黒井城跡

―― 周囲約10kmにおよぶ山全体が巨大な城塞の城 ――

本丸に立つ保月城址碑
本丸に立つ保月城址碑
 
二の丸からの本丸石垣(南東面)
ダブルクリックで拡大図(71kB)へ
二の丸からの本丸石垣
(南東面)
 黒井城は別名を保筑城・保月城とも呼び、猪ノ口山(標高356m)にある山城で、南北朝時代の建武2年(1335)、春日部荘を領した赤松筑前守貞範(則村の次男)が、はじめて山頂に城を築いたことからその歴史が始まります。

 その後、約200年間数代の城主をへて、戦国動乱さ中の天文23年(1554)荻野(赤井)悪右衛門直正が城主となり、その勢威の拡大とともに、全面的に大改修の手を加えたのが現在の黒井城跡です。

 山頂の本城部分には、荒々しい野面積みの石垣をつみ上げ、これを囲んで中腹には三段曲輪・太鼓の段・石踏の段・西の丸・東出丸などの曲輪を配して防禦を固めています。
 さらに枢要な尾筋には千丈寺・龍が鼻・的場・百間馬場などの砦跡あり、また山中のいたる所に曲輪跡・土塁・堀切りなどの防禦施設が埋もれていて、周囲約10kmにおよぶ猪ノ口山系全体が巨大な城塞となっています。
無料駐車場左上の登山口にある城跡碑
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
無料駐車場左上の
登山口にある城跡碑
三の丸からの二の丸石垣(南東面)
ダブルクリックで拡大図(88kB)へ
三の丸からの二の丸石垣
(南東面)

 天正7年(1579)8月、さいも堅固を誇った黒井城も、丹波平定を急ぐ明智光秀の大軍の前に落城をとげました。
 その後400年余りの間、なんら人の手を加えられることなく、落城時のまま残り、貴重な文化財として国の指定史跡となっています。

 山頂では春日町を一望でき、山東平野を眼下に望み、晴天には京都の愛宕山、丹後の大江山を望見することができます。

 ふもとには、「春日局」幼名お福が呱々の産声をあげたと伝えられる当時の下館跡(興禅寺)が、七間濠・高石垣と白いねり塀で戦国時代の居館のようすを今に伝えています。
黒井城跡本城部の上空図
ダブルクリックで拡大図(94kB)へ
黒井城跡本城部の上空図
(登山口無料駐車場にある説明板より)
南曲輪跡からの三の丸石垣(南東面)
ダブルクリックで拡大図(114kB)へ
南曲輪跡からの三の丸石垣
(南東面)

[ 黒井城の縄張図(登山口無料駐車場にある説明板より)(56kB) ]


 結構キツイ登城道の坂(斜度30〜45度以上)を約30分を登ると主郭に到着しますが、途中15分ぐらいの所の「石踏の段」での見晴らしや、更に8分後ぐらいの「東曲輪」の立派な石垣に出会うと、あとは三の丸、二の丸、本の丸とすぐです。

 どの曲輪からも見晴らしがよいのですが、特に本丸からの360度のパノラマは本当にすばらしいです。でも、それにしてもよくこんな山頂にこれだけの広い曲輪を作れたものだと感心します。

石踏の段跡
登山道から見上げる石踏の段跡の門(東方面) 登山道から見上げる石踏の段跡の門(北方面)
クリックで拡大図(96kB)にいきます。 石踏の段跡内部(北西方面)
クリックで拡大図(98kB)にいきます。
登山道から見上げる
石踏の段跡の門(東方面)
登山道から見上げる
石踏の段跡の門(北方面)
石踏の段跡内部(北西方面)
 
top へ

東曲輪跡
東曲輪跡と三の丸への通路と石垣
東曲輪跡と三の丸への通路と石垣(南東面) (21kB)

三の丸跡
三の丸への入口(虎口)の石段 三の丸跡と二の丸への通路と石垣
三の丸への入口(虎口)の石段 三の丸跡と二の丸への通路と石垣(南東面) (20kB)
top へ

二の丸跡
二の丸への入口(虎口) 二の丸跡と本丸への通路と石垣
クリックで拡大図(51kB)にいきます。 本丸との間の二の丸堀切(東方面)
二の丸への入口(虎口)
 
二の丸跡と
本丸への通路と石垣(南東面)
本丸との間の二の丸堀切(東方面)
三の丸からの二の丸入口下の石垣
クリックで拡大図(96kB)にいきます。 本丸からの二の丸(南東方面)
クリックで拡大図(72kB)にいきます。
三の丸からの
二の丸入口下の石垣(西面)
本丸からの二の丸(南東方面)
top へ

本丸跡
二の丸からの本丸虎口と石垣
二の丸からの本丸虎口と石垣(南東面) (34kB)
本丸全景(北方面)
本丸全景(北方面) (24kB)
本丸の石垣と土塁 本丸石垣と土塁(北西端)
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
本丸の石垣と土塁(西面) (30kB)
本丸の土塁(北西端) 本丸西面の石垣
本丸の土塁(北西端) (18kB)本丸西面の石垣
西曲輪跡からの本丸土塁(北西面) 城址碑からの本丸全景(南東方面)
西曲輪跡からの本丸土塁(北西面) (19kB) 城址碑からの本丸全景(南東方面)
top へ

西曲輪跡
本丸下の西曲輪跡(北方面) 本丸下からの西曲輪(東方面)
本丸下の西曲輪跡(北方面) 本丸下からの西曲輪(東方面) (19kB)

太鼓の段跡
太鼓の段跡全景(南東方面)
太鼓の段跡全景(南東方面)(23kB)
top へ

 黒井城跡                                      平成21年8月13日時点  
◇所在地 ・兵庫県県丹波市春日町黒井
◇交通 ・JR福知山線黒井駅から、城山に向って北進し、右手に黒井幼稚園、
   左手に黒井小学校を過ぎて、更に坂を上がること徒歩10分で、登城口へ、
   そこから登城口を約40分で山頂本の丸へ
・舞鶴道春日IC〜国道175号線を西進/「野村」or「六反田」信号を右折〜
   〜JR踏切を超えて〜細い路地を北に向かい、「興禅寺」へ
◇駐車場 ・登山口右の無料駐車場(10台程度)を利用
・興禅寺前の「春日局庵」(トイレ設備あり)下駐車場(10数台程度)を利用
◇問い合わせ丹波市観光協会・春日観光案内所        電話:0795-70-3501

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ