金ヶ崎城跡

―― 信長天下取りへのターニングポイントになった城 ――

月見御殿(旧本丸)入口にある「金碕古戦場」跡碑 
ダブルクリックで拡大図(82kB)へ
月見御殿(旧本丸)入口にある
「金碕古戦場」跡碑

 
手筒山山頂展望台からの中央部月見御殿跡 
ダブルクリックで拡大図(74kB)へ
手筒山山頂展望台からの
中央部月見御殿跡

 
 金ヶ崎城は『太平記』に「かの城の有様、三方は海によって岸高く、巌なめらかなり」とあり、この地が天然の要害の地であったことがわかる。

 南北朝時代の延元元年(1336)10月、後醍醐天皇の命を受けた新田義貞が、尊良親王・恒良親王を奉じて当時気比氏治の居城であったここ金ヶ崎城に入城、約半年間足利軍と戦い、翌2年3月6日遂に落城、尊良親王、新田義顕(義貞嫡子)以下将士三百余命が亡くなったと伝えられる

 戦国時代の元亀元年(1570)4月には、織田信長が越前朝倉義景討伐の軍を起して、徳川家康、木下籐吉郎(後の豊臣秀吉)等が敦賀に進軍、手筒城、金ヶ崎城を落とし、越前に攻め入ろうとした時、近江の浅井氏が朝倉氏に味方するとの報告、信長は朝倉氏と浅井氏との間に挟まれ窮地に陥り、急遽退却、この時金ヶ崎城に残り、殿(しんがり)を努めてこの難関を救ったのが秀吉で、その活躍で無事帰京できたと伝えられる。(金ヶ崎の退き口)
城域南西部高台にある尊良親王御墓所見込地 
ダブルクリックで拡大図(86kB)へ
城域南西部高台にある
尊良親王御墓所見込地
金崎宮内絹掛神社前にある金ヶ崎城址碑 
ダブルクリックで拡大図(82kB)へ
金崎宮内絹掛神社前
にある金ヶ崎城址碑

 
 
 
 
 またこの殿での危機を救ったのは家康で、後の天正14年(1586)家康上洛にあたり、秀吉は金ヶ崎での戦いの救援に謝意を表したとされている。
 すでに十五、六年前のことで、天下人に一歩近づいた秀吉からすると、金ヶ崎城の戦いはその後の二人の関係に大きな影響を与えたといえる。

 現在は、三つの城戸跡などを残し、急峻な斜面は当時の面影を偲ばせる。
 また、最高地(86m)を月見御殿といい、近くには金ヶ崎古城跡の碑があり、この辺り一帯の平地が本丸の跡といわれる。
 ここからの眺めは素晴らしく、天候がよければ越前海岸まで望むことが出来る。

 中腹には「金崎宮」が創建されていて、毎年境内の桜が咲くころ桜の小枝を交換して幸福を願う全国的にも大変珍しい「花換祭」が開催される。

鴎ヶ崎公園手前からの絹掛けの松(北方面) 
ダブルクリックで拡大図(84kB)へ
鴎ヶ崎公園手前からの
絹掛けの松(北方面)
[ 鴎ヶ崎の説明板にあった 「 金ヶ崎城址 案内図 (116kB)」 へ ]

 金ヶ崎公園の駐車場から城跡まで遊歩道があり、金ヶ崎臨港トンネル真上の月見御殿跡のまん前は断崖で、火力発電所の貯炭場やセメントの積出港と海が見えます。
 そこから城戸跡の方へ行くと、一の城戸跡から三の城戸跡があり、それぞれに立派な堀切が見られます。
 一の城戸跡からさらに東の尾根伝いを登ると手筒山城跡北西郭に上れますが、結構整備された階段状の登山道はきついと思います。
top へ >< down へ >
金ヶ崎城跡
旧敦賀港駅舎前からの金ヶ崎城跡遠景(北方面)
旧敦賀港駅舎前からの金ヶ崎城跡遠景(北方面)
入口に「金碕古戦場」跡碑の建つ本丸跡(北方面)
クリックで拡大図(75kB)にいきます。
入口に「金碕古戦場」跡碑の
建つ本丸跡(北方面)
本丸北側の月見御殿跡(北方面)
クリックで拡大図(101kB)にいきます。
本丸北側の月見御殿跡
(北方面)
月見御殿跡北東隅の木陰にあった跡石碑
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
月見御殿跡北東隅の
木陰にあった跡石碑
本丸跡と三の木戸跡の間にあった堀切
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
本丸跡と三の木戸跡の
間にあった堀切
水の手の地名であった三の木戸跡
クリックで拡大図(78kB)にいきます。
水の手の地名であった
三の木戸跡
兵糧庫があったといわれる焼米石出土跡
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
兵糧庫があったといわれる
焼米石出土跡
二の木戸跡から金崎宮への下り道
二の木戸跡から金崎宮への下り道
二の木戸跡からの三の木戸跡方面の尾根(土塁?)
二の木戸跡からの三の木戸跡方面の尾根(土塁?)
一の木戸跡と二の木戸跡の間の堀切跡
クリックで拡大図(100kB)にいきます。
一の木戸跡と二の木戸跡の
間の堀切跡
二の木戸跡から一の木戸跡への下りの遊歩道(東方面)
二の木戸跡から一の木戸跡への
下りの遊歩道(東方面)
一の木戸(最初の関門)跡と掘割(手筒山城北西郭方面)
クリックで拡大図(85kB)にいきます。
一の木戸(最初の関門)跡と掘割
(手筒山城北西郭方面)
up へ >< down へ >
金崎宮
金ヶ崎入口手前の敦賀港線(貨物線)踏切からの金ヶ崎城跡遠望(北方面)
クリックで拡大図(84kB)にいきます。
金ヶ崎入口手前の敦賀港線(貨物線)踏切からの金ヶ崎城跡遠望(北方面)
金ヶ崎公園駐車場横の金前寺(北西方面)
クリックで拡大図(60kB)にいきます。
金ヶ崎公園駐車場横の金前寺
参道(石階段)途中にある石垣で囲まれた愛宕神社
クリックで拡大図(95kB)にいきます。
石段参道途中の愛宕神社
御本殿前の舞台殿
クリックで拡大図(88kB)にいきます。
御本殿前の舞台殿
御本殿
クリックで拡大図(89kB)にいきます。
御本殿
落城時自刃した新田義貞以下321名が祭神の絹掛神社
クリックで拡大図(81kB)にいきます。
落城時自刃した新田義貞以下321名が祭神の絹掛神社
up へ >< top へ >

  金ヶ崎城跡                                     平成23年8月15日時点
◇所在地・福井県敦賀市金ヶ崎町1番地
◇交通・JR西日本 北陸本線 敦賀駅 から北西約500m先の信号を右折して国道8号線に入り、
   本町通り、気比神宮前を通り約1.3km先の曙交差点を左折し、最初の信号を右折し
   そのまま直進、休止中の敦賀港線(貨物線)を渡り、金前寺手前を左折し、
   すぐ金崎宮下に出る(約2.5km、徒歩約30分)
・JR敦賀駅よりコミュニティーバス「海岸線」で約7分、「金崎宮口」下車、徒歩約5分
◇駐車場・金崎宮の駐車場か、手前の金ヶ崎公園の駐車場(トイレ有)を利用
◇問い合わせ ・敦賀観光協会    TEL:0770-22-8167
・敦賀観光案内所   TEL:0770-21-8686
・敦賀市産業経済部観光振興課   TEL:0770-22-8128
金崎宮社務所     TEL:0770-22-0938

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、解説板
敦賀観光協会 のホームページ

go to home page  日本の城郭めぐり へ  © 2011 kみむ