紀伊田辺城跡(別名・錦水城)

会津川沿いの銀水公園入口(西面)
会津川沿いの銀水公園入口(西面)
2方向からの石段のある水門(北面)
ダブルクリックで拡大図(63kB)へ
2方向からの石段のある水門(北面)
 慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの後、紀伊国には浅野幸長が入国し、田辺には浅野左衛門佐氏重が入った。
 浅野氏は慶長11年(1606)、会津川左岸河口に築城し移るとともに、あらたに城下の町割を行った。
 田辺城はこの時に形づくられ、その城下町は今日の田辺市街地のもととなった。

 元和5年(1619)、徳川頼宣が紀州藩主となるとともに、頼宣の付家老であった安藤帯刀は、三万八千余石を与えられ田辺城主となり、以後幕末までこの城は安藤氏の居城であった。
 徳川幕府の一国一城制により、公的には館と称したが、幕末には銀水城とも呼ばれた。
 安藤家は紀州藩の筆頭家老として、和歌山に常駐し、田辺は親類の安藤小兵衛家が留守居役として、代々城代家老を務めた。
銀水神社西側の水門跡へ下る石段入口
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
銀水神社西側の水門跡へ下る
石段入口(北方面)

 
 
水門出口からの会津川
水門出口からの会津川
(南西方面)

 城の河口近くには、埋門型の水門が設けられ、この水門を利用した記録も多く残っている。
 明治3年(1870)、田辺城は廃城となり、早くに姿を消してしまったが、現在、僅かに水門が昔の面影を残している。

[ 田辺城跡 見取り図(現地説明板より)(52kB) ]

 田辺市の玄関・紀伊田辺駅から、古の熊野古道を偲ばせる道分け石、弁慶ゆかりの地、南方熊楠の旧居など、市街地の旧跡を回る『田辺探訪おすすめコース』がよさそうです。(約4km、所要時間約2時間)

 明治維新後、廃城となり、城跡としては会津川沿いの「錦水公園」に水門跡の石垣が残るばかりです。
 現地説明版には、かっての城の見取り図(建物の配置図)があります。

水門(北面左側) 水門(北面正面) 水門(北面右側)
2方向からの石段のある水門(北面)
会津川側の出口 銀水神社西側の水門跡へ下る石段入口
ダブルクリックで拡大図(64kB)へ
会津川側の出口 銀水神社西側の水門跡へ下る石段入口
top へ
 紀伊田辺城跡                                平成21年8月11日時点  
◇所在地 ・和歌山県田辺市上屋敷町
◇交通 ・JR紀勢本線紀伊田辺駅から、西南へ約1.5km、徒歩約20分
◇駐車場 ・「銀水公園」内に2台分の駐車場がありますが、ほとんど近所の人が止めていて
 使えません。仕方がないので、会津川沿いに公園入口近くに路駐しました。
◇問い合わせ田辺市観光協会   TEL:0739-26-9929

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ