赤木城跡

虎口からの主郭門跡の石垣(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(84kB)へ
虎口からの主郭門跡の石垣
(北西方面)
西郭からの主郭南端角の石垣(北北東方面)
ダブルクリックで拡大図(77kB)へ
西郭からの主郭南端角の石垣
(北北東方面)
 赤木城の築城年代については、和歌山藩が編纂した「紀伊風土記」には、寛文雑記を引いて天正年間、藤堂佐渡守(のち和泉守)高虎と、羽田長門守の両人が北山代官のとき築き、罪を犯した者を赤木城の西方の田平子峠で斬首し獄門にしたと記している。
 また、熊野市神山の倉谷家文書には、天正16年(1588)大和大納言(豊臣秀長)の北山攻めの後、築城したとある。

 藤堂佐渡守は、天正13年(1585)の紀州攻めの際、北山入りし、文禄4年(1595)四国伊予三郡を与えられるまでの11年間北山付近に在居し、この間二度の北山の陣で、一揆方を成敗したり、北山材の切り出しを行っているので、この頃現在の城郭に整備したものと考えられる。
 この城の特長は、中世と近世の築城法を併用した平山城である南北約130mの尾根を中心にして縄張りし、主郭、南の郭、西の郭を地割し、主郭の東側下の犬走りは北の付曲輪とその下方約50mの堀切に通じている。

北郭からの主郭石垣(北面)
ダブルクリックで拡大図(61kB)へ
北郭からの主郭石垣
(北面)
西郭3からの西郭2,1の石垣南面(北方面)
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
西郭3からの
西郭2,1の石垣南面(北方面)
 また、南の郭の下には、付曲輪を残し、その西側には自然の谷を空り堀にし、防禦に備えている。
 石垣は、野面乱層積みで、反りがなく、主郭の四隅は算木積みと横矢掛りの工法を用いている。

 城跡は、平成4年に保存管理計画が策定され、平成7年から15年まで発掘調査が行われ、平成16年までに石垣の積み直しや遊歩道の設置などの維持整備を行い、復元作業を行ってきました。

[ 赤木城跡 縄張り図(現地説明板より)(103kB) ]

 とにかく、高さ約3m程の野面積みの石垣などで縄張りされ、枡形虎口もよく残っており、各曲輪からの見晴らしもよく、さすが藤堂高虎の築城だけはあります。
 現地は、史跡公園として整備され、駐車場、トイレも完備しています。

(伝)鍛冶屋敷跡と周辺部
 この付近は、昔から「鍛冶屋敷」という地名が残っており、伝承もある。
 平成7年8月この地点で発掘調査を実施した結果多数のピットや土杭、焼土が検出され、永楽通宝及び施釉陶器(16世紀瀬戸産)、近世染付け椀の小片が出土した。
 
入口の国史跡赤木城跡板 鍛冶屋敷跡からの公園入口 入口前からの山麓風景(東方面)
入口の国史跡赤木城跡板
 
鍛冶屋敷跡からの公園入口
 
入口前からの山麓風景
(東方面)
駐車場からの鍛冶屋敷跡と東郭2の石垣
ダブルクリックで拡大図(58kB)へ 鍛冶屋敷跡と東郭2下の土塁と登城口坂道
駐車場からの鍛冶屋敷跡と
東郭2の石垣
鍛冶屋敷跡と東郭2下の土塁と登城口坂道 (15kB)
 
top へ
東郭・門跡
 東郭は、門をはさむ2つの郭からなっており、最初に敵を迎え撃つ場所です。 そのため、石垣は高く険しく積まれています。
 郭内で発掘調査は行われていませんが、礎石がいくつか見られることから、建物があったと考えられます。
 門跡では、礎石が3石残っており、間口8尺・奥行6尺の四脚の門があったと推定されます。
 門の直前で坂が急に険しくなっているのは、敵に攻められ難くするためだったのでしょうか。
 
登り口坂道からの東郭2と門跡の石垣(東面) 駐車場からの東郭と門跡(東面)
ダブルクリックで拡大図(55kB)へ
登り口坂道からの東郭2と門跡の石垣(東面) (kB) 駐車場からの東郭と門跡(東面)
東郭2と門跡の石垣 東郭内からの門跡開口部(北東方面)
東郭2と門跡の石垣(東面) (22kB)
 
東郭内からの門跡開口部
(北東方面)
東郭1と門跡の石垣
ダブルクリックで拡大図(135kB)へ 虎口上段部からの東郭1,2(南東方面)
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
東郭1と門跡の石垣(東面) (19kB)
 
虎口上段部からの東郭1,2
(南東方面)
東郭1横通路からの東郭2と門跡 主郭南端角からの東郭1,2(南東方面)
ダブルクリックで拡大図(84kB)へ
東郭1横通路からの東郭2と門跡(南東方面) (19kB)
 
主郭南端角からの東郭1,2
(南東方面)
top へ
虎口
 郭の出入口になる「虎口」は、城攻めの時にはここが要所となるので、敵を防ぐための工夫が凝らされています。
 赤木城では、通路を何度も折り曲げて二重の虎口を設け、要所には門を構えています。
 下段の虎口には、防御のためか階段が見られず、梯子のようなもので登っていたと考えられます。
 また、戦いの時以外は登城のための通路でもあり、主郭へ入る上段の虎口では大きな石を用いて立派に見せています。
 虎口では、石垣の崩落が著しい状態でした。 これについては城の廃絶後に、敵に利用されることを防ぐ目的で意図的に崩された可能性も考えられています。
 
東郭1横通路からの虎口下段の土塁と上段の石垣(北西方面) 東郭1からの虎口の土塁・石垣と主郭門跡の石垣(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ
東郭1横通路からの
虎口下段の土塁と上段の石垣(北西方面) (16kB)
東郭1からの虎口土塁・石垣と
主郭門跡の石垣(北西方面)
虎口下段部の土塁(南西面)
虎口下段部の土塁(南西面) (23kB)
虎口下段からの上段への入口と主郭門跡石垣(西方面) 虎口上段と主郭門跡の石垣(北西方面)
ダブルクリックで拡大図(113kB)へ
虎口下段からの上段への入口と
主郭門跡石垣(西方面)
虎口上段と主郭門跡の石垣(北西方面) (13kB)
 
虎口上段への登り口(北西方面) 虎口上段からの下段(東方面) 主郭からの虎口の上下段土塁・石垣(東方面)
ダブルクリックで拡大図(85kB)へ
虎口上段への登り口
(北西方面)
虎口上段からの下段
(東方面)
主郭からの虎口上下段の
土塁と石垣(東方面)
top へ
主郭
 主郭は、城の最高所にあり、城下からの比高は30mほどです。
 方形に近い台形をしており、高さ4mほどの石垣が巡ります。
 随所に横矢掛け(敵を側面から攻撃するために石垣を突出させた部分)が設けられています。
 石垣は、他の郭よりも高く丁寧に積まれ、城の中心にふさわしいつくりです。
 また、主郭に残っている礎石も大きく、他の郭より立派な建物があったと考えられます。
 ここからは播磨地域で生産された焙烙(土製の鍋)が出土しました。
 主郭からは赤木・長尾、平谷といった周辺の集落が一望できます。
 
主郭の門跡と南面の石垣 虎口上段からの主郭南面の石垣(南西方面)
ダブルクリックで拡大図(91kB)へ 虎口上段からの主郭門跡正面(南面)
ダブルクリックで拡大図(81kB)へ
主郭の門跡と南面の石垣 (23kB)
主郭内部からの門跡と虎口上部(南東方面)
ダブルクリックで拡大図(95kB)へ 門跡内部と石垣、下部の虎口上下段の土塁(南東方面)
主郭内部からの門跡と
虎口上部(南東方面)
門跡内部と石垣、下部の虎口上下段の土塁(南東方面) (18kB)
 
主郭南端角からの主郭内部と門跡、下段虎口の石垣(北西方面)
主郭南端角からの主郭内部と門跡、下段虎口の石垣(北西方面) (24kB)
門跡からの主郭内部(北西方面)
門跡からの主郭内部(北西方面) (24kB)
門跡から主郭下の石垣と腰曲輪(東面) 北郭からの主郭北面の横矢掛けのある石垣
ダブルクリックで拡大図(104kB)へ
門跡から主郭下の
石垣と腰曲輪(東面)
北郭からの主郭北面の横矢掛けのある石垣 (18kB)
 
主郭北面の横矢掛け部の石組み 主郭北面石垣と横矢掛け部(東方面)
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ 主郭北部横矢掛け前からの北面石垣(西方面)
主郭北面の
横矢掛け部の石組み
主郭北面石垣と
横矢掛け部分(東方面)
主郭北部横矢掛け前からの
北面石垣(西方面)
主郭西端角石垣の石組み 主郭西端角下からの西面の石垣 主郭南端西面の横矢掛け部の石組み(南方面)
ダブルクリックで拡大図(81kB)へ
主郭西端角下からの
西面の石垣(南方面)
主郭南端西面の
横矢掛け部の石組み(南方面)
主郭南端角下からの西面の石垣 主郭南端角石垣の石組み
ダブルクリックで拡大図(91kB)へ
主郭西端角石垣の石組み
 
主郭南端角下からの
西面の石垣(北方面)
主郭南端角石垣の石組み
 
西郭からの主郭南端角の石垣(北北東方面)
ダブルクリックで拡大図(77kB)へ 主郭南端角下からの南面の石垣(東方面) 虎口上段部からの主郭南面石垣と南端部横矢掛け部(南西方面)
ダブルクリックで拡大図(91kB)へ
西郭からの主郭南端角の石垣
(北北東方面)
主郭南端角下からの
南面の石垣(東方面)
虎口上段部からの主郭南面石垣と
南端部横矢掛け部(南西方面)
top へ
北郭
 北郭は、石垣が2〜4段と低く、西面には石垣が積まれていないなど他の郭に比べて簡素なつくりですが、尾根の先には堀切が設けられ、北から来る敵を防いでいます。
 
主郭西端上からの北面横矢掛けの石垣と北郭(北東方面)
ダブルクリックで拡大図(65kB)へ 北端からの北郭と主郭石垣(北面)
ダブルクリックで拡大図(61kB)へ 主郭下からの北郭東部分(北方面)
主郭北面の横矢掛け石垣と
北郭(北東方面)
北端からの北郭と
主郭石垣(北面)
主郭下からの北郭東部分
(北方面)
top へ
西郭
 細長い尾根の上に築かれた西郭は、4つの郭からなっています。
 尾根の西側にある大きな谷は、斜面を削り敵が登りにくいようにしています。
 西郭1では2棟の礎石建物と室(食物などを貯蔵する施設)か水溜と思われる石組み遺構が見つかりました。
 西郭2・4にも礎石がいくつか見られることから、建物があったと考えられます。
 西郭の石垣は、他の郭と比べて傾斜が緩くなっており、また、麓からよく見える部分には大きな石が使われています。
 西郭からは天目茶碗や砥石、釘などが出土しました。
 
東郭門跡からの西郭1(西方面) 主郭南端角からの西郭1(南方面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ 西郭1の北端にある室か水溜と思われる石組み遺構
東郭門跡からの西郭1
(西方面)
主郭南端角からの西郭1
(南方面)
西郭1の北端にある
室か水溜と思われる石組み遺構
主郭側(北側)の西郭1の東面石垣(南方面) 西郭1に残る建物礎石跡と西面石垣(南方面)
主郭側(北側)の西郭1の
東面石垣(南方面)
西郭1に残る建物礎石跡と西面石垣(南方面) (15kB)
 
西郭2からの西郭1の石垣(南面) 西郭1の石垣(南面)
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ
西郭2からの西郭1の石垣(南面) (20kB)
西郭3からの西郭2,1の石垣南面(北方面)
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ 西郭4下からの西郭4、3、2の土塁と石垣
西郭3からの西郭2,1の
石垣南面(北方面)
西郭4下からの西郭4、3、2の
土塁と石垣(北方面)
top へ
南郭
 南郭は、他の郭と違い丘陵裾に築かれています。 これは、他の郭が防御の役割を担っていたのに対し、南郭は主に生活の場であったためと考えられます。
 南郭1と3では建物の礎石や土留めの石積みが見つかりました。
 さらに南郭3ではかまど跡が見つかりました。 かまどは三方を石と粘土で固め、土が焼けて赤色に変色していました。
 付近にはかって4基のかまど跡が残っていたと言われており、生活色の強い場所であったと考えれます。
 下には田平子峠を経て入鹿へと続く道があり、普段の生活には便利だったのでしょう。  
西郭4への登り道(手すり) 南郭2内部(東方面) 南郭3からの南郭2,1(北方面)
西郭4への登り道(手すり) 南郭2内部(東方面) 南郭3からの南郭2,1(北方面)
top へ

 赤木城跡                                平成21年8月10日時点  
◇所在地 ・三重県熊野市紀和町赤木
◇交通 ・国道42号線を熊野市に向って南下、JR紀勢本線・有井駅の近くの
   「熊野市歴史民俗資料館」のある「有馬町」交差点を過ぎて、
   「立石南」信号を右折し、国道311号線を約15km程西進、
   「風伝トンネル」を抜けてすぐを右折し、県道40号線に入り、
   そのまま山道を進む、案内板に従って進むと史跡公園にでます。
◇駐車場 ・史跡公園の駐車場を利用、トイレもあり
◇問い合わせ熊野市役所・紀和庁舎   TEL:05979-7-1112
・紀和町教育委員会     TEL:05979-7-0051
・熊野市観光協会      TEL:0597-89-0100

参考文献 ・現地解説板、現地入手のパンフレット
・熊野市役所ホームページ―観光―歴史を体験:赤木城

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ