茅ヶ崎城址

城址公園正面の北郭東側空堀(南東方面)
ダブルクリックで拡大図(67kB)へ
城址公園正面の
北郭東側空堀(南東方面)
北郭東側の北郭虎口への登り階段(南方面)
ダブルクリックで拡大図(79kB)へ
北郭東側の北郭虎口への
登り階段(南方面)
 茅ヶ崎城は、早渕川に張り出す自然の丘のくびれ部を堀切して築かれています。
 規模は、東西330m、南北200m、総面積はおよそ55,000平方メートルあります。
 複数の郭が連なる形式で、郭を取り巻く空堀、郭の外縁部に築かれる土塁などで構成されています。
 天守閣のような大きな建物や石垣はありませんでした。

 発掘調査の結果、築城年代は14世紀末〜15世紀前半頃と考えられ、少なくとも2度にわたる大規模な改築のあとが認められました。

 築城当初は、東西2つの郭のみでしたが、15世紀後半頃には、土塁の改築と空堀の掘り直しが行われ、郭が西郭・中郭・東郭・北郭の4つになったと考えられます。
 中郭(当初の西側郭)の南東部から、倉庫と考えられる建物などか見つかっています。
東郭からの中郭の全景(西方面)
ダブルクリックで拡大図(107kB)へ
東郭からの中郭の全景
(西方面)
北郭虎口と西郭北東面(南西方面)
ダブルクリックで拡大図(108kB)へ
北郭虎口と西郭北東面
(南西方面)
 この時期に相模国と武蔵国を支配していたのは関東管領上杉氏であり、茅ヶ崎城の改修にも影響を与えていたと推定されています。

 16世紀中頃には、二重土塁の間に空堀をめぐらせるなど、後北条氏独特の築城方法による防備の強化がなされています。
 中郭の東寄りには新たに「中堀」も掘られています。
 この堀の脇に土塁が見られない点から、防備の強化は未完成のままであった可能性もあります。
 この頃の城主については、後北条氏の家臣団で小机衆のうちの座間氏や深沢備後守という説があります。

 茅ヶ崎城の南側の谷に望む山すそから、かっては14・15世紀のものと考えられる常滑産の蔵骨器や板碑が発見されています。
城縄張の改修の図(北郭の説明板より)
ダブルクリックで拡大図(26kB)へ
城縄張の改修の図
(北郭の説明板より)
傾斜70度以上の「箱堀」といわれる中郭と西郭間の空堀(南方面)
ダブルクリックで拡大図(104kB)へ
傾斜70度以上の
中郭と西郭間の空堀(南方面)
 墓地に伴うこれらの出土品は、「根小屋」とよばれる平時の生活拠点エリアが形成されていた可能性があることを物語っています。

 中世城郭は、軍事拠点としてだけではなく、戦時における地域の避難施設でもありました。

 城内には、籠城の備えとしての食べ物を貯え、井戸を掘ることが行われました。
 また食料になるように食物も植えられ、管理されていたと考えられます。

[ 現地中郭の北面下にあった茅ケ崎城址の縄張図 (94kB) ]

 城跡は、4つの曲輪と空堀、虎口が良く整備された状態であり、遊歩道もあり完全に公園化していました。
 そのため、周りはコンクリート製杭やフェンスで区切られて、腰曲輪などには入れない状態で、残念です。

平成12年発掘調査時の城址縄張図(中郭の説明板より)
平成12年発掘調査時の城址縄張図(中郭の説明板より)(57kB)

西郭
北郭西の空堀から上がった所からの西郭全景(西方面)
北郭西の空堀から上がった所からの西郭全景(西方面) (28kB)
西郭南側の土塁跡(南西方面)
西郭南側の土塁跡(南西方面) (29kB)
西郭西端からの西郭全景(東方面)
西郭西端からの西郭全景(東方面) (31kB)
top へ
中郭
西郭から見た空堀越しの中郭西側の土塁(東方面)
西郭から見た空堀越しの中郭西側の土塁(東方面) (37kB)
南側から見た中郭南西角の土塁と空堀(北東方面)
南側から見た中郭南西角の土塁と空堀(北東方面) (30kB)
土橋側から見た中郭広場と南側の土塁(西方面) 南側土塁
ダブルクリックで拡大図(55kB)へ 北側土塁
ダブルクリックで拡大図(84kB)へ
土橋側から見た中郭広場と南側の土塁(西方面) (33kB)
東郭虎口跡からの中郭と土橋(西方面)
ダブルクリックで拡大図(105kB)へ
東郭虎口跡からの
中郭と土橋(西方面)
東郭からの中郭東側土塁と土橋(西方面)
ダブルクリックで拡大図(107kB)へ
東郭からの中郭東側土塁と
土橋(西方面)
東郭からの中郭北側土塁(西方面)
東郭からの
中郭北側土塁(西方面)
南側土塁上からの中郭広場と北側土塁(北方面)
ダブルクリックで拡大図(88kB)へ
南側土塁上からの中郭広場と
北側土塁(北方面)
中郭南側の二段になっている土塁(西方面)
中郭南側の二段になっている土塁(西方面) (22kB)
top へ
東郭と腰郭
 東郭は城の中でも最も高い所にあり、「仲原街道」や「矢倉沢街道」の街道筋を見渡せるほど見晴しがよいため物見台の役割を持っていました。
 また、城郭の中でも最高所にあるため、戦の際には最後に逃げこんで籠城する場所と推定されます。

 北側の腰郭は東西60mの帯をなし、東北部は約200平方メートルの平場となっています。東側は急な崖で、北側には幅10mほどの北堀があり、東北郭との間を遮断しています。
 この郭は、武者溜としての役割があったと推定されます。
 
中郭南側下からの東郭と虎口(東方面)
ダブルクリックで拡大図(97kB)へ
中郭南側下からの
東郭と虎口(東方面)
東郭虎口跡と中郭の南側土塁(西方面)
ダブルクリックで拡大図(106kB)へ
東郭虎口跡と中郭の南側土塁(西方面)
 
中郭南側下からの東郭土塁と土橋(北東方面)
ダブルクリックで拡大図(107kB)へ
中郭南側下からの
東郭土塁と土橋(北東方面)
中郭東端からの空堀越しの東郭(北東方面)
中郭東端からの空堀越しの東郭(北東方面) (21kB)
 
東郭内部の広場(南西方面)
東郭内部の広場(南西方面)
 
東郭北側下の腰郭(北郭方面)
ダブルクリックで拡大図(76kB)へ
東郭北側下の腰郭(北郭方面)
 
東端に小高い櫓台のようなものがある腰郭(東方面)
ダブルクリックで拡大図(64kB)へ
東端に小高い櫓台のようなものが
ある腰郭(東方面)
top へ
北郭
北郭東側の土塁と腰郭方面(東方面)
北郭東側の土塁と腰郭方面(東方面) (23kB)
南端からの北郭全景と中郭の土塁(南方面)
南端からの北郭全景と中郭の土塁(南方面) (26kB)
北郭から西郭への空堀方面
北郭から西郭への空堀方面
北郭内部(北西方面)
北郭内部(北西方面)
城址公園正面の北郭東側空堀(南東方面)
城址公園正面の北郭東側空堀(南東方面) (23kB)
top へ

 茅ヶ崎城址公園                           平成22年11月28日時点  
◇所在地 ・神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎東2丁目25番
◇交通 ・横浜市営地下鉄 センター南駅 下車、南東側の改札口を出て、
   歴博通りを横切り、東へ500m程
◇問い合わせ ・横浜市 都筑区役所 区政推進課 広報相談係
   TEL:045-948-2221〜3

参考文献 ・現地の横浜市教育委員会の解説板
・横浜市ホームページ >都筑区 > 区政推進課 > 広報相談係 >
    > 都筑区の見どころ > 茅ヶ崎城址公園

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ