結城城跡

―― 関東八家の一に列して勢力をふるい、戦国時代を生き残った結城氏の平城 ――

城跡公園北側駐車場から見た高さ5mを越える館の城塁(北面)
ダブルクリックで拡大図(75kB)へ
城跡公園北側駐車場から見た
高さ5mを越える館の城塁(北面)
浄水場前からの館と西館の間の幅20mもある空堀(南方面)
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ
浄水場前からの館と西館の間の
幅20mもある空堀(南方面)
 結城城は、治承年間(1177〜1180)に結城朝光が築いたとされるが確証はない。
 むしろ南北朝動乱期に築城されたと見るべきであろう。

 その後、結城家は室町時代に関東八家の一に列して勢力をふるい、戦国時代には宇都宮・佐竹氏らと伍して生き残り、天正19年(1591)徳川家康の二男秀康を十七代晴朝の養子にもらい受け、慶長6年(1601)越前福井への国替えまで関東の雄として栄えた。

 結城氏の転出後、結城城は廃城となったが、元禄13年(1700)水野勝長(一万八千石)の入部によって再興され、明治に至るまで水野家の居城となった。

 結城の名を不朽にしたのは、永享12年(1440)の結城合戦である。
 関東公方足利持氏が将軍義教と争って滅ぶと結城家十一代氏朝(1402〜1441)は、持氏の遺児春王丸と安王丸を奉じて兵を挙げた。
館の中心部にある三日月橋と城跡公園方面の道路(北方面)
ダブルクリックで拡大図(87kB)へ
館の中心部にある三日月橋と
城跡公園方面の道路(北方面)
東側畑地から見た中館や東館の城塁
ダブルクリックで拡大図(50kB)へ
東側畑地から見た
中館や東館の城塁
 幕府は、諸将に氏朝らの討伐を命じたが、結城落城まで一年余の歳月を費やし、結城の名を天下に轟かす結果となったのである。

 結城城は、鬼怒川と田川によって形成された低地に突き出た台地を利用して築かれました。
 したがって、城の周囲は沼や深田で取り囲まれたうえ、さらにその北側から東側にかけて田川が流れるなど、平城でありながら天然の要害になっていました。

 城は、実城・館・中城・西館・東館と呼ばれた五つの大きな曲輪と、付属的な曲輪から構成されていました。
 現在、城跡公園があるところが館で、江戸時代に結城水野氏が城を築いたときには、この部分が本丸でした。
 また、この館の北側に、現在は残されていませんが、かって五反ほどの曲輪が存在し、室町時代の結城氏の城では、実城と呼ばれ、主郭であったと考えられます。
城域西側大手前の水辺公園として整備されている沼地、水堀跡(北方面)
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ
城域西側大手前の水辺公園として
整備されている沼地、水堀跡

 
 
西館西側に流れる水堀跡と思われる水路(南方大手方面)
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
西館西側に流れる水堀跡と
思われる水路(南方大手方面)
 また、館の西側の曲輪が西館で、南側の曲輪が中城、さらに中城の南側で、城之いちばん南に位置しているのが東館です。

 これらの曲輪は、内堀で区切られていました。
 城全体をほぼ南北と東西にわける内堀は、深さ6〜7m、幅20〜25mにおよぶもので、台地上で水はでないため、空堀でした。

 この曲輪と曲輪を結ぶため、内堀には土橋や木橋がかかっていました。
 現在、城跡公園から南に通じる通路には、館と中城を結ぶ土橋が残され、浄水場の正面前の道路も館と西館を結ぶ土橋であると考えられます。

[ 結城城の曲輪と内堀の図へ (41kB) ]

 周辺の田畑から比高15m近くの台地の上に5つの曲輪を分かつ内堀がありますが、特に館と西館の間に残る深さ6〜7m、幅20〜25mに及ぶ空堀は凄いです。
top へ
館の北西部に建つ聡敏神社(南方正面) 聡敏神社隣の城跡歴史公園入口(南西面) 土橋跡からの館と西館の間の幅20mもある空堀(南方面)
クリックで拡大図(64kB)にいきます。
館の北西部に建つ
聡敏神社(南方正面)
聡敏神社隣の
城跡歴史公園入口(南西面)
土橋跡からの館と西館の間の
幅20mもある空堀(南方面)
城跡歴史公園となっている館北部(北東方面)
城跡歴史公園となっている館北部(北東方面) (29kB)
城跡公園北側駐車場から見た高さ5mを越える館の城塁(北面) 館の城塁北東部(北面) 館の城塁北西部(北面)
城跡公園北側駐車場から見た高さ5mを越える館の城塁(北面) (28kB)
館東側の城塁(南方面) 館南側にある埋蔵金採掘跡が池となった三日月橋
館東側の城塁(南方面) 館南側にある埋蔵金採掘跡が池となった三日月橋 (21kB)
竹が密集している館南部の中城との間にある堀(西方面) 大手からの中城の南側城塁と堀跡(東方面) 東館東端と中城との間の堀跡(東方面)
竹が密集している館南部の
中城との間にある堀(西方面)
大手からの中城の南側城塁と
堀跡(東方面)
東館東端と
中城との間の堀跡(東方面)
中城と東館の城塁と間の堀跡の道(東方面) 中城城塁南下からの東館城塁(北面)
中城と東館の城塁と間の堀跡の道(東方面) (kB) 中城南下からの東館城塁(北面)
中城中間南部の高さのある城塁(南面) 竹やぶで見通しの悪い東館北東部(東方面)
中城中間南部の高さのある城塁(南面) (22kB) 竹やぶで見通しの悪い
東館北東部(東方面)
城跡東側畑から見た中館や東館の城塁(東面)
城跡東側畑から見た中館や東館の城塁(東面) (21kB)
結城小学校西側の模擬土塀(北方面) 道路からの結城小学校の南東側にある棟門と塀
クリックで拡大図(61kB)にいきます。 結城小学校南東側の模擬土塀と水堀跡(南西方面)
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
結城小学校西側の
模擬土塀(北方面)
道路からの結城小学校の
南東側にある棟門と塀
結城小学校南東側の模擬
土塀と水堀跡(南西方面)
top へ

 結城城跡                                 平成22年2月6日時点  
◇所在地 ・茨城県結城市結城
◇交通 ・JR水戸線 結城駅より北に進み、つむぎ郷土館の次の交差点を右折して、
   問屋街を東に進み、突当りを左折して、玉岡通りを進み、
   結城小学校を過ぎて、最初の信号機手前の紬の里への看板を右折して、
   坂道を登ると、城跡公園(徒歩約25分)
◇駐車場 ・城跡公園北側県道結城二宮線沿いの駐車場を利用
◇問い合わせ ・結城市観光協会      TEL:0296-32-1111(代)
結城市商工観光課     TEL:0296-32-1111(代)
・結城市民情報センター   TEL:0296-34-0150(代)

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ