太田城址
来迎寺の本堂前にある城址碑
ダブルクリックで拡大図(80kB)へ
来迎寺の本堂前にある城址碑

太田城大門を移築した大立寺山門
ダブルクリックで拡大図(52kB)へ
太田城大門を移築した大立寺山門
 ここ来迎寺は、岡山県高松城、埼玉県忍城とともに日本三大水攻めのひとつに数えられる戦国時代の太田城の本丸跡と伝えられる場所である。

 城の範囲は、現在の来迎寺、玄通寺を中心に東西250m、南北200mで周囲に深い堀をめぐらし、東に大門をもっていたとされる。
 ここから北東約50mには、戦いにより亡くなった者を葬った小山塚、北東250mには太田城の大門があった場所とされる大門橋、北東約700mには水攻めの際に秀吉軍が築いた堤跡が残っている。

 なお、西約1kmの市内横向丁の大立寺の山門は、この太田城の大門を移したものと言われている。
 山門は医薬門型式で、高さ5.8mあり、材質は欅(けやき)を主体とし、栂(つが)を混えている。
来迎寺北東約50mにある小山塚
来迎寺北東約50mにある小山塚


来迎寺の山門
来迎寺の山門
 天正13年(1585)豊臣秀吉の紀州攻めに際し、大田党は太田左近宗正を大将として、約5千名が太田城に立てこも、十万余人の秀吉軍に対して強く抵抗したため、秀吉軍は城を取り囲む総延長5〜6kmにも及ぶ堤を築き、水攻めをおこなった。
 攻防一ヶ月、ついに左近ら中心人物五重余人の首を差し出すことを条件に他の者が助命されたとされる。

 遺構は、移築門とその城跡碑ぐらいしか、確認できませんでしたが、その昔は根来寺・雑賀衆とともに豊臣秀吉に抵抗して籠城し、後には太田城も秀吉得意の水攻めにあい、開城したそうです。

 太田城址                             平成21年8月12日時点  
◇所在地 ・和歌山県和歌山市太田529
◇交通 ・JR紀勢本線和歌山駅東口から約350m、徒歩約5分
◇駐車場 ・隣の玄通寺の駐車場を利用

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ