七沢城跡(別名・城、七沢要害)

七沢病院玄関への北側道路にある城跡碑 
ダブルクリックで拡大図(94kB)へ
七沢病院玄関への
北側道路にある城跡碑
『新編相模国風土記稿』にある七澤城址の図 
ダブルクリックで拡大図(73kB)へ
『新編相模国風土記稿』にある
七澤城址の図
 室町時代の中ごろ、宝徳2年(1450)のことです。鎌倉公方 足利成氏(しげうじ)の近臣たちと関東管領山内 上杉憲忠(のりただ)の重臣たちとの間に争いが起こります。
 上杉方に攻められた成氏は、いったん江の島にのがれますが、七里が浜での合戦で上杉方は敗退し、憲忠は七沢(ななさわ)山に要害を構えました。
 成氏は、この年5月に事態の成り行きなどを記した書状を室町幕府に差し出しました。これが「鎌倉大草子」という書物に残っており、初めて文献の中に、七沢城に関する記述が登場することになります。

 長享2年(1488)、山内(やまのうち)、扇谷(おうぎがやつ)両上杉氏の間の不和が高じ、山内上杉顕定(あきさだ)が、当時扇谷上杉氏の所有していた七沢城方面に襲来します。
 扇谷上杉定正(さだまさ)は川越から一昼夜で駆けつけ、七沢城付近の南実蒔原(みなみさねまきはら)において、少数の兵で顕定の大軍を破り、奇跡的な勝利をあげました。これが実蒔原の合戦です。
雪が残っている見城山頂(南東方面) 
ダブルクリックで拡大図(68kB)へ
雪が残っている見城山頂
(南東方面)
昭和18年 永江雅章氏 撮影の七沢城跡景観の図 
ダブルクリックで拡大図(42kB)へ
昭和18年 永江雅章氏 撮影の
七沢城跡景観の図
 しかしこの時、定正側にも大きな痛手が生じたらしく、一説には、この時七沢城主であった七沢朝昌(ともまさ)(定正の兄弟)が戦死したとも伝えられています。

 七沢城が最終的に放棄された時期について、はっきりしたことは分かっていません。おそらく、小田原北条氏がこの地域を制圧する16世紀半ばではなかったかと思われます。
 城の中心は、現在七沢リハビリテーション病院脳血管センターが建っているいる部分と思われますが、病院の東側、私立七沢児童館の建設に先立って行われた発掘調査の結果、ここにも15世紀の建物址などが残っていることが発見されました。建物址には、火災を被ったような痕跡があり、16世紀まで下らずに放棄されたようです。もしかすると実時原の合戦の際に炎上したのかもしれません。
 七沢城は中世の山城であり、江戸時代の天守閣を備えた城とはかなり違ったものだと思われます。丘陵の地形をうまく利用し、部分的に造成を行いながら、相当な面積にわたって、大規模な砦のようなものを築いたのではないでしょうか。
木の根元に史跡碑の建つ実蒔原古戦場跡
木の根元に史跡碑の建つ
実蒔原古戦場跡
実蒔原古戦場跡から望む見城山(北西方面) 
ダブルクリックで拡大図(50kB)へ
実蒔原古戦場跡から望む
見城山(北西方面)
 この付近には、七沢城に関連すると思われる古い地名が残っています。
                 <現地説明板より>

 はじめ、畑の中に1本の木の根元にある「史跡実蒔原古戦場」碑を見て、そこから見城(みじょう)山方面に見える神奈川リハビリテーション病院の建物が建つ丘陵が七沢城跡かと思い、そこに向かって行ってひとしきり城跡碑などを探しましたがなく、事前調査の資料をよくよく見ると、城の中核部分は「水汲沢(みずくさわ)」を挟んだ北側の七沢リハビリテーション病院であることが分かりがっかりでした。

 現在の七沢城には、病院玄関北側の道路に城跡碑があるだけで、ほかに何の遺構も残っていませんが、代わりに七沢城の物見・詰城とも考えられる見城山頂(標高375m)に登り、七沢城跡や厚木市街、そしてはるか先の新宿や品川の高層ビル群を望むのはいかがですか。
top へ >< down へ >
史跡実蒔原古戦場
大山を背景に古戦場跡に建つ木と史跡碑 
クリックで拡大図(120kB)にいきます。
大山を背景に古戦場跡に
建つ木と史跡碑
木の根元に立つ史跡碑 
クリックで拡大図(110kB)にいきます。
木の根元に立つ史跡碑
up へ >< down へ >
七沢城跡
城跡に建つ七沢病院と城跡碑のある北側道路(北面) 
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
城跡に建つ七沢病院と
城跡碑のある北側道路(北面)
高旗観音前バス停からの城跡(南東方面) 
クリックで拡大図(70kB)にいきます。
高旗観音前バス停からの城跡(南東方面)
 
水汲沢(みずくさわ)からの高さのある城跡(南面) 
クリックで拡大図(64kB)にいきます。
水汲沢からの
高さのある城跡(南面)
城域から高旗山に続く尾根(西方面) 
クリックで拡大図(79kB)にいきます。
城域から高旗山に続く
尾根(西方面)
見城山頂下見晴台からの七沢城跡に建つ七沢病院遠景 
クリックで拡大図(86kB)にいきます。
見城山頂下見晴台からの
七沢城跡に建つ七沢病院遠景
up へ >< down へ >
見城(みじょう)
 山頂には常に物見の兵がいて、津古久物見峠と連絡を取ったり、さらに南の糟屋館(伊勢原市上杉館)へ合図を送ったりした場所と言われている。
 
東側の尾根伝いに続く急な登山道
東側の尾根伝いに続く
急な登山道
山頂西側下の巨石と虎口状地形(山頂方面) 
クリックで拡大図(103kB)にいきます。
山頂西側下の巨石と
虎口状地形(山頂方面)
西側虎口状地形下の尾根伝いの登山道
西側虎口状地形下の
尾根伝いの登山道
見城山頂主郭部(北東方面) 
クリックで拡大図(100kB)にいきます。
見城山頂主郭部
(北東方面)
見城山頂主郭部に建つ説明板(南東方面) 
クリックで拡大図(86kB)にいきます。
見城山頂主郭部に建つ
説明板(南東方面)
山頂南直下の腰郭状の平場と巨石(南方面) 
クリックで拡大図(100kB)にいきます。
山頂南直下の腰郭状の
平場と巨石(南方面)
up へ >< top へ >

  七沢城跡                                        平成24年1月28日時点
◇所在地・神奈川県厚木市七沢
◇交通 ・小田急・小田原線 本厚木駅、または、伊勢原駅より七沢温泉行きで、「七沢病院」で下車
◇問い合わせ ・厚木市 産業振興部 観光資源課  TEL:046-225-2464
・東丹沢七沢観光案内所        TEL:046-248-1102

参考文献 ・現地の説明板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2012 kみむ