新宮城跡(別名:丹鶴、沖見城)
道路から松の丸・本丸への大手道の入口にあたる冠木門
ダブルクリックで拡大図(67kB)へ
道路から松の丸・本丸への
大手道の入口にあたる冠木門
本丸南下の登城口(駐車場)からの天守台石垣(南方面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
本丸南下の登城口(駐車場)からの
天守台石垣(南方面)

 新宮は、平安時代以降勢力を誇った熊野別当が根拠を構え、南北朝時代には源氏の子孫である新宮周防守(すおうのかみ)がこの地を支配しました。
 その後、戦国時代に奥熊野を統一した堀内氏の根拠地となり、関ケ原の戦で敗れるまで堀内氏が支配していました。

 関ヶ原合戦の後、和歌山城主となった浅野幸長の家臣・浅野忠吉が新宮城(別名・丹鶴城)を与えられて、浅野氏の奥熊野支配の中心地となり、慶長6年(1601)に築城を開始しました。
 元和元年(1615)の一国一城令でいったん廃城となるが、同4年、再建を許され、再び築城が始まる。

 元和5年(1619)、浅野氏にかわり徳川家康の十男・頼宣が紀州入国し、同時に頼宣の付家老として、新宮に水野重仲が入った。
本丸枡形の石垣(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(102kB)へ
本丸枡形の石垣(北西方面)
 
本丸から見る出曲輪と熊野川上流(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(78kB)へ
本丸から見る出曲輪と
熊野川上流(北西方面)
 重仲は、忠吉の築城工事を継続し、寛永10年(1633)、城は完成を見る。
 以後、明治の廃藩置県により廃城となるまで、紀州藩新宮領支配の中枢として機能した。

 新宮城は、市街地の北、熊野川を背にした秋立丘陵上にあり、東の最高所に「本丸」と「天守台」が、その西方に「鐘ノ丸」と「松ノ丸」が配置される。
 本丸の北には「出丸」があり、熊野川の河口、上流方向が見通せる。

 熊野川岸の「水ノ手」には、船着場と一万俵余の炭が収納できる大規模な炭納屋が設けられ、熊野川流域の備長炭を集積し、江戸なだへ出荷する拠点となっていた。

 また、隣接の現在保育園となっている場所は「二ノ丸」といい、領国支配の行政機関があった。
本丸の真下を貫通しているJR紀勢本線のトンネル
ダブルクリックで拡大図(109kB)へ
本丸の真下を貫通している
JR紀勢本線のトンネル

登坂付近の道路から本丸下駐車場への公園入口
登坂付近の道路から
本丸下駐車場への公園入口

 
 登城のための「大手道」は、二ノ丸の北側(市民会館)に入口があるが、今は立ち並ぶ民家でふさがれはいることはできない。

[ 新宮城跡 見取り図(現地説明板より)(81kB) ]

 いずれの曲輪へも枡形の虎口の石階段を登って上がる構造で、切り込みはぎや打ち込みはぎの石垣はすばらしいです。
 とくに出曲輪はいろいろな角度から見てもすばらしいものがあります。
 本丸から見る熊野灘や熊野川、新宮市内の風景もよいです。

 現在「丹鶴城公園」として整備、保存されていましたが、残念ながら船着場のある水の手には、がけ崩れの危険ありとのロープ等でいくことは出来ませんでした。
top へ
大手道筋の登城口
道路から松の丸・本丸への大手道の入口にあたる冠木門
ダブルクリックで拡大図(67kB)へ 松ノ丸への登城道の下にある段曲輪 登城道の途中にある石垣に挟まれた門跡?
道路からの大手道の入口にあたる
真新しい冠木門
松ノ丸への
登城道の下にある段曲輪
登城道の途中にある
石垣に挟まれた門跡?
top へ
松ノ丸
大手道からの松ノ丸正面枡形の石垣と鐘ノ丸の石垣 松ノ丸正面枡形
ダブルクリックで拡大図(87kB)へ 鐘ノ丸の石垣
ダブルクリックで拡大図(97kB)へ
大手道からの松ノ丸正面枡形の石垣と鐘ノ丸の石垣 (36kB)
松ノ丸正面枡形への大手道石階段 松ノ丸からの枡形内部(北西方面)
松ノ丸正面枡形への大手道石階段 松ノ丸からの枡形内部(北西方面)(14kB)
松ノ丸内部から大手道への階段(北東方面)
松ノ丸内部から大手道への階段(北東方面)
top へ
水ノ手
石組みが崩れて通行止めの松ノ丸から水ノ手への下り階段 石組みが崩れて通行止めの水ノ手への下り道 水ノ手への下り道
石組みが崩れて通行止めの
松ノ丸から水ノ手への下り階段
石組みが崩れて通行止めの
水ノ手への下り道
水ノ手への下り道
 
top へ
鐘ノ丸
松ノ丸からの左側石垣(北面) 松ノ丸からの正面石垣(北面)
ダブルクリックで拡大図(92kB)へ 松ノ丸からの右側石垣(北面)
松ノ丸からの左側石垣(北面) 松ノ丸からの正面石垣(北面) 松ノ丸からの右側石垣(北面)
松ノ丸側の北面東端石垣に埋め込まれた大きな石 枡形内部からの鐘ノ丸への石段(北東方面)
北面東側石垣に
埋め込まれた大きな石
枡形内部からの鐘ノ丸への石段(北東方面)(19kB)
 
鐘ノ丸内からの枡形内部(南西方面)
鐘ノ丸内からの枡形内部(南西方面) (20kB)
松ノ丸側枡形近くからの鐘ノ丸内部(南方面)
松ノ丸側枡形近くからの鐘ノ丸内部(南方面) (19kB)
鐘ノ丸中心南辺部にある庭園の池
鐘ノ丸中心南辺部にある庭園の池 (20kB)
天守台西下からの鐘ノ丸南面石垣(南西方面) 本丸枡形西側石垣上からの鐘ノ丸東側の石塁
天守台西下からの
鐘ノ丸南面石垣(南西方面)
本丸枡形西側石垣上からの鐘ノ丸東側の石塁(南西方面) (17kB)
 
top へ
本丸
鐘ノ丸からの本丸枡形への登り石段 鐘ノ丸からの本丸石垣と腰曲輪への石段(東方面)
ダブルクリックで拡大図(77kB)へ
鐘ノ丸からの本丸枡形への登り石段(北方面) (13kB) 鐘ノ丸からの本丸石垣と
腰曲輪への石段(東方面)
鐘ノ丸からの本丸石垣(西面)と出曲輪(北北東方面)
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ 鐘ノ丸からの本丸枡形への登り石段
鐘ノ丸からの本丸石垣(西面)と
出曲輪(北北東方面)
鐘ノ丸からの本丸枡形への登り石段(北北東方面)(16kB)
 
本丸枡形内部の石垣、階段 本丸枡形内部
ダブルクリックで拡大図(80kB)へ 枡形西側石垣上からの東側の登り石段(東北方面)
本丸枡形内部の石垣、階段(北方面) (19kB)
 
枡形西側石垣上からの
東側の登り石段(東北方面)
本丸北側からの本丸内部と枡形の石垣(南方面) 本丸西側石垣と鐘ノ丸上段部(南西方面)
ダブルクリックで拡大図(93kB)へ
本丸北側からの本丸内部と枡形の石垣(南方面) (19kB)
 
本丸西側石垣と
鐘ノ丸上段部(南西方面)
本丸北東端にある搦め手口?への枡形石垣 本丸北東端にある搦め手口?への枡形石垣 本丸北東端にある丹鶴姫の碑
本丸北東端にある搦め手口?への枡形石垣 本丸北東端にある丹鶴姫の碑
top へ
天守台
本丸下の東曲輪からの天守台への石垣(西方面)
ダブルクリックで拡大図(83kB)へ 天守台への登り石段(西北面)
ダブルクリックで拡大図(75kB)へ 鐘ノ丸東端部からの本丸天守台石垣(南面)
ダブルクリックで拡大図(83kB)へ
本丸下の東曲輪からの
天守台への石垣(西方面)
天守台への登り石段
(西北面)
鐘ノ丸東端部からの
本丸天守台石垣(南面)
top へ
出丸
本丸西端からの出曲輪の石垣(北方面)
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ 本丸からの出曲輪(北西面) 本丸からの出曲輪(北西面)
本丸西端からの
出曲輪の石垣(北方面)
本丸からの出曲輪(北西面)
 
top へ
本丸南下の公園入口と登城道
公園入口からの本丸下駐車場への登城道 登城道からの本来の本丸への傾斜のある登り石段と天守台石垣 通行止めとなっている本来の本丸への登り石段
ダブルクリックで拡大図(105kB)へ
公園入口からの
本丸下駐車場への登城道
登城道からの本来の本丸への
傾斜のある登り石段と天守台石垣
通行止めとなっている
本来の本丸への登り石段
top へ

 新宮城跡                                平成21年8月10日時点  
◇所在地 ・和歌山県新宮市新宮7690
◇交通 ・JR紀勢本線新宮駅から北西へ約600m(徒歩約10分)
・国道42号線で熊野川を渡ってすぐの"速玉大社前"信号を左折し、
 約600m直進した丹鶴城公園が城跡登城口
◇駐車場 ・丹鶴公園に無料駐車場があり
◇問い合わせ新宮市観光協会 (新宮駅構内)     TEL:0735-22-2840
新宮市役所 商工観光課 観光係   TEL:0735-23-3357

参考文献 ・新宮市観光協会の歴史史跡のページ
・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ