小山田城址

銅板葺きの大泉寺山門
銅板葺きの大泉寺山門
 
小山田高家公顕彰碑
小山田高家公顕彰碑
 
 桓武平氏の流れを汲む小山田別当有重、承安元年(1171)この地に城を築いて小山田の庄を領した。
 源平争乱の時代に小山田一族は、源頼朝の家人として活躍し、平氏滅亡のあと、建久元年(1190)頼朝初の京都入洛に際して、有重の子三郎重成、四郎重朝、五郎行重は、畠山重忠らとともに先陣の隋兵として従った。
 頼朝亡きあと、北条時政の誹りを受け、元久2年(1205)三郎重成、四郎重朝とその子等は、将軍実朝により二俣川に於いて謀殺された。
 ここに小山田一族は離散した。

 元弘3年(1333)小山田一族の裔小山田太郎高家、新田義貞の侍大将として登場。
 小山田城を固守していた北條泰家の軍を追って鎌倉に攻め入り、北條一族を討滅した。
 ここに建武中興成る。
馬蹄形の東側尾根から望む西側尾根
馬蹄形の東側尾根から
望む西側尾根
丘の中腹にある供養塔
丘の中腹にある供養塔
 
 その後、足利尊氏が叛くに及んで、高家は湊川の合戦に奮戦の折、主君義貞 生田の森で足利軍の矢ぶすまに立ちつくすを見て、高家おのれの馬に乗せ奉りて、主君の危急を救い、自らは処女塚で壮烈な戦死を遂げる。
 時に延元元年(1336)5月25日と 太平記は記している。

 小山田城址と伝えられる大泉寺境内の西北の山腹に、三基の宝篋印塔(ほうきょういんとう)があるが、有重、行重、高家三人の供養塔といわれている。
 梵字の彫刻も苔むして定かではない。
 塔のたたずまいは、小山田の風土と永い歴史をわれわれに語りかけてやまない。
 然し今日、開発の波は怒涛の如く、由緒あるこの城址に逼りつつある時、ここに美しい風土に秘められた歴史の跡を偲び、併せて小山田高家公及び小山田一族の名声を末永く顕彰するためこの碑を建立する。
           (「大泉寺」の「小山田高家公顕彰碑」より)
観音堂の建つ東側曲輪跡
観音堂の建つ東側曲輪跡
 
東側曲輪最高所に建つ秋庭神社
東側曲輪最高所に建つ
秋庭神社

 小山田緑地の北にある大泉寺本堂が城館跡で、その裏山が城跡である。
 本堂裏山の東西の尾根に、東から2つの濠切、主郭、南虎口、二郭、西虎口・馬出が、馬蹄形の両側尾根には小郭が設けられていたそうです。

 現在馬蹄形の両側尾根には小山田城址墓苑となり、そのほかは、「檀家・寺関係者以外、無断の立ち入りをお断りします」の看板にて確認できませんでした。(でも、断れば、入山できたみたいですが・・・)

 あの武田勝頼一行の受入れを拒否し、自家の存続を優先したといわれる甲斐国岩殿城主の小山田氏は、この小山田重成の弟行重(一説に行平)の末裔といわれているそうです。

 小山田城址                           平成22年9月20日時点  
◇所在地 ・東京都町田市下小山田町332−2
◇交通 ・小田急電鉄 小田原線 町田駅 「町田バスセンター」12番のりばから
   「小山田」行バスにて約15分「大泉寺前」にて下車 徒歩約3分
◇問い合わせ町田市役所 経済観光部 産業観光課   TEL:042-724-2128

参考文献 ・「大泉寺」の「小山田高家公顕彰碑」より

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ