国史跡 箱根関所

―― 江戸防衛のため箱根の剣に設けられ、「出女」に厳しかった関所 ――

旅人が関所改めを待った京口千人溜と京口御門(江戸側)
ダブルクリックで拡大図(41kB)へ
旅人が関所改めを待った
京口千人溜と京口御門(江戸側)
旅人が関所改めを待った江戸口千人溜と江戸口御門(大坂側)
ダブルクリックで拡大図(34kB)へ
旅人が関所改めを待った
江戸口千人溜と江戸口御門(大坂側)
 箱根関所が、江戸幕府によって、山と湖に挟まれた交通の要衝であるこの地に設置されたのは、元和5年(1619)のことと伝えられています。
 箱根関所は、江戸幕府が江戸防衛のために、全国に設置した53ヶ所の関所のうち、その中でも東海道の新居(静岡県)、中山道の木曽福島(長野県)、碓氷(群馬県)と並んで規模も大きく、特に重要な関所と考えられていたようです。

 この関所の配置は、箱根山中の東海道の中で、屏風山と芦ノ湖に挟まれた要害の地形を利用して、山の中腹から湖の中まで柵で厳重に区画し、江戸口・京口両御門を構え、大番所と足軽番所が向き合うものとなっています。

 関所の役割は、一般に「入り鉄砲に出女」を取り締まるところ、つまり江戸に入る武器類と江戸から出て行く女性に対して監視の目を光らせていたと言われていますが、ここ箱根関所では、入り鉄砲検査は行っておらず、「出女」に厳しい関所という特長がありました。
厩・外屋番所前からの大番所
ダブルクリックで拡大図(54kB)へ
厩・外屋番所前からの
大番所

 
厩・外屋番所前からの足軽番所
ダブルクリックで拡大図(65kB)へ
厩・外屋番所前からの
足軽番所
 江戸時代を通じて機能を果たしてきた番所ですが、設置から250年後の明治2年(1869)、明治新政府により関所制度が廃止され、その役割を終えました。

 箱根関所の跡地は、大正11年(1922)、「箱根関跡」として国の史跡に指定され、 昭和40年(1965)には番所の建物が建設されました。
 その後、昭和58年(1983)、江川文庫(静岡県伊豆の国市)から、慶応元年(1865)に完成した箱根関所の大規模修理についての克明な資料『相州箱根御関所御修理出来形帳』が発見され、資料の解析や跡地の発掘調査を経て、復元整備を終え、箱根の関所は往時の姿によみがえりました。

【箱根関跡保存整備事業の歩み】
 平成11年度から平成13年度にかけて、箱根関所の跡地一帯の発掘調査を行い、資料との整合性や遺構の残存状況の確認を行った上で、大番所・上番休憩所、厩、雪隠、京口御門などの建物や石垣、石段などの構造物の復元を行い、平成16年(2004)4月から、これらの建物の公開を始めました。
江戸口御門の外の湖側にあった弓や鉄砲の練習場(矢場)
ダブルクリックで拡大図(61kB)へ
江戸口御門の外の湖側にあった
弓や鉄砲の練習場(矢場)
江戸口御門への整備された杉並木道
ダブルクリックで拡大図(70kB)へ
江戸口御門への
整備された杉並木道

 平成16年度からは屏風山側の整備を進め、遠見番所や足軽番所、江戸口御門や足軽番所雪隠、京口御門から芦ノ湖へと続く石垣や京口千人溜斜面の石垣の復元工事を行い、さらに周辺環境整備として電線類の地中化の準備や杉並木保全を行い、平成19年春に全面公開に至りました。

[ よみがえった箱根関所の縄張図 (95kB) ]

 以前(20年以上前)に訪れた時は旧道沿いに柵に囲まれて関所跡の取調べの大番所があっただけだったのに、再訪したら、なんと完全復元された箱根関所が平成19年春から全面公開されていました。
 それにしても、結構近くはよく通っていたのに、その期間に再訪せずにいたものです。
top へ
箱根関所入口と旧東海道(京口側)
国道1号線からの関所入口の看板 関所(京口御門)への旧東海道 関所(京口御門)への旧東海道
国道1号線からの
関所入口の看板
関所(京口御門)への旧東海道
 
top へ
京口御門と外屋番所
 江戸口御門の対面側にあります。  形や大きさなどは、江戸口御門と同じです。
 
京口千人溜からの京口御門(江戸側)
クリックで拡大図(51kB)にいきます。 関所内からの京口御門(内側)と両脇の外繋と外屋番所
クリックで拡大図(34kB)にいきます。 大番所前からの京口御門と外屋番所
京口千人溜からの
京口御門(江戸側)
関所内からの京口御門(内側)と
両脇の外繋と外屋番所
大番所前からの
京口御門と外屋番所
top へ
大番所・上番休憩所
 大番所には、面番所と呼ばれる部屋があり、小田原藩から出向した関所役人がこの部屋につめ、ここを通る旅人の関所改めをおこなっていた関所の中心となる建物です。
 上番休憩所は、大番所の南側に位置し、棟続きの建物です。 1ヶ月交代で勤務する関所役人の日常生活の場として使われました。
 
大番所前からの厩、外屋番所
クリックで拡大図(42kB)にいきます。 江戸口御門前からの閉館した大番所(厩方面) 厩前からの大番所と御制札場(江戸御門方面)
大番所前からの
厩、外屋番所
江戸口御門前からの
閉館した大番所(厩方面)
厩前からの大番所と
御制札場(江戸御門方面)
面番所前にある鑓建(やりたて) 旅人を脅すための鉄砲や弓が飾られていた上の間 上の間前にある長柄建
面番所前にある
鑓建(やりたて)
旅人を脅すための鉄砲や弓が
飾られていた上の間
上の間前にある
長柄建
上番休憩所の勝手の間 関所役人や常番人が詰めていた面番所
クリックで拡大図(66kB)にいきます。 面番所内部のシルエット展示の役人
上番休憩所の勝手の間
 
関所役人や常番人が
詰めていた面番所
面番所内部の
シルエット展示の役人
たらいで湯浴みをしていた湯殿 上番休憩所内の土間 上番休憩所と物置
湯浴みをしていた湯殿 上番休憩所内の土間 上番休憩所と物置
かまどのある台所土間 物置代わりの納屋と兼用され、2頭の馬がいた厩 湖側から見た大番所と厩の間の出入口
クリックで拡大図(47kB)にいきます。
かまどのある台所土間
 
物置代わりの納屋と兼用され
2頭の馬がいた厩
湖側から見た大番所と
厩の間の出入口
芦ノ湖側からの上番休憩所と下部の石積 芦ノ湖側からの大番所と下部の石積
クリックで拡大図(65kB)にいきます。 芦ノ湖側からの上番所下雪隠と下部の石積
芦ノ湖側からの上番休憩所と
下部の石積
芦ノ湖側からの大番所と
下部の石積
芦ノ湖側からの上番所下雪隠と
下部の石積
top へ
足軽番所と遠見番所
 足軽番所は、大番所・上番休憩所の次に大きな建物で、大番所の向かい側、江戸口御門の脇にありました。 昼間は足軽が控えていたり、夜は足軽が寝ていた場所です。 建物内には足軽のための部屋や休憩所、関所破りをした罪人などを一時的に拘置する獄屋(牢屋)などがありました。
 江戸時代、旅人が芦ノ湖を船で通行することは禁止されていましたので、この遠見番所から足軽が昼夜を問わず交代で、四方の大きな窓から芦ノ湖や街道沿いを見張っていました。
 
江戸口御門とその脇にある足軽番所
クリックで拡大図(54kB)にいきます。 足軽番屋横の遠見番屋への出入口と井戸跡
クリックで拡大図(59kB)にいきます。 足軽番屋横の遠見番屋への出入口と井戸跡、外繋
クリックで拡大図(62kB)にいきます。
江戸口御門と
その脇にある足軽番所
遠見番屋への出入口と
井戸跡
遠見番屋への出入口と
井戸跡、外繋
足軽長屋前の三つ道具建 遠見番屋への出入口側の井戸跡 京口御門側の馬をつなぎとめる外繋
足軽長屋前の三つ道具建
(左から刺股、突棒、袖搦)
遠見番屋への出入口側の
井戸跡
京口御門側の
馬をつなぎとめる外繋
江戸口御門から見た閉館後の足軽長屋 大番屋前から見上げる遠見番屋
江戸口御門から見た
閉館後の足軽長屋
大番屋前から見上げる
遠見番屋
足軽の部屋 足軽長屋内の台所の土間と休憩所
足軽の部屋 足軽長屋内の台所の土間と休憩所 (11kB)
top へ
江戸口御門と杉並木街道
 江戸口御門は、高麗門という形式の門で、その高さは大番所・上番休憩所をしのいでいます。 江戸方面からきた場合には、この門から中が箱根関所の構内で、この門の前(江戸口千人溜)で身支度を整え、関所の中へ入りました。s
 
関所構内からの江戸口御門と御制札場
クリックで拡大図(56kB)にいきます。 旅人が関所改めを待った江戸口千人溜と江戸口御門(大坂側)
クリックで拡大図(34kB)にいきます。 江戸口御門の外の湖側にあった矢場
ダブルクリックで拡大図(61kB)へ
関所構内からの
江戸口御門と御制札場
江戸口千人溜と
江戸口御門(大坂側)
江戸口御門の外の
湖側にあった矢場
江戸口御門への整備された杉並木道 江戸口御門から恩賜箱根公園への整備された杉並木道 箱根旧街道杉並木
江戸口御門への
整備された杉並木道
江戸口御門から恩賜箱根公園への
整備された杉並木道
箱根旧街道杉並木
 
top へ

 箱根関所・箱根関所資料館                               平成21年7月11日時点  
◇所在地 ・神奈川県足柄下郡箱根町箱根1番地
◇交通 ・JR東海道本線「小田原駅」から、箱根町行きバス55分、関所跡入口下車徒歩2分
・小田原厚木道路、小田原西ICより車で40分
・東名御殿場ICより車で50分
・三島より、国道1号線を車で40分
◇駐車場 ・箱根関所旅物語館の駐車場を利用
◇開館期間・年中無休
◇開館時間・午前9時〜午後5時(団体予約の場合は時間外可)
・冬季(12月1日〜2月末日):午前9時〜午後4時30分
 ※ 入場は開館時間終了の30分前まで (標準観覧時間/約45分)
◇観覧料金・箱根関所と関所資料館共通券にて
 大人:500円、小人(小学生):250円 (町立施設割引券にてそれぞれ100円引)
◇問い合わせよみがえる箱根関所  TEL:0460-83-6635
(財)箱根観光協会   TEL:0460-85-5700

参考文献・現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ