中久喜城跡(別名:栃井城)

曲輪T北西部の物見台跡?前の説明板と城跡碑(東方面)
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ
曲輪T北西部の物見台跡?前の
説明板と城跡碑(東方面)
L字型の曲輪T土塁と空堀前の中久喜城跡碑(西面、南方面)
ダブルクリックで拡大図(96kB)へ
L字型の曲輪T土塁と空堀前の
中久喜城跡碑(南方面)

 中久喜城は、小山市字中久喜に所在する中世の城郭で、西仁連川と谷戸田(低湿地)に挟まれた台地の先端部に位置します。

 城郭の範囲は、東西約400m、南北約450mで、城は、JR水戸線によって南北に分断されていますが、北側の住宅部分を除いて、遺構は良く残っています。
 城はこれらの遺構から、三つの曲輪によって構成されていたと考えられます。
 曲輪Tは、周囲を二重の土塁と空堀で囲み、南側には枡形虎口(出入口)が設けられています。
 曲輪内には「城ノ内」の地名が残り、本丸にあたると思われます。
 また、「西城」の地名のある曲輪Uは、南西角から北に向って土塁が見られます。
 曲輪中央には、南北に延びる道に沿って屋敷が並んでいたことが推定されています。
 曲輪Vには、土塁などは認められませんが、「万年寺」の地名が残されています。
曲輪T中心部の畑と東部分の土塁(東方面)
ダブルクリックで拡大図(67kB)へ
曲輪T中心部の畑と
東部分の土塁(東方面)
曲輪T東部の土塁と空堀を挟んで外側の土塁跡(東面)
ダブルクリックで拡大図(50kB)へ
曲輪T東部の土塁と空堀を挟んで
外側の土塁跡(東面)
 戦国時代に当地より移転したと伝えられる小山氏の菩提寺万年寺(本郷町)との関わりが憶測されます。

[ 中久喜城跡 縄張図 へ (116kB) ]

 この中久喜城の築城年代は不明です。
 十四世紀後半に関東地方を揺るがした小山善政の乱のさい、善政が鎌倉府と戦うための根拠地とした城の一つである「岩壷城」ではないかといわれています。

 その後、天正18年(1590)に、小山高朝の子で結城政勝の養子となった結城晴朝が隠居して「中久喜栃井城」に移ったことが「結城御代記」(1852年成立)にみえ、この城は「栃井城」とも呼ばれています。

 中久喜城は、祇園城結城城の中間に位置します。
曲輪T南側枡形跡の大手入り口(南西面)
ダブルクリックで拡大図(97kB)へ
曲輪T南側枡形跡の
大手入り口(南西面)
線路により削り取られている本の丸(曲輪T)北西部
ダブルクリックで拡大図(63kB)へ
線路により削り取られている
本の丸(曲輪T)北西部
 小山政光を共通の祖とする小山・結城の両氏を結びつける重要な役割をになった城であったことをうかがえます。
 しかし、慶長6年(1601)に、結城氏が越前に転封になると、廃城となりました。

 中久喜城は、JR水戸線によって南北に分断されていて、そのせいか、南側の本丸跡は、余り手が入っておらず、空堀跡の入口には不法投棄が目立ちます。

 しかし、南側の入口から広い本丸跡へ入ってみると、その周囲を高い土塁が巡っており、整備すれば、その大きさが目立つと思うのですが。
top へ
曲輪T北西部の物見台跡?下の空堀(南方面)
クリックで拡大図(101kB)にいきます。 曲輪T北西部L字型土塁の上部(北方面)
クリックで拡大図(74kB)にいきます。 曲輪T東部空堀からの外側の土塁跡(東面)
曲輪T北西部の物見台跡?下の
空堀(南方面)
曲輪T北西部L字型土塁の
上部(北方面)
曲輪T東部の空堀からの
外側の土塁跡(東面)
南側大手入り口からの曲輪T(本丸)内部(東方面)
南側大手入り口からの曲輪T(本丸)内部(東方面) (27kB)
曲輪T内部と西側土塁(西方面) 曲輪T南側大手前からの空堀と外側土塁跡(南東方面)
曲輪T内部と西側土塁 曲輪T南側大手前からの空堀と外側土塁跡(南東方面) (23kB)
線路からの曲輪U西側の土塁と空堀跡(北方面) 曲輪U南西角に残る土塁跡(西南西方面)
線路からの曲輪U西側の
土塁と空堀跡(北方面)
曲輪U南西角に残る土塁跡(西南西方面) (21kB)
 
top へ

 中久喜城跡                                     平成22年2月6日時点  
◇所在地 ・栃木県小山市中久喜
◇交通 ・JR水戸線 小田林駅より北へ約500m直進、県道264号線に出て、西に向って約1.3km進み、
   〜国道4号線の立体交差をくぐり、最初の信号機を過ぎてすぐの左側の路地を入り、
   〜約400mで城址碑のある「物見」へ(徒歩約2km、約30分)
   本の丸(曲輪T)へは、時計回りに農道を進み、踏切を渡りに約400mで本の丸中心部へ
◇問い合わせ小山市役所ホームページ へ TEL:0285-23-1111(代)
小山市観光協会        TEL:0285-22-9273

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ