府中城址(別名:越府城址)

市役所正面の城址碑
市役所正面の城址碑
 
城址跡に建つ市役所の正面と城址碑
クリックで拡大図(kB)にいきます。
城址跡に建つ
市役所の正面と城址碑
 越前府中に着任当初の前田利家は、龍門寺城や朝倉氏の府中奉行所などを居館としていたともいわれています。

 利家が拠(よ)ったとされる府中城は、この朝倉氏の府中奉行所が前身といわれ、その位置は現在の越前市役所一帯に比定されています。
 寛文5年(1665)の「惣社大神宮縁起(そうじゃえんぎ)」には、天正年間に利家が府中城を築城する際、城域に社地がかかることを恐れて、総社を北西に約300メートル隔てた現在地に移したとあります。

 利家による府中城の築城事業は大規模なものだったと思われますが、次代に引き継がれていく城郭の基礎は、この時に築かれていたのかも知れません。
 なお、利家の府中在城期間は、天正3年(1575)9月から、能登一国の大名となる天正9年(1581)10月までの約6年間とみられています。
正覚寺山門に移設されている府中城表門(正面)
クリックで拡大図(73kB)にいきます。
正覚寺山門に移設されている
府中城表門(正面)
正覚寺山門に移設されている府中城表門(内側)
クリックで拡大図(59kB)にいきます。
正覚寺山門に移設されている
府中城表門(内側)
 利家が能登に封じられた後、長子の利長(利勝)は府中に領地をあてがわれ府中城に入りました。
 府中城は、天正11年(1583)4月、賤ヶ岳(しずがだけ)の合戦で敗走する柴田勝家を追った羽柴秀吉を利家が迎えた城としても知られています。

 藩政時代、慶長6年(1601)の本多富正が府中城に入府し、藩主館として定められてから、維新廃藩に至るまで本多氏が歴代在城した。
 城は、整備拡張され、往時の邸地は約八千坪で、東辺と北辺を堀で囲み、その東一帯に長さ二百八十余間の外堀があり、館は南面し、大手門が馬場に通じていた。

 現在、府中城の正覚寺山門に移設されている「丸岡城」と同じように屋根が笏谷石の瓦葺きの「表門(高麗門)」以外の遺構は見られず、市役所玄関前に「越府城址」の石碑があるのみで、往時の様子をうかがい知ることはできません。
正覚寺の北側の総社大神宮内にある国府跡石碑
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
正覚寺の北側の
総社大神宮内にある国府跡石碑
国府跡に建つ総社大神宮
国府跡に建つ総社大神宮

 越前市(旧武生市)には、『和銅元年(708) 高志村君、越前守として太介不(たけふ)に「国府」を置く』とあり、現在の福井県(越前)・石川県(加賀・能登)に及ぶ大国「越前の国」の国府が置かれたところでもあります。

 武生の地は、元々は越前国府があった所ですが、前田利家の府中城(館)は、朝倉氏時代の府中奉行所が前身といわれ、現在の市役所庁舎のあるところだったそうです。
 現在遺構としては近くの正覚寺山門として移築された表門が残るのみです。


  府中城址                                    平成22年8月15日時点  
◇所在地 ・福井県越前市五分市町 (常安楽院の東隣)
◇交通 ・JR北陸本線 武生駅西側正面の市役所前通りを170m程歩いて右側
◇問い合わせ ・観光・匠の技案内所  TEL:0778-24-0655
 ※ JR武生駅前武生パレスホテル1F
   【開館時間】午前9時〜午後6時 年中無休(ただし、12月30日〜1月2日は休業)
・越前市観光振興課   TEL:0778-21-3307

参考文献 ・現地の「越前市教育委員会」の解説板
越前市のホームページ

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2010 kみむ