鵜殿城跡

展望台からの円形土塁で囲まれた主郭
ダブルクリックで拡大図(114kB)へ
展望台からの
円形土塁で囲まれた主郭
熊野街道から見上げる鵜殿城跡主郭のある小山(北方面)
熊野街道から見上げる
鵜殿城跡の小山(北方面)
 今よりは7〜800年前、熊野水軍が大きく活躍していた頃にこの地を治めた鵜殿氏の築城趾です。
 小高い丘の頂上に、周囲を土で土手状に積み上げ、中が窪地になっている掻上式土塁という方法で作られ中世山城の特徴をよく残しています。
 また、横にある展望台では、鵜殿地区が一望でき、見晴らしがよく、朝方には綺麗な日の出を見ることができます。

 「矢淵中学校」の東側の小高い丘の上にほぼ円形の土塁で囲まれた主郭のある城跡があります。
 現在「ふるさと歴史公園」として整備され、駐車場も完備されており、整備された遊歩道に従って登城するのもよいのですが、本当の登城口は、公園入口手前の民家の横の道を上がっていくようです。
 途中には虎口跡のような囲みもあります。

ほぼ円形の土塁で囲まれた主郭
ほぼ円形の土塁で囲まれた主郭(南東方面) (31kB)
展望台側からのほぼ円形の土塁で囲まれた主郭
展望台側からのほぼ円形の土塁で囲まれた主郭(北西方面) (29kB)
空堀を越えて主郭土塁にかかる登り梯子 空堀にかかる橋からの主郭土塁と空堀 登城口からみた主郭手前の空堀を挟んでいる土塁
空堀を越えて
主郭土塁にかかる登り梯子
空堀にかかる橋からの
主郭土塁と空堀
登城口からみた
主郭手前の空堀を挟んでいる土塁
主郭土塁上からの空堀と登城口方面
ダブルクリックで拡大図(90kB)へ 登城口中間にある虎口跡?
主郭土塁上からの
空堀と登城口方面
登城口中間にある虎口跡? (21kB)
 
top へ

 鵜殿城跡                                      平成21年8月10日時点  
◇所在地 ・三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿
◇交通 ・JR紀勢本線鵜殿駅から国道42号線(熊野街道)を新宮市に向って西進み、
   熊野川に出てすぐの「ふるさと歴史公園の看板」を右に入る(約1.5km、徒歩約30分)
◇駐車場 ・ふるさと歴史公園の無料駐車場を利用
◇問い合わせ ・紀宝町役場企画調整課    TEL:0735-33-0334

参考文献紀宝町ホームページ:観光情報
・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ