鯖江陣屋跡

萬慶寺裏門に陣屋から移築された赤門
ダブルクリックで拡大図(68kB)へ
萬慶寺裏門に
陣屋から移築された赤門

 
鯖江藩家老職を務めた植田氏の長屋門
ダブルクリックで拡大図(45kB)へ
鯖江藩家老職を務めた
植田氏の長屋門
 今から約300年前の享保5年(1720)、越後村上藩主間部詮言が転封を命ぜられ、鯖江藩が成立した。
 当時の西鯖江村は幕府の代官陣屋が置かれていただけの寒村で、石高800石、家数27軒、人口はわずか200人ばかりであった。
 また、当時は周囲を他藩領に囲まれており、城下町の形成には、達していなかった。

 村上からの移転は、享保6年(1721)から始まったが、城下町の用地や構想も定まらぬまま、藩士らはとりあえず近隣の農家に分宿したという。
 それでも同年9月には、幕府の命令によって他藩と領地を交換し、旧代官所を藩邸と定めて、ようやく城下町の形成が始まった。

 城下町は町屋敷地と武家屋敷地に分けられ、町屋敷は北陸街道をはさんで南から上新町、藩邸前を古町、誠照寺門前を寺町、その北を下新町とし、武家屋敷は北陸街道西側に西家中、東側に中家町と裏家中を配置している。
松阜神社内に移築されている受福堂御門(薬医門)
ダブルクリックで拡大図(69kB)へ
松阜神社に移築の受福堂御門
萬慶寺の山門(桜門形式)
ダブルクリックで拡大図(55kB)へ
萬慶寺の山門(桜門形式)

 この地、寺社地、御用屋敷、評定所、米蔵、鉄砲場の配置など、一連の関連事業が完了したのは享保13年(1728)頃のことと言われている。

[ 鯖江陣屋跡碑にある 鯖江城下絵図(部分) へ (41kB) ]

 鯖江陣屋は、かみさんの実家近くで、帰省の度に近くは通っていたのですが、、このたび初めて散策しました。
 鯖江市内の屋形町一帯が陣屋跡ですが、現在は公園内に陣屋跡の石碑や案内板があるだけでその痕跡は何もなく、駅近くに家老を務めた植田氏長屋門や萬慶寺に移築された陣屋の赤門があるだけです。
 でも旧北陸街道沿いを歩くのも古い町並みを見ながら良いものですよ。

鯖江藩家老植田家長屋門 (有形文化財)
 鯖江藩の家老職を代々努めた植田家の表門である。 「長屋門」とは、敷地の周囲をめぐらす長屋の一部を門としたことに由来する。 現在は、桁行13.5間、梁間2間の平屋建瓦葺建物となっている。
 武家の建物には細かな格付けがあり、この門は白漆喰壁に黒塗りの柱や下見板、4つの出格子をもつなど、鯖江藩5万石の家老職にふさわしい規模・形式を有している。
 文献によると、享保16年(1731)頃の建築と推定され、当初は茅葺で桁行10間、梁間2間の長屋と、2間四方の厩があり、その間に木の門を設ける構造であった。  その後改造を重ね、現在のような外観へと変化した。
 この門は、旧鯖江藩時代の面影を残す数少ない建造物として、貴重な資料である。
 
植田家長屋門 鯖江藩家老植田家長屋門
鯖江藩家老植田家長屋門 (有形文化財)
top へ
萬慶寺山門と赤門
 萬慶寺は、享保6年(1721)初代鯖江藩主間部詮言が越後村上から移封されたことに伴い、西家中(現在の桜町付近)に万松庵を再興、その後、享保10年(1725)に2代藩主間部詮方がこれを現地に移し、現寺号に改めたものである。
 山門は一間一戸の、鯖江では数少ない2階建ての桜門形式で、上層・下層ともに正面3.64m、側面22.42mの規模を有する。柱間は正面3間、側面2間、四周に高覧付の縁を廻らしている。柱はすべて円柱とし、台輪を入れ平三斗を組んでいる。軒は一軒半繁垂木で、入母屋造桟瓦葺の屋根となっている。
 また、萬慶寺の裏門には、陣屋から移築された赤門がある。
 
側面22.42mの規模を有する2階建ての桜門形式の山門
側面22.42mの規模を有する2階建ての桜門形式の山門 (25kB)
萬慶寺表門 萬慶寺内からの山門の2階建て桜門
クリックで拡大図(62kB)にいきます。 山門側面部の内部
萬慶寺表門 萬慶寺内からの山門の2階建て桜門 山門側面部の内部
top へ
松阜神社と受福堂御門(薬医門 桟瓦葺)
 受福堂は、鯖江五代藩主詮茂により藩祖詮房を祀るため、天明4年(1784)4月16日に藩邸内(屋形町)に創建する。
 明治維新により廃藩となり満慶寺に移築するも、明治15年(1882)3月23日鯖江町の存立がようやく認められたのを記念して、松阜御殿の跡地(現在地)に明治16年9月8日に再移築する。
 受福堂は数度の修復が行われたが、御門は度重なる移築にもかかわらず原形を保っている。
 
正面鳥居前からの松阜神社本殿
クリックで拡大図(64kB)にいきます。 受福堂御門 受福堂御門
正面鳥居前からの松阜神社本殿 松阜神社内に移築されている受福堂御門 (薬医門 桟瓦葺)
top へ

 鯖江陣屋跡                                          平成21年3月20日時点  
◇所在地・福井県鯖江市屋形町
◇交通 ・JR北陸本線「鯖江駅」から、徒歩約 5分
・北陸道鯖江ICから国道417号線を進み、市内へ入る
◇駐車場 ・JR鯖江駅の有料駐車場を利用
◇問い合わせ鯖江市役所(商業観光課)  TEL:0778-53-2230(直通)
  福井県鯖江市西山町13-1
鯖江商工会議所       TEL:0778-51-2800
  福井県鯖江市本町3丁目2-12
・鯖江市観光案内所      TEL:0778-51-2229
  福井県鯖江市日の出町1-2 (JR鯖江駅構内)

参考文献現地解説板、現地入手のパンフレット

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2009 kみむ