません。
 「兵舎(映像室・展示室)」と敵の動きを監視する見張台の「櫓」が再現されています。
 
三の郭から見上げた二の郭櫓(東面) 三の郭方面からの二の郭矢倉門(正面) 二の郭矢倉門前からの城野越(南西方面)
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
三の郭から見上げた
二の郭櫓(東面)
三の郭方面からの
二の郭矢倉門(正面)
二の郭矢倉門前からの
城野越(南西方面)
二の郭虎口の矢倉門(正面:南側) 二の郭虎口の矢倉門(内側)
二の郭虎口の矢倉門(正面:南側) (14kB) 二の郭虎口の矢倉門(内側)
二の郭矢倉門下からの虎口内部(北東方面)
クリックで拡大図(85kB)にいきます。 二の郭矢倉門と搦手口の冠木門(西方面)
クリックで拡大図(88kB)にいきます。 本郭矢倉門からの二の郭の冠木門・兵舎・櫓
クリックで拡大図(67kB)にいきます。
二の郭矢倉門下からの
虎口内部(北東方面)
二の郭矢倉門と
搦手口の冠木門(西方面)
本郭矢倉門からの二の郭の
冠木門・兵舎・櫓(東方面)
矢倉門と搦手口の冠木門に挟まれた二の郭兵舎(西方面)
クリックで拡大図(63kB)にいきます。 櫓展望台からの二の郭兵舎と本郭
クリックで拡大図(110kB)にいきます。
矢倉門と搦手口の冠木門に挟まれた二の郭兵舎(西方面) (14kB) 櫓展望台からの二の郭兵舎と本郭
二の郭兵舎(左側) 二の郭矢倉門からの兵舎(右側) 本郭からの二の郭兵舎と櫓
クリックで拡大図(80kB)にいきます。
二の郭兵舎(左側) 二の郭矢倉門からの兵舎(右側) 本郭からの二の郭・兵舎と櫓
top へ
本郭
 戦いのとき、城主の入る「館」や「兵舎」が再現されています。
 敵に攻め込まれたときには、最後の砦となる重要な場所です。
 
二の郭矢倉門からの冠木門と本郭矢倉門(西方面)
クリックで拡大図(65kB)にいきます。 二の郭搦手口冠木門と本郭への道(西方面) 二の郭冠木門からの本郭矢倉門(西方面)
クリックで拡大図(71kB)にいきます。
二の郭矢倉門からの冠木門と
本郭矢倉門(西方面)
二の郭搦手口冠木門と
本郭への道(西方面)
二の郭冠木門からの
本郭矢倉門(西方面)
本郭矢倉門内部 本郭虎口の矢倉門(内側)
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
本郭矢倉門内部 (13kB) 本郭虎口の矢倉門(内側)
本郭矢倉門下からの虎口内部(北東方面) 本郭矢倉門からの枡形と二の郭方面(東北方面)
本郭矢倉門下からの
虎口内部(北東方面)
本郭矢倉門からの枡形と二の郭方面(東北方面) (17kB)
 
矢倉門前からの館(西方面) 矢倉門前からの兵舎(西方面)
本郭矢倉門前からの館と兵舎(西方面) (23kB)
館内正面左 館内正面 館内正面右
館内正面左館内正面館内正面右
本郭矢倉門からの館(南東面) 本郭矢倉門からの兵舎(南面) 本郭の兵舎(東方面)
本郭矢倉門からの館(南東面)本郭矢倉門からの兵舎(南面)本郭の兵舎(東方面)
top へ

 城山史跡公園 荒砥城跡                                    平成20年8月12日時点  
◇所在地 ・長野県千曲市大字上山田3509番地1
◇交通 ・しなの鉄道戸倉駅から、車で10分(約1km)
・長野自動車道・更埴IC〜国道18号線を南下〜戸倉交差点を右折〜千曲川を渡りすぐ左折〜
  〜上山田温泉街の城山入口交差点を右折し〜県道498号線を城山史跡公園まで登る
・上信越自動車道・坂城IC〜県道91号線〜国道18号線に入り、北上〜
  〜戸倉・上山田温泉入口で左折し〜、県道498号線を直進、城山史跡公園まで登る
◇駐車場 ・城山史跡公園の駐車場を利用
◇休園日・12月28日〜1月3日
◇開園時間・御前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
◇入園料金・一般:300円、中学生以下:無料
◇問い合わせ ・千曲市城山史跡公園管理棟  TEL:026-275-6653
千曲市観光協会  TEL:026-275-1326

参考文献現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2008 kみむ