古河公方館跡(別名:鴻ノ巣館)

民家園西側の館趾碑と説明板(西方面、後方は土塁跡)
ダブルクリックで拡大図(95kB)へ
民家園西側の館趾碑と説明板
(西方面、後方は土塁跡)
館趾碑横からみた西側の深く広い空堀(北方面)
ダブルクリックで拡大図(98kB)へ
館趾碑横からみた
西側の深く広い空堀(北方面)
 ここは旧御所沼につきでた半島の中ごろで、古河公方足利成氏以来別館のあった趾で、鴻巣御所とも呼ばれていました。

 成氏が鎌倉から古河に走ったのは康正元年(1455)で、二年後の長禄元(1457)年には下河辺氏の築城した古河城を修築して、ここに移りました。
 それから後、古河公方成氏、政氏、高基、晴氏、義氏に至る百二十余年の間古河は関東一円に重要な位置を占めていました。

 天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原征伐時の古河城破却により、五代義氏の一人娘氏姫が当館に移住し、江戸時代の初期まで存続していました。

 古河公方の城趾が大正初期に渡良瀬川改修工事のため、大部分河敷となり、この鴻巣御所趾は往時をしのぶ史跡として意義深いものがあります。

半島部(公方様の森)北側の土塁と水路(東方面)
ダブルクリックで拡大図(87kB)へ
半島部(公方様の森)北側の
土塁と水路(東方面)
足利公方義氏等の墓のある徳源院跡(公園北方桃林内)
ダブルクリックで拡大図(87kB)へ
足利公方義氏等の墓のある
徳源院跡(公園北方桃林内)
 この碑の西と東には、当時の空ほりと土塁をとどめています。

[ 古河総合公園 園内案内図 (101kB) ]

 古河公方館は、現在の広大な古河総合公園内にあります。
 御所沼と堀に囲まれた比高4mの半島状台地にあり、沼の切れている近くには広く深い堀切があり、半島部と旧民家が建つ曲輪跡を分けています。

 また、御所沼の南側は、高い土塁と堀(排水路?)が二重に展開されています。

 訪問日は『古河桃まつり』初日で、人出も多かったですが、公園北側の桃林の花はまだ三分咲きでした。

半島部の館跡と御所沼周辺
 【御所沼】
  名前は、沼の畔に古河公方が館を構えたことに由来します。
  戦後、水田に埋め立てられましたが、平成8年に復元しました。
 
管理棟前からの御所沼の星湖釣殿と半島部(民家園、公方様の森)北面 
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
管理棟前からの御所沼の星湖釣殿と半島部(民家園、公方様の森)北面
空堀からの公方様の森(西方面) 民家園と公方様の森を分ける半島部中間の広い空堀(北方面)
クリックで拡大図(98kB)にいきます。
空堀からの公方様の森(西方面) 民家園と公方様の森を分ける半島部中間の広い空堀(北方面)
半島部(公方様の森)北西側からの御所沼と水路と土塁(東方面)
クリックで拡大図(78kB)にいきます。 天神橋そばからの公方様の森(東方面)
半島部(公方様の森)北西側からの御所沼と水路と土塁(東方面) 天神橋そばからの公方様の森(東方面)
半島部(公方様の森)南岸からの御所沼と対岸
半島部(公方様の森)南岸からの御所沼と対岸
民家園の東側の土塁と芋ころがし坂碑(南方面)
クリックで拡大図(97kB)にいきます。 芋ころがし坂下茶畑南の土橋からの水路(西方面) 公園南部の高さのある土塁(南東方面)
民家園の東側の土塁と
芋ころがし坂碑(南方面)
芋ころがし坂下茶畑南の
土橋からの水路(西方面)
公園南部の高さのある土塁
(南東方面)
公園南部の土塁にはさまれた水路(西方面) 公園南部の両側を空堀ではさまれている土塁
公園南部の土塁にはさまれた
水路と(西方面)
公園南部の両側を空堀ではさまれている土塁
 
相ノ谷橋そばからの半島部(公方様の森)(東方面) 相ノ谷橋前からの駒が崎の森方面
相ノ谷橋そばからの半島部(公方様の森)(東方面) 相ノ谷橋前からの駒が崎の森方面
top へ
民家園 (旧飛田家、旧中山家住宅)
 【旧飛田家住宅】
  県内の曲がり家形式の農家のなかでももっとも古いもので、建築年代は18世紀前半と推定されます。
   [国指定重要文化財]
 【旧中山家住宅】
  岩井市の中山氏より寄贈されたもので、検地年代は延宝2年(1674)頃と推定されます。
   [茨城県指定重要文化財]

  ・開園時間:3月から11月 午前9時〜午後5時、12月から2月 午前9時〜午後4時
  ・入園料 :無料
  ・休園日 :月曜日、火曜日(ただし、祝日の場合は、その翌日。3月から5月は無休)
 
入口からの民家園内の空き地(郭跡?) 土間のうまやが飛び出しているL字型の旧飛田家住宅(南東面)
クリックで拡大図(83kB)にいきます。
入口からの民家園内の
空き地(郭跡?)
土間のうまやが飛び出しているL字型の旧飛田家住宅(南東面)
 
土間のある部屋の囲炉裏 土間からの板の間(東方面) 旧飛田家住宅(西面)
土間のある部屋の囲炉裏 土間からの板の間(東方面) 旧飛田家住宅(西面)
旧中山家住宅(南西面) 東から土間、広間、座敷、納戸からなる直屋の旧中山家住宅(南東面)
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
旧中山家住宅(南西面) 東から土間、広間、座敷、納戸からなる直屋の旧中山家住宅(南東面)
土間の東側にある民具 土間の北東部にあるかまど 土間からの裏広間にある機織機
クリックで拡大図(71kB)にいきます。
土間の東側にある民具 土間の北東部にあるかまど 土間からの裏広間にある機織機
座敷部屋内の中の和箪笥 土間からの表広間と奥の座敷部屋
クリックで拡大図(61kB)にいきます。 座敷部屋内部と奥の納戸
座敷部屋内の中の和箪笥 土間からの表広間と奥の座敷部屋 座敷部屋内部と奥の納戸
広間の天井の太い梁 公方館跡碑前からの旧中山家住宅(南西面)
クリックで拡大図(97kB)にいきます。 旧中山家住宅正面の棟門
広間の天井の太い梁
 
公方館跡碑前からの
旧中山家住宅(南西面)
旧中山家住宅正面の棟門
 
top へ
古河総合公園
 25ヘクタールにおよぶ広大な総合公園です。
 四季折々に美しい花々(はなもも、はなしょうぶ、おおがはす、はぎなど)が訪れる人をなごませます。

 【徳源院跡】
  徳源院は、古河公方五代足利義氏の娘氏女(うじひめ)の院号で、臨済宗鎌倉円覚寺の末寺です。
  義氏、氏女、義親の墓があります。 [茨城県指定文化財]
 
管理棟北側桃林入口に立つ桃むすめと花桃
クリックで拡大図(79kB)にいきます。 浄円坊池にかかる木橋と周辺の花桃(南西方面)
クリックで拡大図(71kB)にいきます。 浄円坊池にかかる木橋と周辺の花桃(北東方面)
管理棟北側桃林入口に立つ
桃むすめと花桃
浄円坊池にかかる木橋と
周辺の花桃(南西方面)
浄円坊池にかかる木橋と
周辺の花桃(北東方面)
桃林からの徳源院跡全景 徳源院跡内部
クリックで拡大図(88kB)にいきます。 中心に立つ足利義氏の墓
桃林からの徳源院跡全景 徳源院跡内部 中心に立つ足利義氏の墓
桃林西部分(東方面) 桃林中心部(東方面) 桃林北部分(北方面)
桃林西部分(東方面) 桃林中心部(東方面) 桃林北部分(北方面)
若杉鳥子の歌碑近くの花桃林(南方面)
クリックで拡大図(109kB)にいきます。 中山台下からの富士見塚(南西方面) 富士見塚からの公園管理棟と御所沼(南東方面)
若杉鳥子の歌碑近くの
花桃林(南方面)
中山台下からの富士見塚
(南西方面)
富士見塚からの公園管理棟と
御所沼(南東方面)
top へ

 古河公方館跡(古河総合公園内)                        平成22年3月20日時点  
◇所在地 ・栃木県古河市鴻巣399-1
◇交通 ・JR東北本線 古河駅西口より市道横山大山線に出て、南へ向かい、
   国道354号線を渡り、右前方が公園入口、徒歩約35分(約2.7km)
・古河駅西口南で、無料貸出自転車:桃チャり号を借りて(9:00〜16:00)で、こぐこと約15分
・国道4号線を北上し、利根川を渡ってすぐの(2つめの信号)中田町交差点を左折し、
   県道226号線に入り、次の利根川堤交差点を直進して、総合公園入口まで約3.7km
◇駐車場 ・古河総合公園の駐車場を利用
◇問い合わせ古河市観光協会        TEL:0280-91-1811
・古河駅内観光案内所     TEL:0280-30-3434

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ