高梁城(別名・備中松山城)

―― 山陰と山陽を結ぶ要衝の城 ――

二の丸からの復元された
五の平櫓、六の平櫓と現存天守
クリックで拡大図へ (49kB) 二の丸(南方面)から<br>本丸土塀の上に見える天守閣
クリックで拡大図へ (34kB)
 日本の山城のなかで最高所に位置する備中松山城は山陰と山陽とを結ぶ要衝にあり、ここは中世から戦略上の拠点として知られていた。

 この城の歴史は古く、鎌倉時代の延応2年(仁治元年:1240)に承久の乱の功によって有漢郷(うかんのごう)(現在の上房郡有漢町)の地頭職に任じられた秋庭三郎重信により高梁川沿いの臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことにはじまります。

 『臥牛山(標高約480m)』は北から大松山、天神の丸、小松山、前山の四丘陵の総称で、南からみた山容が、草の上に伏した老牛の姿に似ているとして、「老牛伏草山」とか「臥牛山」などと呼ばれており、備中松山城はその頂を中心に全域に及んでいます。

大手口跡から見上げた
厩曲輪の土塀(一部現存)
クリックで拡大図へ (36kB)  当初の備中松山城は大松山を城域としていたが、南北朝時代に高橋宗康が小松山に築城して移るなど、城の縄張りは時代とともに変化します。
三の丸広場から見上げた
厩曲輪の石塁と土塀(一部現存)
クリックで拡大図へ (66kB)
 なかでも天正2年(1574)に起こった「備中兵乱」時は、「砦二十一丸」と呼ばれた出丸が築かれていたことが記録として残っており、臥牛山全域が一大要塞となっていたことがうかがえます。
 室町時代の最後の城主となった三村元親が、天正3年(1575)に毛利輝元に攻められて自刃し、滅んだ後も、毛利氏の東方進出の拠点として、またさらに毛利氏が防長二国に退いてからも、備中国奉行が赴任するなど、備中の要衝としての役割を担っていた様です。

 慶長5年(1600)関ケ原の合戦後、備中国は徳川氏の直轄領となって奉行の小堀正次が備中松山城に入った。
 正次死後、子の政一が継ぎ、荒廃した城を修築した。政一は築城家として名高い小堀遠州である。
九の平櫓跡(北東方面)から
見た二重櫓(現存)全景
クリックで拡大図へ(52kB)
天守閣1階内部の囲炉裏と
装束の間方面
クリックで拡大図へ (35kB)  山麓にあった三村氏の旧館跡に陣屋を築き、御根小屋(下屋敷)とし、慶長11年(1606)頃から山上の城郭の改修したが、途中転任となり、近世城郭の骨格ができたもののまだ完成を見ず、広大な松山城のうち、修復は小松山に限られた。
 城の修築は、天和年間(1681〜84)に水野勝宗によって引き継がれ、小松山の最高所を本丸とし、本丸上段に天守を配し、二の丸、御前棚、厩曲輪、三の丸が階段状に連なっていた。
 二重二階の小さな天守は、山の上にたち、山城のおもかげを残している。
 上層は奥一間を区画し御社壇が造られている。かっては天照大神をはじめとする神々を勧請してあったという。
高梁城案内図へ
二の丸からの本丸への石段と本丸南御門(復元)
クリックで拡大図へ (58kB) 三の平櫓の現存東土塀
(国指定重要文化財)
クリックで拡大図へ (57kB)
 水谷氏が三代続いた後、安藤氏、石川氏、板倉氏と城主が替わって明治に至った。
 明治6年廃城となり、山麓の小根小屋は取り壊された。

 城内には天守、二重櫓、土塀の一部が現存しており、昭和16年には国宝(昭和25年文化財保護法の制定により重要文化財)の指定を受けています。

 また、平成6年度からはこれら重要文化財を中心に、本丸の復元整備が行われており、本丸の正面玄関ともいえる本丸南御門をはじめ、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、六の平櫓、土塀などが史実にもとづいて復元されています。

高梁城(備中松山城)の全景へ

天守からの本丸南御門、
五の平櫓、六の平櫓(復元)
クリックで拡大図へ (45kB) 天守南脇にある本丸から
見た本丸東御門(復元)
クリックで拡大図へ (38kB)  念願の高梁城は予想に違わず現存の城のたたずまいでした。標高480mまで上り山城の現存天守を見ましたが、丸岡城とはまた違ったよさがありました。

 日曜日のみある高梨駅からふいご峠までのシャトルバスは平日のためなかったので、高梁駅前でレンタサイクルを借りて、ふいご坂まで急な坂道を約1時間も押してあがりました。しんどかったです。
 その代わりといってはなんですが、帰りは超楽チンで、ブレーキの音が山中に鳴り響いて、駅まではあっという間でした。
 それにしても、管理人さん達は毎日とはいえ、すぐ近くまで車でこれて羨ましいとも思ったりして。

 無料のあったかい高梁茶は汗をかいた後にはサッパリして美味しかったです。


 備中松山城(高梁城)                 平成12年8月8日時点  
◇交通 ・JR備中高梁駅から、徒歩約1時間
・JR備中高梁駅から、車で10分、鞴峠で下車後徒歩20分
◇公開時間  4月〜9月:午前9時〜午後5時30分
10月〜3月:午前9時〜午後4時30分
◇休城日年末年始(12月28日〜1月4日)
◇料金大人(高校生を含む):300円
小中学生       :150円
◇お問合せ ・備中松山城管理事務所
      TEL:0866-22-1487
・高梁市観光協会
   〒716-8501 岡山県高梁市松原通2043
      TEL:0866-212-0229

参考文献 ・現地で入手のパンフレット、及び、解説板

go to home page  日本のお城めぐり へ  © 2000 kみむ